差すとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > 差す > 差すの意味・解説 

さ・す【刺す】

[動サ五(四)《「差す」と同語源》

先の鋭くとがったものを中に突き入れる突き立てる突き通す。「指にとげを—・す」「短刀で胸を—・す」「をくしに—・す」

㋑(「螫す」とも書く)毒虫などが針を皮膚突き入れる。「ハチに—・される」

厚いものに針を突き入れて縫う。また、針で結びつづる。「ぞうきんを—・す」「網を—・す」

もちざお小鳥を捕らえる。「を—・す」

(「差す」とも書く)舟を進めるためにさおを水底突き立てる。「さおを—・す」

野球で、走者ボールタッチしてアウトにする。「本塁で—・される」

目・鼻・舌などの感覚器官鋭く刺激する。「異臭が鼻を—・す」「舌を—・す味」

㋑心に強い痛み感じさせる。ショック与える。「その一言が私の胸を—・した」

[可能] させる

[用法] さす・つく——「針で肌を刺す(突く)」のように、先の鋭い物を押し付ける意では、相通じて用いられる。◇「刺す」はその動作結果として対象内部入り、あるいはつらぬく意が中心となる。「肉をくしに刺す」「とげを刺す」◇「突く」は物の先端一つ所強く当てる動作に意味の中心がある。「相手の胸を突いて倒す」「釣鐘をつく」◇「銛(もり)でを突く」「(やり)で突く」など、「突く」は刺し通すことにも言うが、この場合も、物の先を勢いよく目標当てるという動作が主になる。◇「鼻を刺す(突く)臭気」「胸を刺す(突く)言葉」などでも両語とも使われるが、「刺す」は刺激痛み鋭さに、「突く」は衝撃強さそれぞれ重点がある。

[下接句] 釘(くぎ)を刺す・鹿(しか)の角を(はち)が刺す・寸鉄人を刺す・止(とど)めを刺す・寝鳥を刺す骨を刺す


さ・す【差す/指す】

[動サ五(四)

(差す)

㋐(「射す」とも書く)まっすぐに光が照り入る。光が当たる。「西日が—・す」

㋑潮が満ちてくる。また、増して入り込む。しみ込む。「潮が—・す」「氾濫した川の水床下まで—・してきた」「井戸廃水が—・す」

㋒何かのしるし・気配などが自然と外に現れる。「ほおに血の気が—・す」「景気にかげりが—・す」

ある種気分気持ちが生じる。きざしてくる。「眠けが—・す」「魔が—・す」「気が—・す(=気がとがめる)」

平熱より高くなる。熱が出る。「熱が—・す」

や根が伸び広がる草木伸びて出る。「枝葉が—・す」

(指す・差す)

㋐指などで目標とする物や場所・方向を示す。指さす。「指で—・して教える」「後ろ指を—・される」「時計の針七時を—・している」

㋑人や物をそれと決めて示す。指名する。また、密告する。「文中のそれは何を—・しますか」「生徒を—・して答えさせる」「犯人警察に—・す」

その方向へ向かう。目ざす。「南を—・して飛ぶ」

物差し寸法測る

縦横寸法を—・してみた」〈三重吉・桑の実

指物作る

将棋で、駒を動かす。また、対局する。「将棋を—・す」「一局—・す」

㋖物を手で持って上げる。両手で高く上げる。「米俵を—・す」

㋗傘などをかざす。

㋘肩に担ぐ。になう。「駕籠(かご)を—・す」

㋙舞で、手を前方伸ばす。「—・す手引く手」

相撲で、相手脇の下に手を入れる。「右を—・す」

競馬などで、ゴール直前先行するものを追い抜く。「—・して首の差で勝つ」

などが、立ちのぼる。

八雲—・す出雲児ら黒髪吉野の川の沖になづさふ」〈四三〇〉

さしつかえる。

「ちとお寺に—・す事ある」〈浄・薩摩歌

[可能] させる

[補説] 「指す」「差す」「射す」「刺す」「注す」「点す」「挿す」「鎖す」などと、いろいろに漢字当てられるが、本来は同一の語。

[下接句] 嫌気が差す影が射す気が差す図星を指す・掌(たなごころ)を指す・鳥影(とりかげ)が射す・魔が差す・指一本も差させない指を差す


さ・す【差す/注す/点す】

[動サ五(四)

酒をすすめる。「杯を—・す」

ごく少量液体をある部分にそそぎ入れる。「目薬を—・す」「ギヤに油を—・す」

液体をほかの液体容器の中へ少し、または少しずつ加え入れる。「花瓶を—・す」「吹きこぼれないよう冷水を—・す」

補い加える。つぎ足す。「炭を—・して火気強める」

ある部分色をつける。「紅(べに)を—・す」

しるしや訓点などをつける。「朱点を—・す」

火をともす

「まづ紙燭(しそく)—・して来(こ)」〈竹取〉

[可能] させる


さ・す【挿す】

[動サ五(四)《「差す」と同語源》

細長い物を、他の物の中に突き入れる。「花瓶バラを—・す」「かんざしを—・す」

挿し木をする。「を—・す」

(「差す」とも書く)刀などを帯の間を通して挟み入れる。「腰に大小を—・す」

[可能] させる


さ・す【差・指・射】

1 〔他サ五(四)〕 (「さす(刺)」と同語源)

[一] 人や物事を、それと決めて示す。

① 指や物でその方を示す。それと示すために、その方向へ指や物を伸ばす。指さす。

大鏡(12C前)六「多かりし人の中よりのびあがり見奉りて指(および)をさしてものを申しかば」

② 目あてとしてその方へ向ける。目ざす

万葉(8C後)一五・三六二六「(たづ)が鳴き葦辺を左之(サシ)て飛び渡るあなたづたづし独りさ寝(ぬ)れば」

徒然草1331頃)五〇「四条よりかみさまの人、皆北をさして走る」

③ それとはっきり定める。指定する。指名する。

大和(947‐957頃)一一三「兵衛の尉はなれてのち、臨時の祭舞人にさされていきけり」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)前「見脈にして病を指(サ)す」

派遣するために任命する。また、ある役目定めて派遣する。

万葉(8C後)二〇・四三八二「ふたほがみ悪しけ人なりあた病(ゆまひ)わがする時に防人(さきもり)に佐須(サス)」

幸若・いるか(室町末‐近世初)「農夫田舎のわざなれば、庭の夫にさされ、なくなく京へのぼりつつ」

(5) その人と名を示して、評判する。また、密告する。

随筆戴恩記(1644頃)下「彼御謀叛の御談合人数にやさされ給ひけん、三井寺まで流され」

(6) 事実をそれと推測する。言いあてる。

雑俳西国船(1702)「取って見しょ・としさいてみや丸頭巾

[二] 手で物を上にあげる

両手であげて持つ。

平家13C前)一二「其勢百騎ばかり旗ささせて下る程に

和英語林集成初版)(1867)「イシヲ sasu(サス)〈訳〉重い石を手で頭上にあげる

② かさなどを持って、それで身をおおう。かざす。

*竹取(9C末‐10C初)「飛ぶ車一ぐしたり。羅蓋さしたり」

③ 額などの前に手をさしかける

日葡辞書(1603‐04)「マカゲヲ sasu(サス)」

④ 肩にかつぐ。「駕籠をさす」

[三] 手などを前の方に伸ばす

① 手や足を前方伸ばす

花鏡(1424)動十分心動七分身「手を指し、足を動かす事、師の教へのままに動かして」

② 碁で、石を置く。また、将棋などで駒を動かす。

源氏100114頃)空蝉碁打ち果てて、けちさすわたり、心とげに見えて」

物さし当ててはかる。

俳諧炭俵(1694)上「今のま厚さを指てみる〈孤屋〉 年貢すんだとほめられにけり〈芭蕉〉」

桑の実(1913)〈鈴木三重吉〉二五「縦横寸法を測(サ)して見た

④ (③から転じて) 箱、たんすなどを作る

日葡辞書(1603‐04)「イレモノ ハコナドヲ sasu(サス)」

咄本醒睡笑(1628)三「経箱をささせ角(すみ)をとり」

(5) 手などで押す。また、触れる。

今昔1120頃か)二三「成は前俗衣と喬(そば)の俗衣のかはとを取て、恒世が胸を差(さし)て只絡(からみ)に絡(からめ)ば」

歌舞伎桑名屋徳蔵入船物語(1770)三「『大切な物を、手さすな手さすな』トいひいひ片付ける」

(6) そろばんの玉を指で押し上げて、数を加える。

雲は天才である(1906)〈石川啄木〉一「算盤の珠をさしたり減(ひ)いたり」

(7) 相撲で、相手脇腹と腕の間に手を入れる。

相撲講話1919)〈日本青年教育会〉常陸山梅ケ谷時代壮観立上るや否や直に左を差して褌(みつ)を取り

[四] 張りめぐらしたり、組んだり、結んだりして設けかまえる。

張り渡す

万葉(8C後)一七・三九一八「のにほへる園にほととぎす鳴くと人告ぐ網佐散(ササ)ましを」

② 庵(いおり)、またはその一部造る

詞花(1151頃)冬・一五〇「いほりさす(なら)の木陰にもる月の曇ると見れば時雨降るなり〈瞻西〉」

③ 帯、紐などを結ぶ。

宇津保(970‐999頃)忠こそ「この帯をさす事、大嘗会今年内宴になんさしつる

曾我物語南北朝頃)五「手械足枷を入れ、首に綱をさし、土の籠(ろう)にぞこめられける」

④ 弓の弦を作る

延慶平家(1309‐10)四「引かたぬきて弓弦指つきて居たりける所に

歌謡田植草紙(16C中‐後)晩哥壱はん「わがさいた弦(つる)ならば引かばやわり来ひやれ」

(5) 矢をつがえる

2 〔自サ五(四)〕 (「さす(刺)」と同語源)

① (射) 光が照ってはいり込む。また、光が照って物に当たる

万葉(8C後)一四・三四〇七「上毛野(かみつけの)まぐはしまとに朝日左指(サシ)まきらはしもなありつつ見れば」

俳諧続猿蓑(1698)夏「夜涼やむかひの見世は月がさす〈里圃〉」

草木がもえ出る。また、伸び出る。

万葉(8C後)六・九〇七「滝の上の 御舟の山に 瑞枝(みづえ)指(さし) 繁(しじ)に生ひたる (とが)のの」

源氏100114頃)若菜上若葉さす野辺小松ひきつれてもとのいはねを祈る今日かな」

勢いよく立ちのぼる。

④ 潮がみちてくる。

新古今(1205)雑上・一五五六「わかの浦に月のいでしほのさすままによるなく鶴の声かなしき慈円〉」

(5) 熱、色などが表に出てくる。

日葡辞書(1603‐04)「ネッキガ sasu(サス)〈訳〉熱がだんだん出てくる」

行人(1912‐13)〈夏目漱石〉帰ってから「蒼味の注(サ)した常の頬に」

(6) 火が出る。失火する。

蔭凉軒日録長享元年(1487)一二月二六日首座寮指火、皆出合滅之

(7) ねむけ、いやけ、ある種気持などが知らないうちに生じる。きざしてくる。

咄本山岸文庫本昨日は今日の物語(1614‐24頃)「じひ心さしこそせずとも、せめて寺参りなり共せうとて参る」

滑稽本七偏人(1857‐63)三「直に魔のさすと言なア世の中の当然だから」

坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉二「いい心持になって眠気がさしたから」

(8) 姿や影などがちらっと現われる

人情本恩愛二葉草(1834)初「鳥影のさすを見るに付けても」

(9) さしつかえる。さしさわりがある。江戸時代遊里などにおいて、先客が既にあって支障がある

仮名草子都風俗鑑(1681)三「少(すこし)もさすあひてはいふにおよばず

(10) 手ぬかりがある。油断する。

歌舞伎伊達競阿国戯場(1778)三つ目「『何ぞお和物(かず)になるものが』〈略〉『へへさすものぢゃないワイ大方今夜要らうと思うて』」

(11) (「気がさす」の形で) 気がとがめる落ち着かなくなる。

多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「已むを得ず書見始めたが、気が侵(サ)して読むではゐられぬ」

(12)(一)(一)②から転じたものか) 歩いて行く。また、速く歩く。〔名語記(1275)〕


差す

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 16:50 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. 入り込むさす 参照



差すと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「差す」の関連用語

差すのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



差すのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの差す (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS