ルーマニアの歴史とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ルーマニアの歴史の意味・解説 

ルーマニアの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/28 03:06 UTC 版)

ルーマニアの歴史を以下に記述する。ルーマニア(Romania)は「ローマ人の国」を意味するその国名からわかるように、バルカン半島におけるラテン人が形成した国である。だが、周辺のスラブ人と同様に正教会をはじめとするビザンティン文化を受け入れたことや、オスマン帝国ハプスブルク帝国の影響下に置かれ、長らく独自の民族国家が樹立できなかったのもルーマニアの歴史の一つの側面と言える。また冷戦時期の大統領ニコラエ・チャウシェスクによる共産独裁体制と、1989年に起こった一連のルーマニア革命でも知られる。




  1. ^ 「民主化の波」の成功と失敗──東欧諸国とアラブ諸国の比較試論”. 放送大学研究年報 (2016年3月25日). 2018年9月28日閲覧。


「ルーマニアの歴史」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ルーマニアの歴史」の関連用語

ルーマニアの歴史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ルーマニアの歴史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルーマニアの歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS