差し詰めとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 名詞 > 名詞(様子) > 差し詰めの意味・解説 

差し詰め

読み方:さしづめ

目下のところ、当分の間、などという意味。

さし‐ずめ〔‐づめ〕【差(し)詰め】

【一】[名・形動

直接かかわること。また、そのさま。

色界法則には―な倫理的目的…なぞあるわけはなく」〈長与竹沢先生と云ふ人

行き詰まってしまうこと。また、その状態。どんづまり

「死なでかなはぬ身の―と成り行く果ぞあはれなる」〈浄・重井筒

【二】[副]

結局つまるところ。「差し詰め君しか適任者はいない」

さしあたり今のところ。「差し詰め生活には困らない


差し詰め

読み方:さしつめ

【文語】マ行下二段活用動詞差し詰む」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「差し詰め」の関連用語

差し詰めのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



差し詰めのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 Weblio RSS