タイ国とは?

Weblio 辞書 > 食品 > 焼酎・泡盛用語 > タイ国の意味・解説 

タイ国(たいこく)

現在のタイ国。沖縄泡盛製法はしゃ羅より伝えられたといわれている。しゃ(Sien)と羅かん(Lo-hok)の二つの国から成るところからしゃむ羅の名が生まれ1932年立憲革命絶対王政倒れるまでシャムと称した。江戸前期の儒学者中村てき斎(さい)の啓蒙書『麹(きく)本草』にしゃ羅国焼酎記録があり、焼酎の歴史中国より古いと思われるアユタヤ朝時代1371年、明に入貢し、1388年にはわが国使節奈工を派遣している。『中山世譜武寧王の条に、1404年、しゃむ羅船が琉球に来たとあり、尚思紹1425年には最初交易船がしゃむ羅に派遣され、1570年交通途絶えるまで合計45回、五八隻の船がしゃむ羅に通った。琉球王にあてたしゃむ羅国によれば交易品の中には香花白酒、蜜林檎(りんご)香白酒、その他椰子酒果実酒からつくった蒸留酒が含まれており、琉球焼酎の誕生を促した。

タイ国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/03/26 04:09 UTC 版)

この項目には、一部のコンピュータや一部の閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています(詳細)。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タイ国」の関連用語

タイ国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



タイ国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2019.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタイ国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS