国際連合総会オブザーバーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 国際連合総会オブザーバーの意味・解説 

国際連合総会オブザーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/24 08:34 UTC 版)

国際連合総会オブザーバー(こくさいれんごうそうかいオブザーバー、United Nations General Assembly observers)は、国際連合の総会において投票権を持たないオブザーバーとして参加している、「オブザーバーとして参加するために招待を受ける実体あるいは国際組織」と扱われる国家・組織のことである。具体的には、関連する議題において活動をしているNGOパレスチナ解放機構 (PLO) などがある。




  1. ^ 国家承認をしていない日本国外務省は自治政府の呼称を用い[1]、日本語報道の多くもこれにならっている
  2. ^ 時事通信 (2012年11月30日). “パレスチナ「国家」格上げ=国連総会が決議採択-米・イスラエル反対、日本は賛成”. 2012年11月30日閲覧。


「国際連合総会オブザーバー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国際連合総会オブザーバー」の関連用語

国際連合総会オブザーバーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国際連合総会オブザーバーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国際連合総会オブザーバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS