一〇とは? わかりやすく解説

一〇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 01:33 UTC 版)

南洲翁遺訓」の記事における「一〇」の解説

人智開発するとは、愛国忠孝心を開くなり。国に尽し家に勤むるの道明かならば、百般事業は従て進歩可し。或(あるい)は耳目開発せんとて、電信懸け鉄道敷き蒸気仕掛け器械造立し、人の耳目聳動(しようどう)すれども、何故電信鉄道無くて叶はぬぞ欠くべからざるものぞと云ふ処に目を注がず猥り外国盛大羨み利害得失論ぜず家屋構造より玩弄物に至る迄、一一外国仰ぎ奢侈の風を長じ財用浪費せば、国力疲弊し人心浮薄に流れ結局日本身代限りの外有る間敷也。

※この「一〇」の解説は、「南洲翁遺訓」の解説の一部です。
「一〇」を含む「南洲翁遺訓」の記事については、「南洲翁遺訓」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「一〇」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

一〇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一〇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの南洲翁遺訓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS