啓蒙とは? わかりやすく解説

啓蒙

読み方:けいもう
英語:enlightenment

啓蒙の意味、啓蒙とは

啓蒙とは、知らない人を教え導くという意味。啓は教え導くという意味の漢字で、蒙は道理にくらい人、道理を分かっていない人という意味の漢字である。古く後進的な知識しか持たない人々先進的知識教え広めるという意味に使用された。啓蒙の語は例えば、迷信を信じている人々科学的知識教えて広めるといった意味、文明人非文明人物の道理教えるといった意味に使った。一般大衆特権階層の人が指導するといった色合い込めて使われた時代もあった。

啓蒙の語は現代では、ある分野において余り知識のない人に対してその分野の専門家画期的な方法指導するといった意味で使用することが多い。公衆衛生教育などの社会活動工場現場管理方法などの産業活動などあらゆる面に使用される。啓蒙をする活動のことを啓蒙活動という。医師組織病気に関する正し知識普及する活動臓器移植ドナー登録に関する知識を拡げようとする活動などがこれに当たる

啓蒙思想

啓蒙思想は、啓蒙主義思想とも呼ばれる歴史的思潮のことである。17世紀末ごろから18世紀ヨーロッパ全域広がり見せた。それまで価値観聖書神学によって築かれたものであり、教会絶対君主政治的にも経済的にも権威を握っていた。現代的感覚からみれば非常に理不尽政治行われ法的裏付け人権意識もないまま一市民圧政耐えることも少なくなかった。啓蒙思想このような宗教的かつ封建的考え方から離れて、理性科学によって理論的物事考え社会構築しようという考え方である。

啓蒙思想例としてスコットランドジョン・ロックによる「市民政府二論」が挙げられる市民政府二論は、民主政治在り方示したもので、この考え方フランスにも伝搬モンテスキュールソーに引き継がれた。モンテスキューは、著書法の精神」で三権分立説いたまた、ルソーは「社会契約論」で国の主人民あるべきだと主張した。これらの考え方が、市民にも広く賛同されることとなり、やがてはイギリスにおいては名誉革命フランスにおいてはフランス革命へとつながっていった。

経済論において啓蒙思想影響を受け、なおかつ画期的な論理展開したのは「国富論」を記したアダム・スミスである。「国富論」は近代経済学の最も最初に論じられた論文であり、自由主義経済学の始まりになったものである啓蒙主義芸術にも影響与えている。音楽家啓蒙主義影響を受けたのがラモーバッハメンデルスゾーンなどである。

啓蒙専制君主

啓蒙専制君主とは、啓蒙主義影響を受けた君主のことである。元は封建主義的な絶対君主であったものが啓蒙思想影響を受けて人権意識科学的思想法律整備などをして開放的政治行った啓蒙専制君主君主も国の一機関であり、国の治世法律に基づくものである規定する。一方で君主権力あくまでも絶対的なものであり最終的政治決断君主にゆだねられるものとするなど、大きな矛盾はらんだ政治制度であった。また、人権意識未熟なもので民衆権利君子から与えられたものであるとした。そのため公平性大きな問題を残していた。このような政権を布いた国王としてはプロイセンフリードリヒ2世オーストリアヨーゼフ2世などが知られている。これらの啓蒙専制君主啓蒙思想傾倒した要因一つ科学的進歩による経済発展である。専制君主たちは専制的な体質啓蒙思想折衷した政治論理を作ることで国を経済的に豊かにしようと考えのである

日本の啓蒙思想家

日本における啓蒙思想家としては、明治時代福沢諭吉西周加藤弘之がいる。福沢諭吉思想家であり教育者で、西周もまた哲学者であり教育者である。加藤弘之政治学者であり、同じく政治学者では天皇機関説有名な美濃部達吉がいる。


けい‐もう【啓×蒙】

[名](スル)《「啓」はひらく、「蒙」はくらいの意》人々正し知識与え合理的な考え方をするように教え導くこと。「大衆を—する」「—書」


啓蒙思想

(啓蒙 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 02:33 UTC 版)

啓蒙思想(けいもうしそう、: Enlightenment: Lumières: Aufklärung)とは、理性による思考の普遍性と不変性を主張する思想。その主義性を強調して啓蒙主義(けいもうしゅぎ)ともいう[1]。ヨーロッパ各国語の「啓蒙」にあたる単語を見て分かるように、原義は「光」あるいは「光で照らすこと」である[2]。自然の光(ラテン語: lumen naturale)としての理性を自ら用いて超自然的な偏見を取り払い、人間本来の理性の自立を促すという意味である。




「啓蒙思想」の続きの解説一覧

啓蒙

出典:『Wiktionary』 (2021/10/29 22:16 UTC 版)

名詞

けいもう

  1. 蒙昧な状態を啓発すること。教育施し良い方向へ導くこと。
  2. 人々教えて広めること。

類義語

複合語

翻訳

動詞

する (けいもうする)

  1. (他動詞) 〔人に〕正し考え方知識教え良い方向へ導く。
  2. (他動詞)正し考え方知識を〕人々教えて広める。

活用

啓蒙-する 動詞活用日本語活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
啓蒙

する する すれ せよ
しろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 啓蒙しない 未然形 + ない
否定 啓蒙せず 未然形 + ず
自発受身
可能・尊敬
啓蒙される 未然形 + れる
丁寧 啓蒙します 連用形 + ます
過去・完了・状態 啓蒙した 連用形 + た
言い切り 啓蒙する 終止形のみ
名詞化 啓蒙すること 連体形 + こと
仮定条件 啓蒙すれば 仮定形 + ば
命令 啓蒙せよ
啓蒙しろ
命令形のみ

翻訳


「啓蒙」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「啓蒙」の関連用語

啓蒙のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



啓蒙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの啓蒙思想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの啓蒙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS