勘当とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > 勘当 > 勘当の意味・解説 

かん‐どう〔‐ダウ〕【勘当】

[名](スル)

親が子との縁を切ること。江戸時代には奉行所届け出が必要であった。また、主従関係師弟関係を断つことにもいった。「放蕩息子を―する」

《法に合わせ勘(かんが)えて罪に当てる意から》責めてしかること。

「宮より重く―せられしかば」〈宇津保・国譲上〉


勘当

読み方:カンドウ(kandou)

江戸時代、親が子の所業こらしめるために親子の縁を絶ったこと


勘当

読み方:カンドウ(kandou)

主従師弟親子関係断絶すること。


勘当

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 13:49 UTC 版)

勘当(かんどう)は、親が子に対して親子の縁を切ること。


  1. ^ AMERY, Rt Hon. Leopold Stennett[リンク切れ] at Who Was Who 1997-2006 online (accessed 11 January 2008)


「勘当」の続きの解説一覧



勘当と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「勘当」の関連用語

勘当のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



勘当のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの勘当 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS