キルギスとは?

キルギス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 05:42 UTC 版)

キルギス共和国(キルギスきょうわこく、キルギス語: Кыргыз Республикасы: Киргизская Республика)、通称キルギスは、中央アジアに位置する共和制国家。首都はビシュケク(旧名フルンゼ)。かつての正式国名はキルギスタンであり、改称以降も別称として公式に認められている。




注釈

  1. ^ 尚、ビシュケク市にはロシア人が多数集まっており、同市内においてはロシア人の割合が民族構成の数値よりも高めとなっている。

出典

  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年4月27日閲覧([1]
  2. ^ https://.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000078-mai-int
  3. ^ a b c d e f g h i キルギス共和国(Kyrgyz Republic)基礎データ”. 2019年2月5日閲覧。
  4. ^ Kyrgyzstan: UN Head Chides Bakiyev as More Media Outlets Blocked Eurasianet.org 2010年4月4日(英語)
  5. ^ “Kyrgyzstan election: Sunday's results annulled after mass protests”. BBC News. BBC. (2020年10月6日). https://www.bbc.com/news/world-asia-54432030 2020年10月8日閲覧。 
  6. ^ “キルギス首相が辞任 議会選後混乱の中”. AFPBB News. フランス通信社. (2020年10月7日). https://www.afpbb.com/articles/-/3308509 2020年10月8日閲覧。 
  7. ^ “【キルギス】 議会がジェーンべコフ大統領の辞任を承認:大統領権限はジャパロフ首相に移譲”. TRT日本語. (2020年10月16日). https://www.trt.net.tr/japanese/shi-jie/2020/10/16/kirugisu-yi-hui-gazienbekohuda-tong-ling-noci-ren-wocheng-ren-da-tong-ling-quan-xian-haziyaparohushou-xiang-niyi-rang-1510468 2020年10月17日閲覧。 
  8. ^ 中央アジアに「一帯一路リスク」中国巨額融資の代償/タジキスタン、キルギス、借金のかたに資源権益日本経済新聞』電子版(2018年8月13日配信)2019年2月5日閲覧。
  9. ^ 「キルギス 反中デモ頻発/一部暴徒化 経済支配や雇用減に不満」産経新聞』朝刊2019年1月26日(国際面)2019年2月5日閲覧。
  10. ^ a b キルギス鉄道公式ホームページ”. 2020年9月10日閲覧。
  11. ^ キルギス国営バス公式ホームページ”. 2020年9月10日閲覧。
  12. ^ キルギス共和国憲法 在キルギス共和国日本国大使館作成の邦訳
  13. ^ The Family Code of the Kyrgyz Republic.


「キルギス」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「キルギス」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キルギス」の関連用語

キルギスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キルギスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキルギス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS