国際労働機関とは?

こくさい ろうどう きかん -らうどうきくわん 【国際労働機関】 〔International Labor Organization〕


国際労働機関

【英】:ILO, International Labour Organization

ILO第一次世界大戦直後1919年に,世界平和の礎としての社会正義実現目指し設立された。現在は社会労働政策担当する国連専門機関として国際労働基準作成実施、および発展途上国への技術協力活動を行っている。ILO各国政府労働者経営者代表を正式の構成メンバーとしており、三者独立した投票権を有している。この仕組み三者構成主義として知られ他の国連機関にはないILO特色である。
働く人々の健康と安全の向上にILO設立当初から積極的に取り組んできた。産業保健サービスアスベスト職業がん、建設安全衛生化学物質鉱業安全衛生母性保護農業安全衛生等の国際労働基準採択され、各国における政策策定職場における安全衛生の向上に役立っている。特に労働安全衛生サービスの届くにくい発展途上国中小企業家内労働小規模建設現場農業等の職場対象に、低コスト地元資源用いて改善できる参加トレーニング手法開発地元トレーナー養成普及を進めている。またHIVエイズ鳥インフルエンザおよび新型ヒトインフルエンザのような感染症対策においても、ILOが持つ労働者および経営者とのネットワークを生かして職場直接対象とした取り組みを進めている。(川上 剛)

参考URLILO駐日事務所日本語ホームページ http://www.ilo.org/public/japanese/region/asro/tok...

国際労働機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/29 05:58 UTC 版)

国際労働機関(こくさいろうどうきかん、英語: International Labour Organization、略称:ILO)は、1919年に創設された世界の労働者労働条件生活水準の改善を目的とする国連最初の専門機関。本部はスイスジュネーヴ。加盟国は187ヶ国(2016年2月現在)。




  1. ^ 18本の労働時間休暇関係の条約を1本も批准していない。
  2. ^ 3本の母性保護に関する条約、第3号、第103号、第183号(母性休業の最低期間についても規定する)を一本も批准していない。
  1. ^ Constitution of the International Labour Organisation, Preamble[リンク切れ]
  2. ^ 日本ILO協会『ILOのあらまし : 活動と組織・主な条約と勧告』日本ILO協会、東京、2005年、5、2-6頁。ISBN 4-931097-20-0
  3. ^ 中山和久『ILO条約と日本』岩波書店、1983年、28頁。
  4. ^ 2018年6月9日中日新聞朝刊3面
  5. ^ ILO駐日事務所 ILOについて
  6. ^ a b 国際労働基準(基準設定と監視機構)”. ILO駐日事務所. 2018年8月8日閲覧。
  7. ^ 連合|中核的労働基準とILO(国際活動)” (日本語). 連合. 2010年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月28日閲覧。
  8. ^ 【第4章】リストラ「合理化」反対、働くルールの確立” (日本語). 全労連. 2010年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月28日閲覧。


「国際労働機関」の続きの解説一覧



国際労働機関と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国際労働機関」の関連用語

国際労働機関のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国際労働機関のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2019.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国際労働機関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS