ビンロウとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > ヤシ科 > ビンロウの意味・解説 

ビンロウ

別表記:檳榔

アジア圏などで見られるヤシ仲間、および、その植物から作られる嗜好品ガムまたは噛みタバコのように噛んで成分染み出させる。ビンロウにはアレコリン呼ばれる物質含まれるという。

ビンロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/26 09:16 UTC 版)

ビンロウ(檳榔、学名:Areca catechu)は、太平洋アジアおよび東アフリカの一部で見られるヤシ科植物


  1. ^ 第十六改正日本薬局方 1575ページ”. 厚生労働省. 2012年3月23日閲覧。
  2. ^ 海外から野菜や果物を持ち込む際の規制(韓国)”. 植物防疫所. 2012年3月25日閲覧。
  3. ^ 檳榔(ビンラン、ビンロウ、檳榔子)の輸入にまつわる法規”. 空落科技. 2012年3月23日閲覧。
  4. ^ 中国本土3300キロをタクシーで巡る(その1)湖南省にある珍しい嗜好品”. 喜多村豊. 2012年3月27日閲覧。


「ビンロウ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビンロウ」の関連用語

ビンロウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビンロウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビンロウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS