椰子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 椰子 > 椰子の意味・解説 

や‐し【×椰子】

読み方:やし

ヤシ科単子葉植物総称。3300種が熱帯中心に分布高木あるいは蔓性(つるせい)の木本。幹はふつうまっすぐ伸び、頂に大きなをつける。は柄があり、羽状手のひら状に切れ込んでいる。花は密集してつき、果実は房状になる。ふつうココヤシをさすが、ナツメヤシ・ニッパヤシ・アブラヤシや、シュロ・トウなども含まれる


椰子

読み方:ヤシ(yashi)

ヤシ科常緑高木総称


フィージーやし (椰子)

Pritchardia pacifica

Pritchardia pacifica

南太平洋のフィージー諸島からトンガ諸島分布してます。熱帯雨林生え、高さは10メートルほどになります。単幹で、長さ1.8メートルにもなる大きな団扇状の広げます葉腋から肉穂花序をだし、黄褐色両性花を咲かせます。ここでは「フィージーフトエクマデヤシ(太柄熊手椰子)」と表記されいました
ヤシ科プリトカルディア属の常緑低木で、学名Pritchardia pacifica。英名は Fiji fan palm

キングココやし (椰子)


サラカやし (椰子)

Salacca edulis

Salacca edulis

インドネシアからマレーシア原産です。「ニッパヤシ」のように水辺湿地生え、高さは2~5メートルほどになります。ほとんど無株立ちし、葉柄には鋭い生えてます。鱗片状の果皮に被われた果実は、果軸に鈴なりになります果肉は薄いクリーム色で、リンゴのような甘酸っぱいがします。この果実のかたちから「スネークフルーツ」とも呼ばれます
ヤシ科サラカヤシ属の常緑低木で、学名Salacca edulis。英名は Salak, Snake palm
ヤシのほかの用語一覧
サゴヤシ:  メトロキシロン・ヴァールブルギイ
サバル:  サバル・ウレサナ  幹無しサバル椰子
サラカヤシ:  椰子
シュロ:  唐棕櫚  棕櫚
シュロチク:  棕櫚竹

椰子

読み方:ヤシ(yashi)

ヤシ科常緑高木園芸植物

学名 Cocos nucifera


ヤシ

(椰子 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/02 01:05 UTC 版)

ヤシ(椰子)は、単子葉植物ヤシ目ヤシ科に属する植物の総称である。熱帯地方を中心に亜熱帯から温帯にかけて広く分布する植物で、独特の樹型で知られている。実用価値の高いものが多い。ヤシ科は英語でパルマエ (Palmae) といい、ラテン語のpalma(掌、シュロ)の複数形に由来する[1]。基準属Arecaに基づくArecaceaeも科名として用いられる[1]


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 土橋豊 1992, p. 183.
  2. ^ Hodel, Donald R. (2009-01). “Biology of Palms and Implications for Management in the Landscape”. HortTechnology 19 (4): 676–681. doi:10.21273/HORTTECH.19.4.676. ISSN 1063-0198. https://journals.ashs.org/view/journals/horttech/19/4/article-p676.xml. 
  3. ^ a b c d e f g h i j k 土橋豊 1992, p. 184.
  4. ^ a b c 土橋豊 1992, p. 187.
  5. ^ 以下、ドランスフィールド(1997) p.102
  6. ^ 堀田(1997)p.111
  7. ^ 以上、引用も堀田(1997)p.111
  8. ^ a b c d e 土橋豊 1992, p. 185.
  9. ^ 育ちすぎたヤシの木伐採決断、周南市 かつてのあこがれ、宮崎県では観光資源”. 中国新聞 (2020年5月10日). 2020年5月10日閲覧。
  10. ^ 台湾俳句史(1985 ~ 2013)(2) ~季題、季語、虚子の「熱帯季題論」と台湾の歳時記~『交流』15-19頁 呉昭新 2015年11月号
  11. ^ 毎日新聞「新季語拾遺」 1993年8月23日
  12. ^ Angiosperm Phylogeny Group (2016). “An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV” (PDF). Botanical Journal of the Linnean Society 181 (1): 1–20. doi:10.1111/boj.12385. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/boj.12385/epdf. 
  13. ^ DDBJ TXSearch、NCBI taxonomy database、UniProt Taxonomy による。
  14. ^ wikispecies
  15. ^ a b c d e f g 土橋豊 1992, p. 186.



椰子

出典:『Wiktionary』 (2021/07/25 10:27 UTC 版)

名詞

 (やし)

  1. ヤシ科ヤシ属に属す植物の総称

関連語

翻訳


「椰子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



椰子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「椰子」の関連用語

椰子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



椰子のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2024 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの椰子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS