宋学とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 宋学の意味・解説 

そう‐がく【×宋学】

中国宋代学者唱え学問総称。特に周敦頤(しゅうとんい)に始まり、程顥(ていこう)・程頤(ていい)が究め、朱熹(しゅき)に至って大成された新し儒教哲学をさし、狭義には朱子学をさす。経書訓詁(くんこ)・注釈重んじる漢・唐代の方法改め、その哲学的解釈儒教実践に力を入れた。性理学程朱学。→朱子学


宋学

読み方:ソウガク(sougaku)

中国における儒学一派で、南宋の代、朱熹によって大成された学問

別名 朱子学(しゅしがく)


そうがく 【宋学】

宋代確立した新し儒学北宋周敦頤張載程顥程頤らが、陰陽五行説老荘哲学仏教教理などを取り込んで体系づけし、南宋朱熹集大成した。程朱学朱子学とも。朱子学対立した宋の陸九淵らの心学派や、陳亮葉適らの事功学派永嘉学派)なども含めていう場合がある。→ 朱子学

宋明理学

(宋学 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 04:30 UTC 版)

宋明理学(そうみんりがく)は、中国の宋代から明代にかけて流行した思想を指す言葉で、朱子学陽明学のこと[1]。宋以後の思想史の中で最も重要な位置を占める[1]。宋代・明代の儒学を代表するテーマが「」であることからその名がつき、単に「理学」とも呼ばれる。


  1. ^ a b 島田 1983, p. 255.
  2. ^ 西 1983, p. 262.
  3. ^ 島田 1983, p. 262.


「宋明理学」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宋学」の関連用語

宋学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宋学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宋明理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS