性善説とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > > 性善説の意味・解説 

性善説

読み方:せいぜんせつ

「性善説」とは、人間本性は善であることを意味する表現

「性善説」の基本的な意味

「性善説」は、人間は本来善の心を持っているとする説中国戦国時代儒学者思想家である「孟子(もうし)」が唱えた説である。人間は善の端緒持ち努力して発展させれば誰もが善人聖人になれるとしている。人間生まれながらにして善の心を持っているが、放っておくと悪になる可能性があるため、善人になるためには努力惜しんではいけないといった意味だ。「立派な人間になるには努力が大切」といった意味であることから、「人は本来善人だから信用するべき」などの使い方誤用である。

ビジネスにおいては、性善説の間違った解釈である「善人として信頼・信用する」が使われるのが一般的だ例えば「性善説に基づいて契約する」などは、相手信頼して不正をおこなわないと信じて取引する、といった意味である。日本では相手善人として信用することからビジネスを始める場合が多いが、海外では通用しないとする声も少なくない外国企業との取引においては、性善説だけでなく「性悪説」も重要だとする企業は多い。

「性善説」の発音・読み方

「性善説」の読み方は「せいぜんせつ」。

「性善説」の語源・由来

「性善説」の語源は、中国儒学者である孟子言葉とされる。「性」は人間本性本質指し、「善」は善行道理かなっているといった意味を持つ。性善説の根本作っているとされるのが「四端説」である。四端とは、四つ端緒・きざしといった意味で「惻隠羞悪辞譲・是非」の四つ感情を指す。「惻隠」は、他者見て自然と湧き上がるかわいそうや憐みといった心。「羞悪」は、自分他者悪行憎んだり恥じたりする心。「辞譲」は、謙遜へりくだったりして相手に譲る心。「是非」は、物事について正しかどうか考えて良し悪し判断する心。

人間誰にでも四端の心」が存在し努力して発展させることで「仁・義・礼・智」の徳に到達するとされている惻隠は仁の端・羞悪義の端・辞譲は礼の端・是非は智の端である。人は努力して四端伸ばすことで、人間が持つ善を発揮でき、誰でも聖人になれる可能性があるといった考え方だ。

「性善説」と「性悪説」の違い

性悪説」とは、人間本性は悪であるとする説中国思想家である「荀子じゅんし)」が、孟子の性善説に反対して唱えた説だ。人間本質は悪であり、善は後天的作り出した結果であることから、努力次第では悪を克服して善人になれるといった考え方である。性悪説の悪とは、人間は弱い存在であり、煩悩快楽流されやすい欠点を持っていること指すため、犯罪悪事意味するものではない。性善説が「人間本性は善である」といった考え方であるのに対し性悪説は「人間本性は悪である」とする考え方である。性善説と性悪説は、人間始まり善か悪か主張違いはあるが、どちらも努力しなければ立派な人間になれない」といった考え方同じだ

性悪説は「努力をして悪を克服して善人になる」といった意味を持つことから、「人は本来悪だから疑うべき」などの使い方誤用だ。ビジネスにおいては誤用の意味の「相手悪人だから不正をおこなう前提として接する」として使われるのが一般的だ日本国内ビジネスでは、性善説が用いられる場合が多い。

せいぜん‐せつ【性善説】

読み方:せいぜんせつ

人間にはもともと善の端緒そなわっており、それを発展させれば徳性にまで達することができるとする説孟子唱えた。⇔性悪説


せいぜんせつ 【性善説】

人間本性は善であるとする中国孟子の説。人は先天的に仁と義具えもっているとして、それに基づ道徳による政治主張した。だがこの説は、それではなぜ悪心起こるのかの説明できないため、後代朱子はこの性善説を継承しながらも人の性を「本然の性」と「気質の性」とに分けて、この難点解決しようとした。→ 性悪説

性善説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/02 07:57 UTC 版)

性善説(せいぜんせつ)とは、人間の本性は善であり、悪は物欲の心がこの性を覆われることで生ずる後天的なものであると主張する説。孟子が唱えた説。逆に人間の本性を悪とする荀子が唱えた性悪説がある。孟子以後は儒教の中心的思想となった[1][2]


  1. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),百科事典マイペディア,ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,精選版 日本国語大辞典,旺文社世界史事典 三訂版,デジタル大辞泉,世界大百科事典. “性善説とは” (日本語). コトバンク. 2022年6月2日閲覧。
  2. ^ 性善説(せいぜんせつ)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2022年6月2日閲覧。


「性善説」の続きの解説一覧



性善説と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性善説」の関連用語

性善説のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



性善説のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2023 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性善説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS