紀元前2世紀とは? わかりやすく解説

紀元前2世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 00:02 UTC 版)

紀元前2世紀(きげんぜんにせいき)は、西暦による紀元前200年から紀元前101年までの100年間を指す世紀




「紀元前2世紀」の続きの解説一覧

紀元前2世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 16:50 UTC 版)

共和政ローマ監察官一覧」の記事における「紀元前2世紀」の解説

紀元前199年 XLVI - カプア・プテオリ間の関税スクイッラーチェ付近のカストラ・ハンニバルに300人植民送り港湾使用料徴収カプア土地売却プブリウス・コルネリウス・スキピオ・アフリカヌス (大スキピオ) プブリウス・アエリウス・パエトゥス (紀元前201年の執政官) 紀元前194年 XLVII - スキピオ・アフリカヌス第一人者に。3名元老院から除名少数騎士降格キルクス (競技場)に元老院座席設置。アトリウム・リベルタティスや公共集会場修復拡張成年人口243,704セクストゥス・アエリウス・パエトゥス・カトゥス ガイウス・コルネリウス・ケテグス 紀元前189年 XLVIII - 4名を元老院から除外スキピオ・アフリカヌス三度目第一人者に。インフラ整備カンパニア人もローマで統計成年人口258,318ティトゥス・クィンクティウス・フラミニヌス マルクス・クラウディウス・マルケッルス (紀元前196年の執政官) 紀元前184年 XLIX - 紀元前192年執政官クィンクティウス・フラミニヌスを含む7名を元老院から除外ルキウス・ウァレリウス・フラックス (紀元前195年の執政官) マルクス・ポルキウス・カト (大カト) 紀元前179年 L - レピドゥスは自らを第一人者にし、土地所有していたテッラキナに公費防波堤建設バシリカ・アエミリア多くのインフラ整備手がけ私物化されていた国有地から賃貸料徴収し公共施設開放市民地位所得に応じて所属トリブス再設定マルクス・アエミリウス・レピドゥス (紀元前187年の執政官) マルクス・フルウィウス・ノビリオル (紀元前189年の執政官) 紀元前174年 LI - プラエトル経験者スキピオ家二人フラックス兄弟を含む9名を元老院から除名数名騎士降格レピドゥス第一人者に (2回目)。キルクスプラエトルアエディリス専用席を設置しラップ数を分かりやすく動物闘技場導入した多数インフラ整備をし、特にフラックス私費で神殿建設などを行ったが、元ある神殿から建材剥ぎ取ったため元老院召喚されクィントゥス・フルウィウス・フラックス (紀元前179年の執政官) アウルス・ポストゥミウス・アルビヌス・ルスクス 紀元前169年 LII - レピドゥス第一人者に (3回目)。7名を元老院から除名マケドニア戦線からの離脱者原隊復帰させた他厳しい取締り反感募りプルケル護民官告発され無産階級落とされる所をグラックス弁護により無罪となった多くのエクィテス降格され、バシリカ・センプロニア建設ガイウス・クラウディウス・プルケル (紀元前177年の執政官) ティベリウス・センプロニウス・グラックス (大グラックス) 紀元前164年 LIII - 3名元老院から除名マルキウスコンコルディア像をフォルム立て正確な日時計設置成年人口337,022人。レピドゥス第一人者に (4回目)ルキウス・アエミリウス・パウルス・マケドニクス クィントゥス・マルキウス・ピリップス (紀元前186年の執政官) 紀元前159年 LIV - フォルムから法的根拠の薄い政務官の像を撤去スキピオ・ナシカ昼夜等分した水時計設置成年人口328,316人。レピドゥス第一人者に (5回目)プブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ・コルクルム マルクス・ポピッリウス・ラエナス 紀元前154年 LV - 劇場建設するスキピオ・ナシカによって無用な上に公衆道徳反するとして取り壊される成年人口324,000人。レピドゥス第一人者に (6回目)。カッシウスコンコルディア像を元老院移し聖別しようとするが、最高神祇官民衆によって指名されなければ法的根拠がないとされるマルクス・ウァレリウス・メッサッラ (紀元前161年の執政官) ガイウス・カッシウス・ロンギヌス (紀元前171年の執政官) 紀元前147年 LVI - スキピオ・ナシカ・コルクルム第一人者ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・ルプス ルキウス・マルキウス・ケンソリヌス (紀元前149年の執政官) 紀元前142年 LVII - 小スキピオアエミリウス橋完成させ、厳しい取締り行いティベリウス・クラウディウス・アセッルスを無産階級降格させた。ムンミウス取締り仲裁しアカエアでの戦利品カピトリヌス飾った成年人口328,442人プブリウス・コルネリウス・スキピオ・アフリカヌス・アエミリアヌス (小スキピオ) ルキウス・ムンミウス・アカイクス 紀元前136年 LVIII - プルケル厳しくノビリオル寛大に取締りプルケル第一人者に。成年人口317,933人アッピウス・クラウディウス・プルケル (紀元前143年の執政官) クィントゥス・フルウィウス・ノビリオル 紀元前131年 LIX - 両ケンソルプレブスは初。プルケル第一人者に (2回目)、死去後ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・ルプス指名。メテッルスは人口増のため全市民婚姻強制する演説行い護民官ガイウス・アティニウス・ラベオ・マケリオを元老院から除名成年人口318,823クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・マケドニクス クィントゥス・ポンペイウス 紀元前125年 LX - テプラ水道建設カエピオ宿敵アウグルマルクス・アエミリウス・レピドゥス・ポルキナ6000セステルティウスで家を借りたとして処罰。コルネリウス・レントゥルスを第一人者に。成年人口394,736人グナエウス・セルウィリウス・カエピオ (紀元前141年の執政官) ルキウス・カッシウス・ロンギヌス・ラウィッラ 紀元前120年 LXI - コルネリウス・レントゥルスを第一人者クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・バリアリクス ルキウス・カルプルニウス・ピソ・フルギ (歴史家) 紀元前115年 LXII - ガイウス・リキニウス・ゲタを含む32名を元老院から除名マルクス・アエミリウス・スカウルス第一人者に。成年人口394,336ルキウス・カエキリウス・メテッルス・ディアデマトゥスまたはルキウス・カエキリウス・メテッルス・ダルマティクス グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブス (紀元前122年の執政官) 紀元前109年 - ドルスス任期中死去したスカウルス辞任拒否、アエミリア・スカウリ街道英語版建設ミルヴィオ橋修復ガリア・キサルピナ排水事業手がけるマルクス・アエミリウス・スカウルス マルクス・リウィウス・ドルスス 紀元前108年 LXIII - エブルヌスは自らの息子不貞行為処刑。アエミリウス・スカウルスを第一人者に再指名クィントゥス・ファビウス・マクシムス・エブルヌス ガイウス・リキニウス・ゲタ 紀元前102年 LXIV - ルキウス・アップレイウス・サトゥルニヌスとガイウス・セルウィリウス・グラウキア(英語版)を元老院から除名しようとするクィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ヌミディクス ガイウス・カエキリウス・メテッルス・カプラリウス

※この「紀元前2世紀」の解説は、「共和政ローマ監察官一覧」の解説の一部です。
「紀元前2世紀」を含む「共和政ローマ監察官一覧」の記事については、「共和政ローマ監察官一覧」の概要を参照ください。


紀元前2世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/04 05:20 UTC 版)

凱旋式のファスティ」の記事における「紀元前2世紀」の解説

紀元前200年ルキウス・フリウス・プルプレオ法務官、対ガリア 紀元前197年ガイウス・コルネリウス・ケテグス執政官、対ガリア(インスブリ族) 紀元前197年クィントゥス・ミヌキウス・ルフス執政官、対ガリアリグリアアルバ凱旋式紀元前196年マルクス・クラウディウス・マルケッルス執政官、対ガリア(インスブリ族)(3月4日紀元前196年グナエウス・コルネリウス・ブラシオ臨時指揮権、対ケルティベリア小凱旋式紀元前195年マルクス・ヘルウィウス・ブラシオ前法務官、対ケルティベリア小凱旋式紀元前195年クィントゥス・ミヌキウス・テルムス前法務官、於遠ヒスパニア 紀元前194年マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス前執政官、於近ヒスパニア 紀元前194年ティトゥス・クィンクティウス・フラミニヌス前執政官、於マケドニアアオウスの戦い紀元前191年:マルクス・フルウィウス・ノビリオル、前法務官、於遠ヒスパニア12月16日紀元前191年プブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ執政官、対ガリア 紀元前189年ルキウス・アエミリウス・レギッルス前法務官、於シリア(ミュオネッソスの海戦)(2月1日紀元前189年ルキウス・コルネリウス・スキピオ・アシアティクス前執政官、於シリアマグネシアの戦い)(2月28日紀元前188年クィントゥス・ファビウス・ラベオ法務官、於シリア海戦)(2月5日紀元前187年:マルクス・フルウィウス・ノビリオル(2回め)、執政官、対アイトーリアケファロニア12月21日紀元前187年グナエウス・マンリウス・ウルソ執政官、於ガラティア3月5日) 約19欠落 紀元前184年ガイウス・カルプルニウス・ピソ前法務官、対ルシタニアケルティベリア 紀元前184年:ルキウス・クィンクティウス・クリピヌス、前法務官、対ルシタニアケルティベリア 紀元前180年マルクス・バエビウス・タンピルス前執政官、対リグリア 紀元前180年プブリウス・コルネリウス・ケテグス前執政官、対リグリア 紀元前180年クィントゥス・フルウィウス・フラックス前法務官、対ケルティベリア 紀元前179年クィントゥス・フルウィウス・フラックス(2回め)、執政官、対リグリア 紀元前178年ティベリウス・センプロニウス・グラックス・マイヨル前法務官、対ケルティベリア第一次ケルティベリア戦争)(2月3日紀元前178年ルキウス・ポストゥミウス・アルビヌス前法務官、於ルシタニアヒスパニア2月4日紀元前177年ガイウス・クラウディウス・プルケル執政官、対イストリアリグリア 紀元前175年ティベリウス・センプロニウス・グラックス・マイヨル(2回め)、前執政官、於サルディニア、テルミナリア(2月23日紀元前175年マルクス・ティティニウス・クルウス前法務官、於近ヒスパニア 紀元前175年マルクス・アエミリウス・レピドゥス執政官、対リグリア3月12日紀元前175年:プブリウス・ムキウス・スカエウォラ、執政官、対リグリア3月12日紀元前174年:アッピウス・クラウディウス・ケント、前法務官、於ヒスパニア小凱旋式)(10月1日紀元前172年:ガイウス・キケレイウス、前法務官、於コルシカアルバ凱旋式)(3月1日紀元前167年ルキウス・アエミリウス・パウルス・マケドニクス(2回め)、前執政官、於マケドニア(対ペルセウス王、ピュドナの戦い)(11月27日 - 29日紀元前167年グナエウス・オクタウィウス前法務官、於マケドニア海戦)(12月1日紀元前167年ルキウス・アニキウス・ガッルス前法務官、対イリュリア(ゲンティウス王)(2月17日紀元前166年マルクス・クラウディウス・マルケッルス執政官、対ガリアリグリア、エレアテ 紀元前166年:ガイウス・スルピキウス・ガッルス、執政官、対リグリア2月20日紀元前158年:マルクス・フルウィウス・ノビリオル、前執政官、対リグリア、エレアテ(8月19日紀元前155年マルクス・クラウディウス・マルケッルス(2回め)、執政官、対不明 紀元前155年プブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ・コルクルム執政官、対ダルマティア33欠落 紀元前131年プブリウス・ルピリウス前執政官、於シキリア属州第一次奴隷戦争マルクス・ペルペルナ前法務官?(小凱旋式)、於シキリア属州第一次奴隷戦争紀元前129年ガイウス・センプロニウス・トゥディタヌス執政官、対イアピデス(イストリア)(10月1日紀元前126年マニウス・アクィッリウス前執政官、於アシア11月11日紀元前123年マルクス・フルウィウス・フラックス前執政官、対リグリア、ウォコンティイ、サルウィイ 紀元前122年ガイウス・セクスティウス・カルウィヌス前執政官、対リグリア、ウォコンティイ、サルウィイ 紀元前122年ルキウス・アウレリウス・オレステス前執政官、於サルディニア12月8日紀元前121年クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・バリアリクス前執政官、対バレアレス 紀元前121年クィントゥス・ファビウス・マクシムス・アッロブリギクス前執政官、対アッロブログ、アルウェルニ王ビトゥイトゥス 紀元前121年グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブス前執政官、対ガリア(アルウェルニ) 紀元前117年ルキウス・カエキリウス・メテッルス・ダルマティクス前執政官、対ダルマティア 紀元前117年クィントゥス・マルキウス・レクス前執政官、対リグリア12月3日紀元前115年マルクス・アエミリウス・スカウルス執政官、対ガリア(カルニア)(12月紀元前111年マルクス・カエキリウス・メテッルス前執政官、於サルディニア7月15日紀元前111年ガイウス・カエキリウス・メテッルス・カプラリウス前執政官、於トラキア7月15日紀元前110年マルクス・リウィウス・ドルスス前執政官、対スコルディスキマケドニア5月1日紀元前107年クィントゥス・セルウィリウス・カエピオ執政官代理、於遠ヒスパニア10月28日紀元前106年クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ヌミディクス前執政官、対ヌミディアユグルタユグルタ戦争紀元前106年マルクス・ミヌキウス・ルフス前執政官、対スコルディスキトラキア 紀元前104年ガイウス・マリウス執政官、対ヌミディアユグルタユグルタ戦争11欠落 紀元前101年ガイウス・マリウス執政官)およびクィントゥス・ルタティウス・カトゥルス前執政官 )。対ゲルマン人キンブリ・テウトニ戦争

※この「紀元前2世紀」の解説は、「凱旋式のファスティ」の解説の一部です。
「紀元前2世紀」を含む「凱旋式のファスティ」の記事については、「凱旋式のファスティ」の概要を参照ください。


紀元前2世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 23:28 UTC 版)

ユダヤ史関連人物の一覧」の記事における「紀元前2世紀」の解説

マタティア Mattathias Maccabaeus :モディインの司祭。5人の息子がおり、三男ユダ・マカバイである ユダ・マカバイマカバイ戦争紀元前166年) イェシュア・ベン・シラ Yeshua ben Siraシラ書ベン・シラの知恵)(外典

※この「紀元前2世紀」の解説は、「ユダヤ史関連人物の一覧」の解説の一部です。
「紀元前2世紀」を含む「ユダヤ史関連人物の一覧」の記事については、「ユダヤ史関連人物の一覧」の概要を参照ください。


紀元前2世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 07:13 UTC 版)

古代ローマの内戦と反乱の一覧」の記事における「紀元前2世紀」の解説

紀元前135年紀元前132年: 第一次奴隷戦争 - シキリア属州での奴隷反乱鎮圧 紀元前125年: フレゲッラエの反乱英語版) - 鎮圧 紀元前104年紀元前100年: 第二次奴隷戦争 - シキリア属州での奴隷反乱鎮圧

※この「紀元前2世紀」の解説は、「古代ローマの内戦と反乱の一覧」の解説の一部です。
「紀元前2世紀」を含む「古代ローマの内戦と反乱の一覧」の記事については、「古代ローマの内戦と反乱の一覧」の概要を参照ください。


紀元前2世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 08:43 UTC 版)

飢饉の一覧」の記事における「紀元前2世紀」の解説

紀元前108年から1911年までは、中国において主な飢饉は1828回であった一年に一度一か二の省で発生していた。しかしながら飢饉重大性大きく変化した

※この「紀元前2世紀」の解説は、「飢饉の一覧」の解説の一部です。
「紀元前2世紀」を含む「飢饉の一覧」の記事については、「飢饉の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「紀元前2世紀」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「紀元前2世紀」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

紀元前2世紀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



紀元前2世紀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紀元前2世紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの共和政ローマ監察官一覧 (改訂履歴)、凱旋式のファスティ (改訂履歴)、ユダヤ史関連人物の一覧 (改訂履歴)、古代ローマの内戦と反乱の一覧 (改訂履歴)、飢饉の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS