被害者とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 被害者の意味・解説 

ひ がいしゃ [2] 【被害者】

被害を受けた人。
他人不法行為犯罪によって権利侵害損害を受けた者。民事上は損害賠償請求刑事訴訟法上は告訴ができる。 ⇔ 加害者


被害者

作者伊藤勝義

収載図書フーコーショートショート傑作選 1
出版社フーコー
刊行年月1998.12


被害者

作者今野敏

収載図書最前線東京湾臨海安積
出版社角川春樹事務所
刊行年月2002.6

収載図書最前線東京湾臨海安積
出版社角川春樹事務所
刊行年月2007.8
シリーズ名ハルキ文庫


被害者

作者エド・マクベイン

収載図書逃げ
出版社早川書房
刊行年月2002.10
シリーズ名ハヤカワ・ポケット・ミステリ


被害者

作者高木国雄

収載図書やつらはどこから
出版社作品社
刊行年月2005.2


被害者

作者山石洋史

収載図書ユメウツツ模型
出版社文芸社
刊行年月2008.6


被害者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/10 14:56 UTC 版)

被害者(ひがいしゃ)とは、「犯罪により害を被った者」(刑事訴訟法230条)をいう。


  1. ^ “犯罪被害給付:海外での事件、救済漏れ 制度改善求める声”. 毎日新聞. (2012年10月21日). オリジナル2013年8月28日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/Sb32a 
  2. ^ “国外犯罪被害者救済で法成立 弔慰金の条件厳しく”. 日本経済新聞. (2016年6月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H51_U6A620C1CR0000/ 2016年12月24日閲覧。 
  3. ^ “犯罪被害者:後遺症抱え生活保護 持続補償、制度化を”. 毎日新聞. (2014年2月26日). オリジナル2014年3月2日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/lcrKc 
  4. ^ 犯罪被害者:尽きぬ苦悩 後遺症抱え生活保護、講演料は「収入」 持続補償、制度化を 識者の話 毎日新聞 2014年2月26日[リンク切れ]
  5. ^ なお、このケースでは「被害者についても実名報道を避け、人権侵害につながる恐れを抑制すべきである」という主張は少なく、被疑者(加害者を含む)についての実名報道を維持したいという意図の下に被害者の人権が利用されているケースが多く見られることに注意すべきである。
  6. ^ 死刑宣告、過去最多45人 世論が厳罰化後押し産経新聞、2006年12月30日。[リンク切れ]
  7. ^ 少年審判への遺族傍聴 法改正に賛否両論”. J-CAST (2008年5月3日). 2008年5月6日閲覧。
  8. ^ 森達也 『死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う』 朝日出版社、2008年1月10日、103頁。ISBN 9784255004129
  9. ^ 個人情報保護法の全面施行の直後だったということもあり、被害者の氏名情報の扱いについて警察や病院など多方面に迷いが見られたことも、混乱を加速した。


「被害者」の続きの解説一覧



被害者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「被害者」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||


6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

被害者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



被害者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの被害者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS