結局とは?

けっ‐きょく【結局】

【一】[名]

囲碁で、1局を打ちおえること。終局

いろいろの経過経て落ち着いた最後結末

「話は随分長かったが、要する覚束(おぼつか)ない—に陥ったのである」〈左千夫・春の潮

【二】[副]いろいろなことがあったうえで、最後に落ち着くさまを表す。最終的には。つまるところ結句。「あれこれやってみたが、結局だめだった」「二人は結局元のさやにおさまった」


けっ‐きょく【結局】

1

囲碁を一番打ち終えること。終局

詩学大成抄(1558‐70頃か)五「結局と云は、碁を打はててごばんをとりをさめた心ぞ」

物事終わり。はて。結末

読本椿説弓張月(1807‐11拾遺一部の結局(ケッキョク)、作者苦心、ここに説も竭すべからず

③ (━する) 物事終わらせること。また、ある結果結論行きつくこと。

西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文一一開場よりの腹稿なれば第十五編に結局せん目論なり」

2 〔副〕 物事がいろいろの曲折経て最後ところへ落ちついたさまを表わす語。つまるところとどのつまり。とうとう。ついに。結句。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

[語誌]もとは(一)①の意味であったが、江戸時代末期(一)②の意味に転用された。副詞用法はやや遅れて成立し、それ以前詩歌の用語から転用した「結句」が使用されていた。→「けっく(結句)」の語誌


結局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 07:30 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「結局」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「結局」を含むページの一覧/「結局」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「結局」が役に立つかも知れません。

関連項目



結局

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 11:37 UTC 版)

この単語漢字
けつ > けっ
第四学年
きょく
第三学年

発音

け↗っきょく↘

名詞

(けっきょく)

  1. 紆余曲折経て最後行き着いたところ。

副詞

けっきょく

  1. 紆余曲折経て最後にある結末至るさま。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「結局」に関係したコラム

  • 株式の信用取引における日々公表銘柄とは

    株式の信用取引における日々公表銘柄とは、証券取引所が投資家に注意を促すために、個別の銘柄について毎日の信用取引残高を公表する銘柄のことです。日々公表銘柄の公表は、投資家の過度の信用取引の利用を防止する...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「結局」の関連用語

結局のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



結局のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結局 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの結局 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS