独立国家共同体とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 条約 > 軍事同盟 > 独立国家共同体の意味・解説 

どく りつこっかきょうどうたい -こくか- 【独立国家共同体】 〔Commonwealth of Independent States〕

1991年12月ソビエト連邦の解体後、連邦構成していた一二か国によって結成された、ゆるやかな国家連合体。加盟国は、ロシア・ウクライナ・ベラルーシ・モルドバ・アルメニア・アゼルバイジャン・グルジア・カザフスタン・ウズベキスタン・トルクメニスタン・タジキスタン・キルギス。 CIS 。 → アルマアタ宣言

独立国家共同体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/31 02:13 UTC 版)

独立国家共同体(どくりつこっかきょうどうたい、ロシア語: Содружество Независимых Государств, СНГ英語: Commonwealth of Independent States、英略称: CIS)は、ソ連崩壊時に、ソビエト社会主義共和国連邦を構成していた15か国のうちバルト三国を除く12か国(発足当初は10か国)によって結成されたゆるやかな国家連合体(コモンウェルス)。当時の欧州共同体 (EC) 型の組織をモデルにしたが、独自の憲法や議会は持っていない。本部はベラルーシの首都ミンスクに置かれている。日本では英語名の略称であるCISの名で言及されることが多い。




注釈

  1. ^ バルト三国はソ連併合の歴史的経緯からCISに加盟する方針はなく、また軍事同盟である北大西洋条約機構 (NATO) に加盟している。

出典

  1. ^ http://mfa.gov.by/en/organizations/membership/list/c2bd4cebdf6bd9f9.html
  2. ^ 「現代国際関係の基礎と課題」内第1章「第二次世界大戦後の国際関係」河内信幸 p21 建帛社 平成11年4月15日初版発行
  3. ^ 「現代国際関係の基礎と課題」内第8章「ロシア・旧ソ連諸国」野田岳人 p143 建帛社 平成11年4月15日初版発行
  4. ^ 「現代国際関係の基礎と課題」内第8章「ロシア・旧ソ連諸国」野田岳人 p144 建帛社 平成11年4月15日初版発行
  5. ^ 「現代国際関係の基礎と課題」内第8章「ロシア・旧ソ連諸国」野田岳人 p147 建帛社 平成11年4月15日初版発行
  6. ^ 「軍事大国ロシア 新たな世界戦略と行動原理」小泉悠 p98 作品社 2016年4月30日第1刷発行
  7. ^ 「現代国際関係の基礎と課題」内第8章「ロシア・旧ソ連諸国」野田岳人 p148-149 建帛社 平成11年4月15日初版発行
  8. ^ 「現代国際関係の基礎と課題」内第8章「ロシア・旧ソ連諸国」野田岳人 p149-150 建帛社 平成11年4月15日初版発行
  9. ^ 「現代国際関係の基礎と課題」内第8章「ロシア・旧ソ連諸国」野田岳人 p149 建帛社 平成11年4月15日初版発行
  10. ^ 「現代国際関係の基礎と課題」内第8章「ロシア・旧ソ連諸国」野田岳人 p151 建帛社 平成11年4月15日初版発行
  11. ^ 「現代国際関係の基礎と課題」内第8章「ロシア・旧ソ連諸国」野田岳人 p152 建帛社 平成11年4月15日初版発行
  12. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/2505376 『「永遠にさらばだ、ソビエト連邦よ」、グルジアがCIS脱退へ』AFPBB 2008年08月13日 2017年3月12日閲覧
  13. ^ CIS Charter, 22 January 1993 (unofficial English translation). Russian text here
  14. ^ Decision on Turkmenistan's associate membership[リンク切れ], CIS Executive Committee meeting in Kazan, Russia, 26 August 2005 (ロシア語).
  15. ^ Turkmenistan reduces CIS ties to "Associate Member", Radio Free Europe/Radio Liberty, 29 August 2005.
  16. ^ Conflict in the Former USSR. https://books.google.com/books?id=O-v2Uhprr7cC&pg=PA44&dq=Ukraine+did+not+choose+to+ratify+the+CIS+Charter&hl=nl&sa=X&ei=PLSgUqm1McGR1AX16IGwAw&ved=0CDMQ6AEwAA#v=onepage&q=Ukraine%20did%20not%20choose%20to%20ratify%20the%20CIS%20Charter&f=false 2014年9月25日閲覧。. 
  17. ^ Russia and Nis Mineral Industry Handbook. https://books.google.com/books?id=to6U__f00b8C&pg=PA16&dq=Ukraine+founding+countries+CIS&hl=nl&sa=X&ei=07SgUvqLIIHJ0AWo2oCwBQ&ved=0CDMQ6AEwAA#v=onepage&q=Ukraine%20founding%20countries%20CIS&f=false 2014年9月25日閲覧。. 
  18. ^ Ratification status of CIS documents as of 15 January 2008 Archived 30 October 2008 at the Wayback Machine. (Russian)
  19. ^ September 2008 Statement by Foreign Minister of Ukraine Volodymyr Ohryzko, “Ukraine does not recognise the legal personality of this organisation, we are not members of the CIS Economic Court, we did not ratify the CIS Statute, thus, we cannot be considered a member of this organisation from international legal point of view. Ukraine is a country-participant, but not a member country”
  20. ^ Economic Interdependence in Ukrainian-Russian Relations. https://books.google.com/books?id=0IMaWuaYRnQC&pg=PA142&dq=CIS+Ukraine+membership&hl=nl&sa=X&ei=urWgUtGoNMLD0QWcwoGgAg&ved=0CHUQ6AEwCTgK#v=onepage&q=CIS%20Ukraine%20membership&f=false 2014年9月25日閲覧。. 
  21. ^ Украина – СНГ: полувыход из полуобъединения, что в итоге?」РИА Новости Украина 2016年11月10日(ロシア語)
  22. ^ http://www.cis.minsk.by/page.php?id=19109 (ロシア語)
  23. ^ Belarus, Kazakhstan may take over CIS presidency from Ukraine (英語)
  24. ^ https://www.jetro.go.jp/biznews/2012/10/506e88c70afc8.html 「CIS自由貿易協定、まず3ヵ国先行で発効 (ウクライナ、ロシア、CIS、ベラルーシ)」 JETRO欧州ロシアCIS課 ビジネス短信 2012年10月09日 2018年9月10日閲覧
  25. ^ Free Trade Agreement Between Azerbaijan, Armenia, Belarus, Georgia, Moldova, Kazakhstan, The Russian Federation, Ukraine, Uzbekistan, Tajikistan And The Kyrgyz Republic (PDF)”. 2016年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月23日閲覧。
  26. ^ https://www.jetro.go.jp/biznews/2015/01/54b6123d69f50.html 「ユーラシア経済連合が発足、アルメニアも正式加盟(カザフスタン、ロシア、アルメニア、キルギス、ベラルーシ)」JETRO 欧州ロシアCIS課 2015年01月16日 2018年9月12日閲覧
  27. ^ https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM18069_Z11C11A0EB1000/ 「旧ソ連8カ国、自由貿易圏創設に調印 ロシア求心力回復か」日本経済新聞 2011年10月19日 2018年9月10日閲覧
  28. ^ https://www.jetro.go.jp/biznews/2012/10/506e88c70afc8.html 「CIS自由貿易協定、まず3ヵ国先行で発効 (ウクライナ、ロシア、CIS、ベラルーシ)」 JETRO欧州ロシアCIS課 ビジネス短信 2012年10月09日 2018年9月10日閲覧
  29. ^ CIS Free Trade Agreement comes into force; Baker & McKenzi, Kyiv, Ukraine, Thursday, 18 October 2012, 18 October 2011
  30. ^ Russia’s Duma ratifies Eurasian Economic Union, odessatalk.com. Retrieved 22 June 2018.
  31. ^ CIS Free Trade Agreement comes into force; Baker & McKenzi, Kyiv, Ukraine, Thursday, October 18, 2012, Retrieved 22 June 2018.
  32. ^ Kazakhstan ratified agreement on Free Trade zone www.kaztag.kz. Retrieved 22 June 2018.
  33. ^ Armenia ratifies CIS free trade zone agreement, arka.am. Retrieved 22 June 2018.
  34. ^ Usbekistan: Protokoll über Beitritt zur GUS-Freihandelszone in Kraft getreten, de.ria.ru 28th December 2013. Retrieved 22 June 2018.
  35. ^ Uzbekistan joins CIS free trade zone, azernews.az. Retrieved 22 June 2018.
  36. ^ Dushanbe ratifies agreement on CIS free trade area, Vestnik Kavkaza. Retrieved 22 June 2018.
  37. ^ Tajikistan ratifies CIS Free Trade Zone Agreement, AKIpress. Retrieved 22 June 2018
  38. ^ Russia suspends FTA with Ukraine as EU agreement looms Information for Investors (2015年12月17日)
  39. ^ The World Factbook”. 2017年3月17日閲覧。
  40. ^ 「軍事大国ロシア 新たな世界戦略と行動原理」小泉悠 p100 作品社 2016年4月30日第1刷発行


「独立国家共同体」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「独立国家共同体」の関連用語

独立国家共同体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



独立国家共同体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの独立国家共同体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS