国際連合教育科学文化機関とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 政治組織 > 国際団体 > 国連機関 > 国際連合教育科学文化機関の意味・解説 

こくさい れんごうきょういくかがくぶんかきかん -れんがふけういくくわがくぶんくわきくわん 【国際連合教育科学文化機関】

ユネスコUNESCO

国際連合教育科学文化機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/11 05:25 UTC 版)

国際連合教育科学文化機関(こくさいれんごうきょういくかがくぶんかきかん、フランス語: Organisation des Nations unies pour l'éducation, la science et la culture英語: United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization, UNESCO ユネスコ)は、国際連合経済社会理事会の下におかれた、教育科学文化の発展と推進を目的とした専門機関である。




注釈

  1. ^ なおアメリカは2018年12月31日付でのユネスコ脱退を表明している。“Unesco: US quits UN heritage agency over 'anti-Israel bias'”. The Guardian (ガーディアン). (2017年10月12日). https://www.theguardian.com/world/2017/oct/12/us-withdraw-unesco-december-united-nations 2017年10月12日閲覧。 
  2. ^ 2017年10月12日に脱退表明。
  3. ^ 1965年3月11日から1972年12月31日まで加盟国だったが脱退し、1974年9月11日に再加盟した。
  4. ^ 1965年10月28日から1985年12月31日まで加盟国だったが脱退し、2007年10月8日に再加盟した。
  5. ^ 1946年11月4日から1956年12月31日まで加盟国だったが脱退し、1994年12月12日に再加盟した。
  6. ^ 1946年11月4日から1985年12月31日まで加盟国だったが脱退し、1997年7月1日に再加盟した。
  7. ^ 1946年11月4日から1984年12月31日まで加盟国だったが脱退し、2003年10月1日に再加盟した。2017年10月12日に再脱退を表明。

出典

  1. ^ United Nations Conference for the Establishment of an Educational and Cultural Organisation. Conference for the Establishment of an Educational and Cultural Organisation. Held at the Institute of Civil Engineers, London, from 1 to 16 November 1945. ECO/Conf./29. UNESDOC database (PDF)”. 2014年11月4日閲覧。
  2. ^ http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/culture/kyoryoku/unesco/gaiyo.html 「ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の概要」日本国外務省 平成28年3月24日 2016年9月11日閲覧
  3. ^ UNESCO(ユネスコ公式サイト・フランス語版)
  4. ^ 『ロベール仏和大辞典』(小学館)、『仏和大辞典』(白水社)、『スタンダード時事仏和大辞典』(大修館書店)ほか。
  5. ^ 「世界地理大百科事典1 国際連合」p311 2000年2月1日初版第1刷 朝倉書店
  6. ^ 「国際機構 第四版」p192 家正治・小畑郁・桐山孝信編 世界思想社 2009年10月30日第1刷
  7. ^ 「国際機構 第四版」p192 家正治・小畑郁・桐山孝信編 世界思想社 2009年10月30日第1刷
  8. ^ 「国際機構 第四版」p192 家正治・小畑郁・桐山孝信編 世界思想社 2009年10月30日第1刷
  9. ^ 「世界地理大百科事典1 国際連合」p318 2000年2月1日初版第1刷 朝倉書店
  10. ^ 「世界地理大百科事典1 国際連合」p310 2000年2月1日初版第1刷 朝倉書店
  11. ^ 「国際機構 第四版」p193 家正治・小畑郁・桐山孝信編 世界思想社 2009年10月30日第1刷
  12. ^ 加盟国 Archived 2010年9月8日, at the Wayback Machine. (英語)、UNESCO。これにパレスチナが加わる。
  13. ^ リヒテンシュタインを除いた国際連合加盟国192ヶ国、ならびにパレスチナクック諸島ニウエの3ヶ国・地域
  14. ^ イギリス領アンギラ英領ヴァージン諸島ケイマン諸島オランダ領アルバキュラソーシント・マールテンデンマーク領フェロー諸島中国特別行政区マカオニュージーランド自治領トケラウの9地域。
  15. ^ 1951年(昭和26年)10月6日外務省告示第5号「在日連合王国連絡使節団から国際連合教育科学文化機関へのわが国の加盟に関しての通知趣旨受領」
  16. ^ “パレスチナ、ユネスコ加盟…米は「時期尚早」”. 読売新聞. (2011年11月1日). オリジナル2011年11月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111102010741/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111031-OYT1T01157.htm 2013年11月23日閲覧。 
  17. ^ “Unesco: US quits UN heritage agency over 'anti-Israel bias'”. The Guardian (ガーディアン). (2017年10月12日). https://www.theguardian.com/world/2017/oct/12/us-withdraw-unesco-december-united-nations 2017年10月12日閲覧。 
  18. ^ “イスラエルもユネスコ脱退 米の後追い、首相が表明”. 産経新聞. (2017年10月13日). http://www.sankei.com/world/news/171013/wor1710130017-n1.html 2017年10月13日閲覧。 
  19. ^ UNESCO official site: Previous Sessions of the General Conference Archived 2011年10月25日, at the Wayback Machine.
  20. ^ President of the 38th session of the General Conference”. UNESCO. 2015年11月11日閲覧。
  21. ^ General Conference 37th | United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization”. www.unesco.org. 2015年9月25日閲覧。
  22. ^ 「世界地理大百科事典1 国際連合」p311 2000年2月1日初版第1刷 朝倉書店
  23. ^ Executive Board – Results of elections. UNESCO General Conference, November 2015. Retrieved 12 November 2015.
  24. ^ Table_2013-2015.pdf UNESCO Membership by Electoral Groups. Retrieved 12 November 2015.
  25. ^ admin (2015年5月27日). “The IBE Team”. 2016年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  26. ^ UIL - UNESCO Institute for Lifelong Learning”. 2017年4月7日閲覧。
  27. ^ IIEP UNESCO”. 2017年4月7日閲覧。
  28. ^ UNESCO IITE”. 2017年4月7日閲覧。
  29. ^ IICBA official site”. 2017年4月7日閲覧。
  30. ^ Inicio”. 2017年4月7日閲覧。
  31. ^ UNESCO-UNEVOC - Promoting learning for the world of work”. 2017年4月7日閲覧。
  32. ^ CEPES official site”. 2010年9月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月7日閲覧。
  33. ^ Home - UNESCO-IHE”. 2017年4月7日閲覧。
  34. ^ ICTP - International Centre for Theoretical Physics”. 2017年4月7日閲覧。
  35. ^ UNESCO Institute for Statistics: UNESCO Institute for Statistics”. 2017年4月7日閲覧。
  36. ^ International Days | United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization. UNESCO. Retrieved 12 July 2013.
  37. ^ a b UNESCO official site: List of the 195 Member States (and the 9 Associate Members) of UNESCO and the date on which they became members (or Associate Members) of the Organization, as of 5 November 2013
  38. ^ a b WADA. “Summary update on Government progress to become a State Party to the UNESCO International Convention against Doping in Sport (PDF)”. p. 2. 2013年1月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年7月28日閲覧。
  39. ^ UNESCO. “South Sudan – United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization”. 2013年8月19日閲覧。


「国際連合教育科学文化機関」の続きの解説一覧





国際連合教育科学文化機関と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「国際連合教育科学文化機関」の関連用語

国際連合教育科学文化機関のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国際連合教育科学文化機関のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国際連合教育科学文化機関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS