差しとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接尾語 > 差しの意味・解説 

サシ

別表記:差し

サシとは、二人向かい合っている状態のこと。元々は二人一緒にいる状態を表していたが、次第に「二人で何かをしている動作・状態」のことも意味するようになった

【サシの語源・由来漢字では「差し」と書く。「差し向かい」でと書けば、特に男女ふたりが向かい合っている状態を表すが、「サシ」は、男女に限らずふたりでいる状態で用いられるまた、この場合は「向かい合っている」という意味失われていることが多く、単に「ふたりきりで」という状況表していることがほとんどである。

【サシの用例】「今後のことについて、上司とサシで話をする」「サシで飲みながら、お互いの不満をぶつけ合った」「大好きなあの子と、サシで遊び行きたい

【サシの類語】「一対一」は、一つの物事が他の一つの物事だけに対応すること。たとえばサッカーバスケットボール試合相手チーム選手自分とボール奪い合うときなど、同じ空間複数人がいる状況下で一人一人になった場面などにも用いられる。サシと同じ意味でも使われることがある
対面」は顔を合わせ向かい合っている状態のこと。「サシ」は横並びでも用いられる
タイマン」は一対一喧嘩決闘を表す。
関連用語】「さし飲み」とは、一対一ふたりきりの状態で飲食共にすること。相手異性とは限らず上司先輩部下後輩同僚恋人友人など、誰であっても用いる。

さし【差(し)/指(し)】

読み方:さし

【一】[名]

(「尺」とも書く)ものさし。「—を当てる

二人で向かい合ってすること。さしむかい。「—で飲む」「—で話す」

二人で荷物を担ぐこと。さしにない

差し合い1」に同じ。

五郎兵衛さん、お百さんは—で居なさりやせん」〈洒・辰巳之園

(ふつう「サシと書く)謡曲で、拍子に合わせず、少し節をつけてうたう部分さしごえ

(ふつう「サシと書く)舞楽・能などの舞の型で、手をさし出すように前方へ水平にあげること。

【二】接頭動詞に付いて語調整えたり意味を強めたりする。「—出す」「—戻す」「—替える

【三】接尾助数詞

舞の曲数を数えるのに用いる。「一—舞う」

相撲などの番数数えるのに用いる。

勝負これによるべきにあらず。ひと—つかうまつるべし」〈著聞集一〇


ざし【差し/指し】

読み方:ざし

語素動詞「さ(差)す」の連用形から》名詞下に付いてその物の姿・状態・ようすをいう。「面(おも)—」「まな—」


差し

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

差し

読み方:さし

  1. 差向いの略、カルタ等で対手一人となつた時をいう。⑵〔犯〕⑴から転じたもので、共犯者なく独りで犯行をなすこと。
  2. 品触れ匕首密告。〔一般犯罪
  3. 贓物のこと。②警察官密告すること。③単純犯行総称。④手袋のこと。⑤品触のこと。⑥被害者面会することをいう。「あいざし」ともいう。⑦骨牌賭博二人差向いてする賭博をいう。⑧財布又は蟇口のこと。「どーらん」ともいう。⑨手又は手袋のこと。〔九州〕 ⑩又匕首のこと。
  4. 指名名指し語頭省略。〔盗〕 ②二人協力して共犯)。差し即ち二人ということより。〔す〕 ③品触。昔手配書差し紙といつたところより。〔盗〕 ④密告。ゆび(指)さしから。〔盗〕

分類 九州犯罪犯罪者、盗/す/犯罪


差(さ)し

読み方:さし

  1. 妓籍明かにせず男女同伴して旗亭待合又は旅館等に来り投ずる者。妓の客席侍して座布団用ゆるは此際に限る差向ひの意に用ゆる『差し』とは別語なり。

分類 花柳界

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

差し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 17:17 UTC 版)

脚質」の記事における「差し」の解説

レース前半は馬群中ほどあるいは後方進み第4コーナー付近前方へ進出開始しゴール手前で前を進む馬を交わそうとする走行方法反応よく前方へ進出することができる気性反応が鈍いと、前を行く馬を捉えきれずに終わってしまうことがある)と、レース終盤での瞬発力要求される競馬において差しを多用する競走馬差し馬さしうま)という。性格的に馬群中に入って怖がらない前の馬が巻き上げた砂などを浴びて嫌がらない気性持ち主で、前述のとおり瞬発力武器とする競走馬がとる戦法である。 また、差し馬先行馬のどちらとも取れ位置取りをする馬も多い。これは事前作戦レースの展開によっても左右される先行と同様に、終始併せ馬の状態が多い為に勝負根性必要である。 なお、前方の馬を追い抜くことを「差す」、追い抜いて勝利することを「差しきると言うが、これは差し馬のみに用いられる言葉ではなく、該当する競技内容であれば追い込み馬や先行馬、場合によっては逃げ馬であっても「差す」、または「差し返す」と表現される代表的な差し馬ナリタブライアンエアグルーヴステイゴールドスペシャルウィークグラスワンダーシンボリクリスエスウオッカアパパネルーラーシップオルフェーヴルロードカナロアジャスタウェイドゥラメンテリスグラシューアーモンドアイコントレイルなど。

※この「差し」の解説は、「脚質」の解説の一部です。
「差し」を含む「脚質」の記事については、「脚質」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「差し」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「差し」の例文・使い方・用例・文例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「差し」に関係したコラム

  • CFDの売買エントリーポイントを罫線で見つけるには

    CFDの売買エントリーポイントを見つけるには、罫線のパターンやチャートのパターン、テクニカル指標の数値などの方法が挙げられます。ここでは、CFDの売買エントリーポイントを罫線のパターンで見つける方法を...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

差しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



差しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
BOAT RACE OFFICIAL WEB SITEBOAT RACE OFFICIAL WEB SITE
COPYRIGHT© BOAT RACE OFFICIAL WEB ALL RIGHTS RESERVED.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの脚質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS