孟子とは?

もうし〔マウシ〕【孟子】

[一][前372ころ〜前289中国戦国時代思想家。鄒(すう)(山東省)の人。名は軻(か)。字(あざな)は子輿(しよ)。仁義王道による政治を説き、自ら孔子継承者をもって任じ、性善説易姓革命説を唱えた。後世、「亜聖(あせい)」と称される。

[二][一]言行思想を記した書。7編。後漢趙岐(ちょうき)が各編を上下分けて注を加え14巻とした。宋代以降経書数えられ、朱熹(しゅき)の「孟子集注」により四書一つとして重んじられた。


もう‐し マウ‥ 【孟子】

古くは「もうじ」とも)

[一] 中国戦国時代儒家山東省)の鄒(すう)の人。名は軻(か)。前四世紀後半活躍した。性善説に立ち、人は修養によって仁義礼智の四徳成就する可能性をもつことを主張また、富国強兵覇道としてしりぞけ、仁政徳治による王道政治提唱後世孔子と並んで孔孟と称され、亜聖名がある孟母三遷孟母断機物語後世伝説生没年未詳

[二] 中国儒教経典四書一つ七編(一)言行をその弟子編纂したもの性善説中心に仁義礼智を説き、王道政治提唱宋代朱子によって四書に列せられてから特に盛行日本では、易姓革命主張わが国体とが相容れないとして忌避傾向もあったが、江戸時代にはいって朱子学流行とともに必読の書となった。


もうし 【孟子】

古くはモウジとも)儒家孟子が孔子の道を祖述して仁義を説き、また遊歴の時、諸侯弟子問答したことを記した書。恵王公孫丑・文公離婁万章告子尽心七編から成る諸子一人にすぎなかった孟子のこの著を経書にまで昇格させたのは後代宋儒で、宋の朱子は、この著を『論語』と並べ、これに『大学』『中庸』を合して「四書」と称し尊重した。→ 孟子(前項

孟子

読み方:モウコ(mouko)

所在 和歌山県海南市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

孟子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 00:14 UTC 版)

孟子(もうし、簡体字: 孟子拼音: Mèngzǐ紀元前372年? - 紀元前289年?)は、中国戦国時代儒学者、思想家。[1]子輿しよか。亞聖あせいとも称される。「子」は先生という意味で尊称。孔子の孫である子思の門人に学業を受けたとされ、儒教(特に朱子学)では孔子に次いで重要な人物とされる。そのため儒教は別名「孔孟の教え」とも呼ばれる。


  1. ^ 孟孫氏一門
  2. ^ 『孟子「梁恵王篇」』による
  3. ^ 『孟子「公孫丑篇」』による
  4. ^ 『孟子「公孫丑篇」』
  5. ^ 現代中国語では、「孟子」は「モンズー Mèngzǐ」、『毛詩』は「マオシー Máoshī」と発音するため、混同はない。
  6. ^ 趙岐『孟子題辭』「是ニ於テ退キテ高弟弟子公孫丑・萬章ノ徒ト、疑ヲ難キ問ニ答ヘシ所ヲ論集シ、又自ラ其ノ法度ノ言ヲ撰ビ、書七篇二百六十一章・三萬四千六百八十五字ヲ著ハス。」
  7. ^ 小林勝人『孟子』下、岩波文庫、1972年。に引く武内義雄「孟子について」pp.454-457。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「孟子」の関連用語

孟子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



孟子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの孟子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS