7世紀とは? わかりやすく解説

7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/19 10:53 UTC 版)

7世紀(ななせいき、しちせいき)とは、西暦601年から西暦700年までの100年間を指す世紀


  1. ^ ただし、日本成立以前の倭国および倭国王の勢力範囲に関しては諸説ある。


「7世紀」の続きの解説一覧

7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 02:29 UTC 版)

サセックス王国」の記事における「7世紀」の解説

491年以降ウェセックスのケオルウルフ (Ceolwulf of Wessex) が南サクソン人戦ったことを『年代記』記録する607年まで、サセックスについて書かれ歴史記録残されていない681年、セルゼー修道院 (Selsey Abbey) の創設者で、故地追われていたノーサンブリアの聖ウィルフリッド (St Wilfrid of Northumbria) が南サクソン人王国やって来て、5年当地に留まり、福音伝え人々洗礼与えたベーダによると、サセックスの王エゼルウェルホ (英語: Aethelwalh / 古英語: Æðelwealh) は、ワイト島とミオンワラ (Meonwara) の地を譲ってくれたウルフヘレ勧めに従いマーシアで既に洗礼を受けていた。 ウィルフリッド当地やって来たとき、南サクソン人たちの土地飢饉見舞われていた。ウィルフリッド当地民衆魚の穫り方を教えたところ、ウィルフリッド教え感銘を受けて、「大勢が (en masse)」洗礼を受けることに同意した洗礼執り行うことになった日にが「乾いた大地」に降り注ぎ飢饉終わりを告げたという。 エゼルウェルホは、87ハイド土地王領荘園ヴィル、Vill)ひとつをウィルフリッド与え、セルゼー修道院を建てさせた。この修道院は、やがて南サクソン司教領South Saxon bishopric:後のセルゼー司教 (Bishop of Selsey))司教座となり、ノルマン征服の後、1075年ロンドン公会議 (Council of London) の決定によってチチェスター司教座移されチチェスター司教 (Bishop of Chichester) が設けられるまで存続した。 聖ウィルフリッド到来後、程なくして、西サクソンから追放されていた王子キャドワラ後のウェセックス王)がサセックス王国蹂躙し、エゼルウェルホを殺害したキャドワラは、エルダーマン (Ealdorman) としてエゼルウェルホの跡を継いだ2人、ベルトゥン (Berhthun) とアンドゥン (Andhun) によって、サセックス王国から駆逐された。686年、南サクソン人たちは、ケント王国内紛乗じ、王の甥であるエドリック (Eadric) を支援し、王ホロスヘア (Hlothhere) に攻撃仕掛けたが、程なくしてベルトゥンは殺されサセックス王国しばらくの間ウェセックスとなっていたキャドワラ支配下に置かれたその後の南サクソン諸王については、一部勅許 (Anglo-Saxon charters) などを除いて、ほとんど何も伝わっていない。 692年には、ノスヘルム(Nothelm、Noðhelm:別名、ヌナ、Nunna)という王が、自分の姉(ないしは妹)に勅許与えもうひとりの王ワット (Watt) がその証人になったとされている『アングロサクソン年代記』によると、ヌナウェセックスイネ親族であり、710年に、両者共同してブリトン人の王ゲライントGeraint)と戦ったという。ベーダによればサセックス多年にわたってイネ支配下にあったという。

※この「7世紀」の解説は、「サセックス王国」の解説の一部です。
「7世紀」を含む「サセックス王国」の記事については、「サセックス王国」の概要を参照ください。


7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 05:20 UTC 版)

ドラえもんにおける年表」の記事における「7世紀」の解説

630年 ドラえもん達、中国唐で妖怪と戦う。

※この「7世紀」の解説は、「ドラえもんにおける年表」の解説の一部です。
「7世紀」を含む「ドラえもんにおける年表」の記事については、「ドラえもんにおける年表」の概要を参照ください。


7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 06:03 UTC 版)

フランスの歴史年表」の記事における「7世紀」の解説

年日事件612年 アウストラシアの王テウデベルト2世暗殺されブルグント王テウデリク2世継承した613年 テウデリク2世死去庶子シギベルト2世短期間王位継承したクロタール2世がシギベルト2世処刑しフランク王国統一した623年 クロタール2世ダゴベルト1世アウストラシア王に任命した629年 クロタール2世死去その死後交わされ協定により、ダゴベルト1世ネウストリア王位継承異母弟カリベルト2世アキテーヌ継承した632年 4月8日 カリベルト2世死去したが、兄のダゴベルト1世暗殺指示したとされている生後間もない子キルペリク・ダキテーヌが継承したが、すぐにダゴベルト1世暗殺された。ダゴベルト1世アキテーヌ獲得フランク王国統一した639年 1月19日 ダゴベルト1世死去、子のシギベルト3世アウストラシア王になり、クロヴィス2世ネウストリアブルグント王になる二人とも政治力弱く宮宰台頭を許すきっかけとなった655年 クロヴィス2世死去、子のクロタール3世継承656年 2月1日 シギベルト3世死去キルデベルト養子王継承661年 キルデベルト養子王死去クロタール3世遺領継承してフランク王国再統一した。 673年 クロタール3世死去遺領2人の弟に分割された。キルデリク2世アウストラシア王になり、テウデリク3世ネウストリアになったキルデリク2世はすぐにネウストリア侵攻し併合フランク王国統一675年 キルデリク2世殺害されテウデリク3世が再びネウストリア獲得アウストラシアクロタール3世庶子クロヴィス3世継承676年 クロヴィス3世死去テウデリク3世遺領相続したことによりフランク王国再統一691年 テウデリク3世死去、子のクロヴィス4世継承695年 クロヴィス4世死去、弟のキルデベルト3世継承

※この「7世紀」の解説は、「フランスの歴史年表」の解説の一部です。
「7世紀」を含む「フランスの歴史年表」の記事については、「フランスの歴史年表」の概要を参照ください。


7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 08:19 UTC 版)

地震の年表 (日本)」の記事における「7世紀」の解説

679年初頭天武7年12月筑紫地震 - M6.5 - 7.5、幅二丈、筑紫国福岡県)で長さ三千余丈の地割れ『日本書紀』)。水縄断層活動による内陸地震との説がある。 684年11月26日11月29日)(天武13年10月14日白鳳地震天武地震南海道沖または、南海トラフ全域震源域可能性あり) - M8 1⁄4(Mw8 - 9)、死者多数土佐津波より大きな被害田園(約12 km2)が海面下沈下『日本書紀』)。南海道沖の地震示唆する記録だが地質調査によればほぼ同時期東海道沖震源域となった可能性あり。『日本書紀』に、別のであれば記述されるであろう東海道沖地震の記録見られないことから同時に南海トラフ全域震源域となった可能性が高い日本最古津波記録

※この「7世紀」の解説は、「地震の年表 (日本)」の解説の一部です。
「7世紀」を含む「地震の年表 (日本)」の記事については、「地震の年表 (日本)」の概要を参照ください。


7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 09:43 UTC 版)

道後温泉」の記事における「7世紀」の解説

645年大化の改新が行われると、現在の今治市辺り伊予国国府置かれ、京から見て国府よりも遠い地域は「道後」(←→道前道中)と呼ばれたことから後世になるとこの温泉のある一帯が特にそう呼ばれるようになった

※この「7世紀」の解説は、「道後温泉」の解説の一部です。
「7世紀」を含む「道後温泉」の記事については、「道後温泉」の概要を参照ください。


7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 03:09 UTC 版)

音楽史」の記事における「7世紀」の解説

ザンクト・ガレン修道院設立されるネウムネウマ譜)で記譜されたトロプスプローズセクエンツィア

※この「7世紀」の解説は、「音楽史」の解説の一部です。
「7世紀」を含む「音楽史」の記事については、「音楽史」の概要を参照ください。


7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 08:05 UTC 版)

日食の一覧」の記事における「7世紀」の解説

628年4月10日推古天皇36年3月2日日本記録残っている最古の日食『日本書紀』推古36年3月の条に、「三月丁未朔、戊申日有蝕尽之」(三月丁未の朔、戊申に日、蝕え尽きたること有り)と記録されている(全文近代デジタルライブラリー内『日本書紀二十二』(国史大系本第一巻)の205/300頁にあり)。「日、蝕え尽きたる」は、当時の都である飛鳥京皆既食見られたように思わせるが、実際は日本のすぐ南東沖を通過した皆既食で、当時飛鳥京では食分0.93程度部分食であった推古天皇5日後の4月15日3月7日)に崩御している。

※この「7世紀」の解説は、「日食の一覧」の解説の一部です。
「7世紀」を含む「日食の一覧」の記事については、「日食の一覧」の概要を参照ください。


7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 04:14 UTC 版)

ヴェルジー家」の記事における「7世紀」の解説

文献によると最初のヴェルジー領主は、オータン司教レジェLéger d'Autun)の兄弟ゲラン・ド・ヴェルジー(ワラン・ド・ヴェルジーまたはゲラン・ド・ポワティエ)であるという。ネウストリア宮宰エブロイン(Ébroïn)は、聖レジェ殉教する前の674年に、ゲランを石で殺害した

※この「7世紀」の解説は、「ヴェルジー家」の解説の一部です。
「7世紀」を含む「ヴェルジー家」の記事については、「ヴェルジー家」の概要を参照ください。


7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 04:20 UTC 版)

キリスト教年表」の記事における「7世紀」の解説

620年 東ローマ帝国ビザンティン帝国)の公用語ラテン語からギリシア語変わる。 622年 イスラム教開いたムハンマドマホメット)がマディーナメディナ)に遷るヒジュラ暦元年635年 ネストリウス派宣教師中国の唐を訪問638年 イスラム軍がエルサレムほかパレスチナ全域制圧長安ネストリウス派教会大秦寺が建つ。 651年 クルアーンコーラン)が編纂される。 664年 ウィットビー教会会議ケルト系キリスト教主張破られ以後衰退680年 第3コンスタンティノポリス公会議単意論異端とされる

※この「7世紀」の解説は、「キリスト教年表」の解説の一部です。
「7世紀」を含む「キリスト教年表」の記事については、「キリスト教年表」の概要を参照ください。


7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 20:57 UTC 版)

西洋音楽年表」の記事における「7世紀」の解説

ca.650年 - スコラ・カントルム聖歌演奏/教育機関)がローマ創設

※この「7世紀」の解説は、「西洋音楽年表」の解説の一部です。
「7世紀」を含む「西洋音楽年表」の記事については、「西洋音楽年表」の概要を参照ください。


7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 23:28 UTC 版)

ユダヤ史関連人物の一覧」の記事における「7世紀」の解説

アブドゥッラー・イブン・サバー ‘Abdullah ibn(bin) Saba‘(al-Sawda‘):カリフイエメン・ユダヤ人出身で、シーア派開祖という説がある エレアザル・ハカリル(エルアーザル・ハッ=カーリール) :代表的なピユート詩人 マーサルジャワイヒ Masarjawaih, Mesharsheya:医者最初のアラビア語医学書作成 イサヨシュアIsa翻訳家 カアブ・アル=アフバール Ka'b al-Achbar (?-652/54) :イスラム教改宗したカリフ神学者ユダヤ教文学ハディースに取入れた一人

※この「7世紀」の解説は、「ユダヤ史関連人物の一覧」の解説の一部です。
「7世紀」を含む「ユダヤ史関連人物の一覧」の記事については、「ユダヤ史関連人物の一覧」の概要を参照ください。


7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 08:43 UTC 版)

飢饉の一覧」の記事における「7世紀」の解説

639年 - ウマル・イブン・ハッターブの頃、イスラム帝国アラビア飢饉650年 - インド全域飢饉

※この「7世紀」の解説は、「飢饉の一覧」の解説の一部です。
「7世紀」を含む「飢饉の一覧」の記事については、「飢饉の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「7世紀」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「7世紀」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

7世紀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



7世紀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの7世紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサセックス王国 (改訂履歴)、ドラえもんにおける年表 (改訂履歴)、フランスの歴史年表 (改訂履歴)、地震の年表 (日本) (改訂履歴)、道後温泉 (改訂履歴)、音楽史 (改訂履歴)、日食の一覧 (改訂履歴)、ヴェルジー家 (改訂履歴)、キリスト教年表 (改訂履歴)、西洋音楽年表 (改訂履歴)、ユダヤ史関連人物の一覧 (改訂履歴)、飢饉の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS