姓とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > の意味・解説 

かばね【姓】

上代、氏(うじ)を尊んだ称。氏そのもの、または朝臣(あそみ)・宿禰(すくね)など、氏の下に付けてよぶものをいうまた、両者をあわせたものをも「かばね」とよぶ。狭義には、朝臣宿禰などのことをさす。古代の「かばね」には、臣(おみ)・連(むらじ)・造(みやつこ)・君(きみ)・直(あたえ)など数十種あり、氏の出自よるものと、氏の職業与えられたものとがある。

天武天皇13年684)の八色(やくさ)の制で定められたもの。真人(まひと)・朝臣宿禰忌寸(いみき)・道師(みちのし)・臣(おみ)・連(むらじ)・稲置(いなぎ)の「かばね」を諸臣に与えて、氏族身分秩序確立しようとしたもの


しょう〔シヤウ〕【姓】

氏(うじ)。名字。せい。

「―はむばらになむありける」〈大和・一四七〉


せい【姓】

常用漢字] [音]セイ(漢) ショウシャウ)(呉) [訓]かばね

〈セイ

同じ血統を表す、一族の名。「百姓同姓不婚

名字。「姓氏姓名改姓旧姓他姓

〈ショウ〉に同じ。「小姓素姓(すじょう)・百姓

名のり]うじ


せい【姓】

名字(みょうじ)。氏(うじ)。「姓が変わる」

⇒かばね(姓)


そう〔サウ〕【姓】

《「しょう」の直音表記》「せい(姓)1」に同じ。

「帝(みかど)の御子三春といふ―を賜はりて」〈宇津保・藤原の君〉


しょう【井/正/生/声/姓/性/青/政/星/省/清/聖/精/請】

〈井〉⇒せい

〈正〉⇒せい

〈生〉⇒せい

〈声〉⇒せい

〈姓〉⇒せい

〈性〉⇒せい

〈青〉⇒せい

〈政〉⇒せい

〈星〉⇒せい

〈省〉⇒せい

〈清〉⇒せい

〈聖〉⇒せい

〈精〉⇒せい

〈請〉⇒せい


読み方:カバネkabane

古代豪族が用いた世襲称号


読み方:セイsei

律令時代人々付与された呼称


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/15 14:32 UTC 版)

(せい)は、東アジア漢字文化圏で用いられる血縁集団の名称。その範囲は地域時代によって変動し、名字といった他の血縁集団名と様々な階層関係にあった。近代以降、ヨーロッパなどの他の文化圏の血縁集団名、家系名の訳語としても用いられている。


注釈

  1. ^ 例えば、平清盛(Taira no Kiyomori)、徳川家康(Tokugawa Ieyasu)、坂本龍馬(Sakamoto Ryōma)、東郷平八郎(:Tōgō Heihachirō)など。詳細は英語版en:Japanese_name#Historical_namesを参照。おおむね江戸時代幕末までに誕生した人物に適用され、明治生まれだと野口英世もHideyo Noguchiの形になる。

出典

  1. ^ 法務省 我が国における氏の制度の変遷
  2. ^ 法令全書明治九年1453頁
  3. ^ 津南新聞「今週のねっとわーく」2005年10月
  4. ^ 谷谷谷さんも一口さんも 珍名お任せ、福岡のハンコ店朝日新聞 2016年11月6日
  5. ^ 日本の姓の全国順位データベース”. 静岡大学 人文学部 言語文化学科 比較言語文化コース 言語学分野 城岡研究室. 2008年9月3日閲覧。
  6. ^ a b 国際社会に対応する日本語の在り方(答申)(抄)”. 文部科学省 (2000年12月8日). 2013年1月18日閲覧。
  7. ^ 日本人名のローマ字表記について(日本サッカー協会公式サイト 2012年4月1日)
  8. ^ https://jipsti.jst.go.jp/sist/qa/answer.html#q21
  9. ^ https://jipsti.jst.go.jp/sist/qa/answer.html#q22
  10. ^ 公用文等における日本人の姓名のローマ字表記について (PDF) (首相官邸 2019年10月5日)
  11. ^ 日本人の名前のローマ字表記について (PDF) (日本放送協会 2019年3月27日)
  12. ^ See International Who's Who, which is recommended for this purpose by the Chicago Manual of Style.
  13. ^ See Merriam-Webster's Biographical Dictionary, Merriam-Webster's Collegiate Dictionary, and Encyclopædia Britannica. See also Chicago Manual of Style, "Personal names-additional resources" (§8.3): "For names of well-known deceased persons, Chicago generally prefers the spellings in Merriam-Webster's Biographical Dictionary or the biographical section of Merriam-Webster's Collegiate Dictionary."
  14. ^ 藤永丈司「英語で自己紹介|恥をかかない!厳選9つのポイント」マイスキ英語、2018年7月11日更新。2019年5月10日閲覧。自己紹介における姓名は、I am+名前(+名字)あるいはMy name is+名前(+名字)とされる。
  15. ^ a b c d e Power, p. C4-2.
  16. ^ a b c d 国語審議会「国際社会に対応する日本語の在り方 三.国際化に伴うその他の日本語の問題」文部科学省、2000年12月8日。「日本人の姓名については、ローマ字表記においても「姓-名」の順(例えばYamada Haruo)とすることが望ましい」との提言がされている
  17. ^ a b c d e f Saeki, Shizuka. "First Name Terms." Look Japan. June 2001. Volume 47, No. 543. p. 35.
  18. ^ Edith Terry,"How Asia Got Rich",M.E. Sharpe,2002,ISBN 076560356X, 9780765603562,p.632.
  19. ^ SWETについて」日本語公式ページにも同団体の訳語が存在せず、頭字語の「SWET」で統一されている。直訳するなら「作家・編集者・翻訳者の協会」。
  20. ^ 文化庁「国語に関する世論調査」、ただしネット要約では姓名順序に関するデータ未掲載。


「姓」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/03/21 15:15 UTC 版)

発音

名詞

  1. かばね古代日本において、大王おおきみから与えられたとされるおみむらじ等の称号氏族集団であるうじとともに氏姓制度といわれ古代日本の政治制度根幹をなすものとされている。684年天武天皇が、八色の姓定め再編
  2. セイ)ある人が属している法的血縁集団を示す名称

類義語

翻訳

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



姓と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「姓」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

姓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



姓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの姓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS