ミャンマーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 共和国 > ミャンマーの意味・解説 

ミャンマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/06 00:44 UTC 版)

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく、ビルマ語: ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်[注 4]英語: Republic of the Union of Myanmar)、通称ミャンマーは、東南アジアインドシナ半島西部に位置する共和制国家首都ネピドー2006年まではヤンゴン)。




注釈

  1. ^ a b 国際社会は、軍事政権の正当性を認めていないが、2021年のクーデターにより軍部が政権を掌握している。
  2. ^ a b 2021年のクーデターで軍により拘束され、職務を停止されている。
  3. ^ a b 連邦議会代表委員会により任命された。同委員会はアウンサンスーチーが党首を務める国民民主連盟(NLD)の議員らが2021年のクーデターに対抗して設立した事実上の臨時政府である。
  4. ^ ビルマ文字の表示法に対応していない環境が多いため、画像で示す - /pjìdàʊNzṵ t̪àməda̰ mjəmà nàɪNŋœ̀ndɔ̀/(ピーダウンズー・タマダー・ミャマー・ナインガンドー)
  5. ^ 【参考】ベンガル湾南部、ミャンマー南部沖には、インド領のアンダマン・ニコバル諸島が位置する。近年、インドは中国の海洋進出に対し地理的にも戦略上も重要拠点として同諸島を整備しており、その重要性が高まっている[3]
  6. ^ 乾隆帝による十全武功のひとつ。
  7. ^ 当時、ベンガル管区英語版1765年-1919年)にはベンガル地方メーガーラヤ州ビハール州オリッサ州が含まれていた。
  8. ^ 当時のアッサムには現在のメーガーラヤ州ナガランド州ミゾラム州アルナーチャル・プラデーシュ州が含まれていた。後に各州は分離され、北東部はマクマホンラインで知られる中国(北京政府)との係争地となり、1954年東北辺境地区英語版として分離され、1987年アルナーチャル・プラデーシュ州となった。
  9. ^ 後にBurma Socialist Partyになった。
  10. ^ Ka Kwe Ye means "defence" in Burmese, and is used as the name for regional defence forces.[23]
  11. ^ I will be an ordinary citizen, a lay person, and my colleagues will too because it will be a civilian government.[43]
  12. ^ 2010年11月には複数政党制民主主義制度に基づく総選挙を20年ぶりに実施した結果、連邦連帯開発党 (USDP) が連邦及び地方議会の双方で8割近くの議席を獲得して圧勝した[55]
  13. ^ メルグイとも
  14. ^ 日本語表記は、株式会社ワールドトラベルのウェブサイトなどを参照[82]

出典

  1. ^ a b c d e f World Economic Outlook Database,October 2018” (英語). IMF (2018年10月). 2019年2月5日閲覧。
  2. ^ ミャンマーで30年ぶりの人口センサス実施――「6,000万人市場」から5,000万人市場へ”. 大和総研 (2014年10月16日). 2016年1月21日閲覧。
  3. ^ 焦点:中国の海洋進出に対抗、インドが哨戒活動を強化へ”. ロイター (2015年7月15日). 2021年2月17日閲覧。
  4. ^ 原田正春・大野徹 編『ビルマ語辞典』日本ビルマ文化協会 1979 (1990改訂版)
  5. ^ 楊海英 (2014年3月15日). “ミャンマーにクリミア型侵略? 中国系住民と共産党の「絆」”. ニューズウィーク. 2021年2月14日閲覧。
  6. ^ 加藤昌彦 (2016). “ミャンマーの諸民族と諸言語”. 『ICD NEWS』 第69号: 8-26. http://www.moj.go.jp/content/001212899.pdf. 
  7. ^ a b c d e f 百科事典マイペディアの解説:ミャンマー”. コトバンク. 平凡社. 2021年2月2日閲覧。
  8. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説:ミャンマー”. コトバンク. Britannica Japan Co., Ltd.. 2021年2月2日閲覧。
  9. ^ Burma”. Human Rights Watch. 2013年7月6日閲覧。
  10. ^ Myanmar Human Rights”. Amnesty International USA. 2013年7月6日閲覧。
  11. ^ World Report 2012: Burma”. Human Rights Watch (2012年1月22日). 2013年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月6日閲覧。
  12. ^ Madhani, Aamer (2012年11月16日). “Obama administration eases Burma sanctions before visit”. USA Today. https://www.usatoday.com/story/theoval/2012/11/16/obama-lifts-sanctions-burma-visit/1710253/ 
  13. ^ Fuller, Thomas; Geitner, Paul (2012年4月23日). “European Union Suspends Most Myanmar Sanctions”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2012/04/24/world/asia/eu-suspends-sanctions-on-myanmar.html 
  14. ^ Greenwood, Faine (2013年5月27日). “The 8 Stages of Genocide Against Burma's Rohingya | UN DispatchUN Dispatch”. Undispatch.com. 2014年4月13日閲覧。
  15. ^ “EU welcomes "measured" Myanmar response to rioting”. Reuters. (2012年6月11日). https://www.reuters.com/article/2012/06/11/us-myanmar-violence-idUSBRE85A01C20120611 “Q&A: Communal violence in Burma”. BBC. https://www.bbc.co.uk/news/world-asia-18395788 2013年10月14日閲覧。 
  16. ^ スー・チー氏拘束しクーデター:軍が全権掌握の動き”. NHK] (2021年2月2日). 2021年2月2日閲覧。
  17. ^ Vakulchuk, Roman; Kyaw Kyaw Hlaing; Edward Ziwa Naing; Indra Overland; Beni Suryadi and Sanjayan Velautham (2017). Myanmar’s Attractiveness for Investment in the Energy Sector. A Comparative International Perspective (Report). Norwegian Institute of International Affairs (NUPI) and Myanmar Institute of Strategic and International Studies (MISIS). p. 8. https://www.researchgate.net/publication/317954536. 
  18. ^ Burma (Myanmar)”. World Economic Outlook Database. International Monetary Fund. 2021年2月1日閲覧。
  19. ^ Eleven Media (2013年9月4日). “Income Gap 'world's widest'”. The Nation. オリジナルの2014年9月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140915230853/http://www.nationmultimedia.com/aec/Income-gap-worlds-widest-30214106.html 2014年9月15日閲覧。 
  20. ^ McCornac, Dennis (2013年10月22日). “Income inequality in Burma”. Democratic Voice of Burma. オリジナルの2014年9月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140915230920/https://www.dvb.no/analysis/income-inequality-in-burma/33726 2014年9月15日閲覧。 
  21. ^ Myanmar gets new flag, official name, anthem”. Reuters (2010年10月21日). 2010年10月21日閲覧。
  22. ^ ミャンマー(ビルマ):今も続く国軍の残虐行動”. アムネスティ・インターナショナル (2019年10月31日). 2020年5月27日閲覧。
  23. ^ Smith, Martin (1991). Burma - Insurgency and the Politics of Ethnicity. London: Zed Books. p. 221 
  24. ^ a b Bertil Lintner (2000年3月). “The Golden Triangle Opium Trade: An Overview”. Asia Pacific Media Services. 2009年1月6日閲覧。
  25. ^ ミャンマー新国旗を公表 市庁舎などで一斉付け替え”. MSN産経ニュース (2010年10月22日). 2011年1月9日閲覧。
  26. ^ a b c 【解説】 ミャンマー国軍のクーデター、なぜ今? これからどうなる?”. BBC (2021年2月2日). 2021年2月2日閲覧。
  27. ^ ティン・チョー氏、ミャンマー大統領に正式就任”. 『読売新聞』. 2016年3月30日閲覧。
  28. ^ 『黄金色の光を放つ宗教』. ミャンマー政府・情報省. (1997). https://badauk.com/nitijou/sinjiru/bamarmuslim/muslimhistory/ 
  29. ^ “ミャンマー中部で仏教徒とイスラム教徒が衝突、非常事態を宣言”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年3月22日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2935184/10478177 2013年3月24日閲覧。 
  30. ^ ミャンマーは民族浄化をしようとしている=国連当局者”. BBC NEWS JAPAN (2016年11月25日). 2017年2月26日閲覧。
  31. ^ ミャンマー軍のロヒンギャ掃討、1か月で6700人殺害 多数の子どもも”. AFPBB News (2017年12月14日). 2017年12月14日閲覧。
  32. ^ アングル:膨張するロヒンギャ難民、無人島計画に救いはあるか ロイター通信(2017年9月20日)2017年10月4日閲覧
  33. ^ スー・チー氏は国連総会欠席へ ロヒンギャ問題で批判強まる”. 『朝日新聞』 (2017年9月13日). 2017年10月4日閲覧。
  34. ^ a b ミャンマーでクーデター スー・チー氏や大統領拘束―国軍が全権掌握、非常事態宣言”. JIJI.COM (2021年2月2日). 2021年2月2日閲覧。
  35. ^ ဗိုလ်ချုပ်မှူးကြီး မင်းအောင်လှိုင်ခေါင်းဆောင်သည့် ၁၁ ဦးပါ စီမံအုပ်ချုပ်ရေးကောင်စီဖွဲ့စည်း”. DVB (2021年2月2日). 2021年2月2日閲覧。
  36. ^ ပြည်ထောင်စုသမ္မတမြန်မာနိုင်ငံတော် တပ်မတော်ကာကွယ်ရေးဦးစီးချုပ်ရုံး အမိန့်အမှတ်(၉/၂၀၂၁) ၁၃၈၂ ခုနှစ်၊ ပြာသိုလပြည့်ကျော် ၆ ရက် ၂၀၂၁ ခုနှစ်၊ ဖေဖော်ဝါရီလ ၂ ရက်”. Tatmadaw (2021年2月2日). 2021年2月2日閲覧。
  37. ^ ミャンマー軍、旧軍政から閣僚指名 実務重視か”. 『日本経済新聞』 (2021年2月2日). 2021年2月2日閲覧。
  38. ^ ミャンマーでクーデター抗議デモ、ネット遮断中でも規模は最大AFP通信』(2021年2月6日)2021年3月25日閲覧
  39. ^ “ミャンマー国軍、スー・チー派は「反逆罪」 国民けん制”. 日本経済新聞. (2021年3月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM061730W1A300C2000000/ 2021年3月25日閲覧。 
  40. ^ ミャンマー国軍、戒厳令の対象地域拡大 1日の死者はクーデター以降最悪の50人にBBC』(2021年3月16日)2021年3月25日閲覧
  41. ^ a b c ミャンマーのクーデターに非難相次ぐ、国民はネットに怒りの声”. ロイター (2021年2月2日). 2021年2月2日閲覧。
  42. ^ a b “ミャンマー軍「中国や近隣国と関係強化」 欧米に屈しない姿勢”. NHKNEWSWEB. (2021年3月23日). オリジナルの2021年3月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/HQKso 2021年3月28日閲覧。 
  43. ^ “UN gains leverage over Myanmar”. Asia Times Online. (2009年7月15日). http://www.atimes.com/atimes/Southeast_Asia/KG15Ae01.html 2012年1月2日閲覧。 
  44. ^ 野党副議長の軟禁解除 ミャンマー軍政、7年ぶり”. MSN産経ニュース (2010年2月14日). 2011年1月9日閲覧。
  45. ^ 国連人権報告者が1年ぶりにミャンマー訪問”. MSN産経ニュース (2010年2月15日). 2011年1月9日閲覧。
  46. ^ ミャンマー新国旗を公表 市庁舎などで一斉付け替え”. MSN産経ニュース (2010年10月22日). 2011年1月9日閲覧。
  47. ^ スー・チーさん、民主化勢力の再結集訴え 解放後初演説『朝日新聞』2010年11月15日
  48. ^ “ミャンマー新政府が発足=軍政解散、「民政移管」完了”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年3月30日). http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201103300096.html 2011年4月3日閲覧。 
  49. ^ “ミャンマー新政府が発足 大統領就任、軍政に終止符”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月30日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110330/asi11033016100002-n1.htm 2011年4月3日閲覧。 
  50. ^ “「国の発展に協力」スー・チーさんと政権が共同声明”. 『朝日新聞』. (2011年8月12日). http://www.asahi.com/international/update/0812/TKY201108120547.html 2011年8月17日閲覧。 
  51. ^ “ミャンマーで政治犯釈放開始、民主化デモ指揮の僧侶も”. ロイター. (2011年10月12日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23585520111012 2011年10月13日閲覧。 
  52. ^ “スー・チーさん政党参加可能に ミャンマーで改正政党登録法が成立”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年11月5日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/111105/asi11110500550000-n1.htm 2011年11月7日閲覧。 
  53. ^ “【速報】ミャンマー国軍が全土に非常事態宣言を発令し、総司令官が全権を掌握した(バンコク時事)”. 時事通信. (2021年2月1日). https://twitter.com/jijicom/status/1356067753090637825?s=19 2021年2月1日閲覧。 
  54. ^ ミャンマー総選挙:立候補者名簿、届け出締め切り『毎日新聞』2010年8月31日
  55. ^ 最近のミャンマー政治情勢”. 在ミャンマー日本国大使館. 2012年1月2日閲覧。
  56. ^ ミャンマー議会開幕 上下両院議長に退役将軍”. 2011年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月16日閲覧。
  57. ^ スー・チーさんのNLD、40人当選と選管発表”. yomiuri.co.jp. 『読売新聞』 (2012年4月2日). 2012年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月6日閲覧。
  58. ^ 後発開発途上国(LDC:Least Developed Country)”. 外務省 (2017年6月). 2019年2月5日閲覧。
  59. ^ 【アジアFocus】ミャンマー「危険」印象払拭に奔走/日韓観光客、今月からビザ免除/官民で対策日本の「ゆるキャラ」を活用『日経MJ』2018年10月8日(グローバル面)。
  60. ^ Graeme Jenkins. Burmese junta profits from Chinese pipeline, Telegraph, 2008年1月14日(2010年6月20日閲覧)
  61. ^ WAI MOE (2011年7月22日). “Steven Law’s Rising Empire”. The IRRAWADDY. 2012年3月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月7日閲覧。
  62. ^ a b 工藤年博. “テイン・セイン政権の3年:改革の成果とポスト2015年 (PDF)”. 一般社団法人日本貿易会. 2016年4月27日閲覧。
  63. ^ 「ミャンマーに生鮮供給網/現地財閥ダゴン・双日など/都市化対応 輸出も視野」日本経済新聞』朝刊2018年6月27日(国際・アジアBiz面)2018年6月29日閲覧。
  64. ^ Burma, The World Factbook”. CIA (2011年7月14日). 2011年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月6日閲覧。
  65. ^ “ミャンマー:「民政移管」 アジア最後のフロンティア、経済成長なるか”. 『毎日新聞』. (2011年2月7日). http://mainichi.jp/select/world/news/20110207ddm012030048000c.html 2011年2月8日閲覧。 
  66. ^ “ミャンマー、外銀9行に免許 邦銀は最多の3行円借款や工業団地造成… 経済成長へ日本重視”. 『日本経済新聞』. (2014年10月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF01H18_R01C14A0EE8000/ 2014年10月25日閲覧。 
  67. ^ “【経済インサイド】ミャンマー銀行免許「日本完勝・韓国全敗」の凄まじき明暗の理由”. 夕刊フジ. (2014年10月22日). http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20141022/frn1410221540006-n1.htm/ 2014年10月25日閲覧。 
  68. ^ ミャンマー国軍を非難せず安定化訴え 軍政時代から関係緊密―中国”. 時事通信 (2021年2月1日). 2021年2月2日閲覧。
  69. ^ “米政府、対ミャンマー制裁を緩和 国営10社と取引可能に”. BBC (日本語). (2016年5月18日) 2021年3月28日閲覧。
  70. ^ “米欧、ミャンマー制裁も協調 クーデター巡り”. 日本経済新聞 (日本語). (2021年3月23日) 2021年3月28日閲覧。
  71. ^ ミャンマーへの圧倒的存在感を強める中国”. ウェッジ (2020年2月7日). 2020年7月6日閲覧。
  72. ^ “中国、対ミャンマー制裁批判 米英念頭に「出しゃばるな」“ (日本語). 時事通信. (2021年4月2日) 2021年4月2日閲覧。
  73. ^ 藤井厳喜「教科書が教えない歴史 ミャンマー、インドネシア独立に尽力した日本人に勲章」『夕刊フジ』2014年2月26日
  74. ^ ミャンマー連邦共和国(Republic of the Union of Myanmar)”. 外務省. 2020年7月6日閲覧。
  75. ^ “ミャンマーに最先端スマートシティ 日本政府が全面協力、インフラ輸出促進”. 『産経新聞』. (2012年2月29日). オリジナルの2012年2月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120301122623/http://sankei.jp.msn.com/world/news/120229/asi12022900590001-n1.htm 2015年8月25日閲覧。 
  76. ^ ロヒンギャ弾圧と経済制裁のジレンマがアウンサンスーチーを追い込む”. ニューズウィーク (2018年10月13日). 2020年7月6日閲覧。
  77. ^ “ミャンマーのデモ弾圧「強く非難」 茂木外相が談話”. 日本経済新聞 (日本語). (2021年3月28日) 2021年3月28日閲覧。
  78. ^ The Military Balance 2008. International Institute for Strategic Studies(IISS). (2008) 
  79. ^ “ミャンマー、核兵器開発に着手か=反軍政メディアが証拠放映”. 時事通信. (2010年6月4日). http://jiji.com/jc/c?g=int_date2&k=2010060400804 2010年6月5日閲覧。 
  80. ^ “Myanmar 'nuclear plans' exposed”. アル・ジャジーラ. (2010年6月4日). http://english.aljazeera.net/news/asia-pacific/2010/06/2010642542469132.html 2010年6月5日閲覧。 
  81. ^ “【米公電流出】ミャンマーが秘密の地下核施設? 北朝鮮関与も”. 『産経新聞』. (2010年12月10日). http://sankei.jp.msn.com/world/asia/101210/asi1012101256002-n1.htm 2010年12月11日閲覧。 
  82. ^ ミャンマーの基本情報”. 株式会社ワールドトラベル. 2013年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月31日閲覧。
  83. ^ ミャンマー人口「実は5000万人」1000万人下方修正――国勢調査で判明” (2014年8月30日). 2021年4月6日閲覧。
  84. ^ 英語版(en)の数値
  85. ^ Department of Population Ministry of Labour, Immigration and Population MYANMAR (July 2016). The 2014 Myanmar Population and Housing Census Report Volume 2-C. Department of Population Ministry of Labour, Immigration and Population MYANMAR. pp. 12–15 
  86. ^ Naming System in Burma”. ジャーナリズム論を学ぶ学生Aung Kaung Myat氏の個人ブログサイト (2016年2月7日). 2021年4月7日閲覧。
  87. ^ Daw Mi Mi Khaing (1958年2月). “Burmese Names A Guide”. 2021年4月6日閲覧。
  88. ^ a b Chan Myae Khine (2012年7月20日). “Myanmar's Unique Naming System”. Global Voices. 2021年4月6日閲覧。
  89. ^ 名前の多様性”. 長崎新聞 (2019年5月23日). 2021年3月3日閲覧。
  90. ^ 根本敬『物語 ビルマの歴史 王朝時代から現代まで』中央公論新社、2014年
  91. ^ ミャンマー 成長のタクト/国立楽団、日本人指導で上達「誇らしげな顔、なによりうれしい」『朝日新聞』夕刊2018年4月12日(2018年5月6日閲覧)。
  92. ^ Examination of nominations of cultural and natural properties on the World Heritage List and the List of World Heritage in Danger / whc-97-conf208-10e (PDF) , p.16
  93. ^ 佐滝 (2006) 『旅する前の「世界遺産」』文藝春秋社文春新書〉、p.203
  94. ^ 大野, 徹『ビルマ(ミャンマー)語辞典』大学書林、2000年、490頁。ISBN 4-475-00145-5



ミャンマー

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 23:05 UTC 版)

固有名詞

  1. 東南アジアにある正式名称ミャンマー連邦旧称ビルマ首都ネピドーピンマナ郊外建設された都市、旧首都ヤンゴン旧称:ラングーン))

別表記

関連語

翻訳




ミャンマーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ミャンマー」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミャンマー」の関連用語

ミャンマーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミャンマーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミャンマー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのミャンマー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS