救出とは? わかりやすく解説

きゅう‐しゅつ〔キウ‐〕【救出】

読み方:きゅうしゅつ

[名](スル)危険な状態から救い出すこと。「人質を—する」


救出

作者宍戸

収載図書民主文学 小説花束 2
出版社新日本出版社
刊行年月1990.7


救出

作者ブライアン・フリーマントル

収載図書十二の秘密指令
出版社新潮社
刊行年月1994.7
シリーズ名新潮文庫


救出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 04:55 UTC 版)

大日本航空阿蘇号不時着事故」の記事における「救出」の解説

不時着連絡を受けた大日本航空は、台北から同僚機の筑波号午後6時41分に出発させ捜索に向わせた。魚釣島上空午後7時55分に到着した筑波号は、海岸焚火懐中電灯による合図確認した搭乗していた13人全員無事だった不時着衝撃阿蘇号の胴体まっ二つ折れ大破したうえ左翼が波にさらわれなくなっていたが、乗員乗客怪我はなく、13人椰子集めて焚火をし命綱で波にさらわれないよう結び付けていた。翌朝7時55分に筑波号飛来し生存者食料毛布投下した。また救助のために魚釣島多くの船舶向かっていたが、そのうちの慶雲丸が阿蘇号の機体発見し救助した乗客2月8日午前1時台湾基隆到着した。 なお、胴体真っ二つになるほど大破した機体は、現場にて引き揚げられることなく放置された

※この「救出」の解説は、「大日本航空阿蘇号不時着事故」の解説の一部です。
「救出」を含む「大日本航空阿蘇号不時着事故」の記事については、「大日本航空阿蘇号不時着事故」の概要を参照ください。


救出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:13 UTC 版)

大韓航空801便墜落事故」の記事における「救出」の解説

深夜悪天候下の事故だったこと、墜落現場米海軍用地内だったこと、管制官事故気付かず通報遅れたこと、軍と消防間の意思疎通十分ではなかったこと、消防車ブレーキ故障したことなどが複合して救助隊到着時間かかった最初の救助隊員現場到着したのは墜落52後である。救助隊到着早ければ死亡者のうちの何名かは救えた可能性がある墜落衝撃地下パイプライン破壊され露出し現場に通じる細い道塞いでしまったため、緊急車両当初接近できなかった。墜落機胴体は分解し主翼燃料タンク残っていたジェット燃料引火して火災起こし墜落から8時経ってもまだ燃えていた。 この事故現場救出され中に静岡県三島市在住少女(当時11歳)がいた。母親当初生存していたが残骸挟まれ動けず、少女脱出させた後に焼死した

※この「救出」の解説は、「大韓航空801便墜落事故」の解説の一部です。
「救出」を含む「大韓航空801便墜落事故」の記事については、「大韓航空801便墜落事故」の概要を参照ください。


救出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 13:02 UTC 版)

アーネスト・シャクルトン」の記事における「救出」の解説

シャクルトンはすぐに船を送りサウスジョージア島反対側にいる3人救出したその一方エレファント島隊員救出隊組織し始めた。救出の最初の3回試み島へ接近を遮る海氷のため失敗した彼はチリ政府と交渉遠洋航海可能な小型タグボート「イエルコ号(英語版)」を海軍から借りてエレファント島向かい1916年8月30日に、4か月孤立していた22人の隊員全員救出した。イエルコ号はまずチリプンタ・アレーナスへ、数日後バルパライソ向かい文明社会帰還した隊員たちは同地群衆により温かく歓迎された。 まだ、オーロラ号投錨から風流され戻ることができなくなった後、マクマード湾エバンス岬に取残されていたロス海支隊隊員がいた。オーロラ号は数か月漂流の後、ニュージーランドに帰還したシャクルトンオーロラ号に合流しロス海支隊の救出に向かった。この支隊多くの困難にかかわらず補給基地作る任務完遂していたが、隊長イニーアス・マッキントッシュを含む3人命を落とした

※この「救出」の解説は、「アーネスト・シャクルトン」の解説の一部です。
「救出」を含む「アーネスト・シャクルトン」の記事については、「アーネスト・シャクルトン」の概要を参照ください。


救出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 09:37 UTC 版)

硫化水素」の記事における「救出」の解説

前述の通り毒性の高さや皮膚粘膜への刺激性空気より重い性質などから、急性中毒者の不用意な救出は深刻な二次被害もたらす危険がある。とくに、急性中毒者を助け起こそうとする試み致命的なものとなる可能性がある救助活動には空気呼吸器の着装必須であり、化学防護服着装望ましいとされている。発生室内不用意に換気するのも(空気より重いので拡散遅く周囲への二次被害危険がある各地消防においては簡易型硫化水素除去装置等を配備し、安全濃度に至るまで活性炭吸着させるなどの処置執っている。引火性あるため、救出時には火気への注意が必要である。

※この「救出」の解説は、「硫化水素」の解説の一部です。
「救出」を含む「硫化水素」の記事については、「硫化水素」の概要を参照ください。


救出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 03:00 UTC 版)

ファイアーエムブレムif」の記事における「救出」の解説

「救出」コマンド選択可能。隣接する味方自分の後衛に移す。

※この「救出」の解説は、「ファイアーエムブレムif」の解説の一部です。
「救出」を含む「ファイアーエムブレムif」の記事については、「ファイアーエムブレムif」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「救出」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

救出

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 00:30 UTC 版)

この単語漢字
きゅう
第五学年
しゅつ
第一学年
音読み 音読み

発音

きゅ↗ーしゅつ

名詞

(きゅうしゅつ)

  1. 危険状態ある人などを救い出すこと。

動詞

活用


「救出」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

救出のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



救出のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大日本航空阿蘇号不時着事故 (改訂履歴)、大韓航空801便墜落事故 (改訂履歴)、アーネスト・シャクルトン (改訂履歴)、硫化水素 (改訂履歴)、ファイアーエムブレムif (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの救出 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS