陰陽道とは?

いん ようどう -やうだう [3] 【陰陽道】

おんようどう(陰陽道)

おん みょうどう -やうだう [3] 【陰陽道】

おんようどう(陰陽道)

おん ようどう -やうだう [3] 【陰陽道】

古代中国陰陽いんよう五行説基づいて災異吉凶説明ようとする方術天文・暦数・卜筮ぼくぜいなどを扱った。日本には六世紀伝えられ重要視されたが,特に平安時代以降神秘的な面が強調されて俗信化し,避禍招福方術となった。平安中期以降賀茂安倍両氏がつかさどった。おんみょうどういんようどう

陰陽道

読み方:インヨウドウ(inyoudou)

中国陰陽五行説基づいて災異吉凶説明ようとする方術


陰陽道

読み方:オンミョウドウ(onmyoudou)

中国古代陰陽五行説基づいて天文・暦数をつかさどり、吉凶を占う学問


おんようどう 【陰陽道】

オンミョウドウとも。中国陰陽五行説基づいて吉凶定め天文・暦法・地相・卜筮などを扱う術。日本へは継体天皇(五〇七?~三一?)の代、朝鮮百済から学者来てこれを伝え、さらに六〇二(推古一〇)年、百済観勒三論学の大家)が陰陽道関係の書を献上している。陰陽道とは日本での呼称だが、のちにその役所陰陽寮といい、職員陰陽師といった(教授陰陽博士)。だが室町期以降民間人陰陽師となり、俗信に堕したので、一八七〇(明治三)年陰陽寮廃止された。→ 陰陽

陰陽道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/27 08:28 UTC 版)

陰陽道(いんようどう・おんようどう・おんみょうどう)は、陰陽寮で教えられていた天文道暦道といったものの一つ。これらの呼称は大学寮における儒学を教える明経道律令を教える明法道等と同じで国家機関の各部署での技術一般を指す用語であり、思想ないし宗教体系を指す用語ではない。古代中国で生まれた自然哲学思想陰陽五行説を起源として日本で独自の発展を遂げた呪術占術の技術体系である。




  1. ^ 陰陽寮の中には他氏出身の六位クラスの官人もおり、特に大中臣氏や中原氏のように五位に昇る者を輩出した一族もあるが、鎌倉時代(13世紀)後期には姿を消すことになる。同様に法師陰陽師と呼ばれた民間陰陽師も安倍・賀茂氏のみならず宿曜道との競合もあって11世紀末期には姿を見せなくなる(赤澤、2011年、P63-82・204-206)。
  2. ^ 平安期になると、貴族の身分と利用できる陰陽師の身分はほぼ対応していたが、院政期以後摂関家においても私的関係を重視した起用が行われるようになる(赤澤、2011年、P175-194)。
  3. ^ 武家政権である鎌倉幕府も陰陽師との関係を持っていた。源頼朝が挙兵した時には賀茂氏・安倍氏の人々がいなかったため、住吉昌長・大中臣頼隆が陰陽道の事を掌り、源実朝の時代には安倍泰親の曾孫・安倍泰貞が近侍していた(『吾妻鏡』承元4年10月16日条)ことが知られている(赤澤、2011年、P328-330)。
  4. ^ 赤澤、2011年、P34-63・164-167・226-227。


「陰陽道」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「陰陽道」の関連用語

陰陽道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



陰陽道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2018 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陰陽道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS