認知とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 認知の意味・解説 

にん‐ち【認知】

読み方:にんち

[名](スル)

ある事柄はっきりと認めること。「反省すべき点を―する」

婚姻関係にない男女間に生まれた子について、その父または母が自分の子であると認め法律上親子関係発生させること。

cognition心理学で、知識を得る働き、すなわち知覚記憶推論問題解決などの知的活動総称する

「認知」に似た言葉

認知(にんち)

家族親子関係戸籍関わる用語

婚姻外で生まれた子を、自分の子と認めること。民法は母からの認知についても規定しているが、母子関係出生によって生じると解されているため、現実には認知は父と子の関係問題となる。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

認知

出生嫡出か否か 1によっても分類される厳密にいえば嫡出子 2とは父と母妊娠時結婚していた子供と定義できようしかしながら実際にはその分類は出生時における、または婚姻の解消(510-3)後であれば妊娠時における、母親配偶関係しだいである。有配偶の母による出生嫡出出生 3他の出生非嫡出出生 4である。婚前妊娠 5(すなわち、結婚前起こ妊娠)から生まれた子供も、両親出生時結婚していれば嫡出子とみなすのが一般的慣行である。非嫡出出生児 6あるいは婚外出生児 6両親その後結婚して嫡出子とされる 8かもしれない嫡出子化訳注) 9とは、非嫡出子嫡出子の持つすべてまたは一部法的権利与えることであるが、その手続きは国によって異なる一部の国の法制度の下では、父親非嫡出子を認知 7すること、すなわち自分子供父親であることを法律上認めることが可能である


知覚

同義/類義語:認知
英訳・(英)同義/類義語:perception

感知した物体などの意味理解し認識する能力
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  皮膚感覚  眼けん反射  瞳孔反射  知覚  短日処理  短日植物  短期記憶

認知


認知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 06:47 UTC 版)

認知(にんち)とは、心理学などで、人間などが外界にある対象を知覚した上で、それが何であるかを判断したり解釈したりする過程のこと。


  1. ^ 『社会学入門(新版)』38頁(袖井孝子執筆部分)、(有斐閣、1990年)


「認知」の続きの解説一覧

認知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 10:09 UTC 版)

ヒトの脳」の記事における「認知」の解説

詳細は「認識を参照 脳は認知作用の場であり、それは多くのプロセス実行機能英語版を通じて遂行される実行機能には、集中力と認知抑制英語版)により情報取捨選択重要でない刺激無視する能力ワーキングメモリ蓄えた情報処理し操作する能力認知的柔軟性英語版)を以って複数の事を同時に考えて課題切り替える能力抑制制御英語版)により衝動優性反応抑制する能力情報妥当性や行動の適切さ決定する能力といったもの挙げられる高次実行機能には、計画立案流動性知能英語版)(いわゆる理性)、問題解決といった複数基本的実行機能同時使用必要である前頭前皮質実行機能統括において重要な役割を果たす計画立案では、背外側前頭前野英語版)、前帯状皮質、角前頭前野右側前頭前野縁上回活性化伴なうワーキングメモリ操作では、背外側前頭前野下前頭回頭頂葉いくつかの領域関わる抑制制御英語版)では前頭前野複数領域に加えて尾状核視床下核関わる

※この「認知」の解説は、「ヒトの脳」の解説の一部です。
「認知」を含む「ヒトの脳」の記事については、「ヒトの脳」の概要を参照ください。


認知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 01:27 UTC 版)

実用英語技能検定」の記事における「認知」の解説

実用的であるこから人気を集めている。 中学校高等学校大学大学院などでは、取得に応じて合格判定優先されたり、内申点加算されたりする優遇措置がある他、入学後英語科目の単位として認定されることがあるまた、一定の級やスコア取得出願条件になっている場合もある。 1級合格者は、「通訳案内士試験」の筆記試験のうち「外国語(英語)」が免除される準2級から1級取得者は、「高等学校卒業程度認定試験」の試験科目「英語」が免除となる。 2級以上の合格者は、警視庁警察官採用試験第1次試験成績一部利用される工業高等学校および高等専門学校ジュニアマイスター顕彰制度では、準1級から1級合格者には20ポイントが、2級合格者には7ポイントが、準2級合格者には4ポイント付与される日本英語検定協会によれば実用英語技能検定は、アメリカ合衆国・オーストラリア・カナダ・ニュージーランド等で約400教育機関認められている。 英検留学資格として利用する場合は、合格証明書の発行日より2年有効であり、また出願先独自に有効期間設けている場合がある留学以外の目的で取得した資格半永久的に利用できる[要出典]。 都道府県教育委員会のうち3分の1語学教師就職選考英検スコア要求する全国公立中学校および高等学校対象とした平成30年度調査によると、英検準1級以上またはTOEIC730点以上の資格を有する英語教師割合は、中学校教員で36.2%、高校教員で68.2%であった英検個人学習進捗測るのに使うよう設計されており、コミュニケーション能力または英語運用能力水準判定するには不十分だEdward Sarichは2012年評した

※この「認知」の解説は、「実用英語技能検定」の解説の一部です。
「認知」を含む「実用英語技能検定」の記事については、「実用英語技能検定」の概要を参照ください。


認知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 20:25 UTC 版)

ピエール・ラビ」の記事における「認知」の解説

1978年ピエール・ラビはCefraによる農耕生態学形成および発展の責を担っていた。1981年より、ブルキナファソ政府依頼応じ形で、Criad(農業発展のため国際交流機関)の援助と共に、≪国境なき農夫≫として現地赴いた1985年ブルキナファソはゴロンゴロンにおいて、Le Point-Mulhouseの援助をもとにアフリカ大陸初のアグロエコロジーに関する養成機関設けた1988年フランスエロー県議会による援助で、「開発発展応用される実践交流合流地という意味団体であるCiepadを立ち上げたまた、農業定着最適化されたモジュールをはじめとし、注意喚起および養成プログラム多くの発展促す活動対外的行った。(例:モロッコパレスチナアルジェリアチュニジアセネガルトーゴベナンモーリタニアポーランドウクライナなど) 1992年には、チュニジアガベスにあるオアシス修復計画着手し1994年からは各地でのオアシス活動活発化させ、肥沃な自然・大地への回帰と、社会関係再編成励んだ同年アグロエコロジー促進および伝達目的とした協会であるLes Amis de Pierre Rabhi立ち上げた1998年にTerre&Humanismeへと改名した1997,98年には、国連要請答え形で国連砂漠化対処条約作成参加しその実に関して具体的な提案求められた1999年から2001年にかけてニジェール共和国マリ共和国において新たな開発事業興した2002年には、大統領選への出馬のため、Mapic (Mouvement Appel Pour une Insurrection des Consciences)≪良心抵抗への呼びかけ運動≫を立ち上げたしかしながら、本来500票の推薦必要なところ、184票の得票に留まった。 2003年、ミシェル・ヴァレンタンと出会い、そして、彼と共にLes Amaninsと呼ばれる団体を、ドローム県ラ・ロッシュシュルグランにて立ち上げた。この非営利目的団体は、「農業教育建築」の三つ行動に基づいて活動していた。ちなみにそれらの行動軸は「どんな地球子供たち遺すか」、「どんな子供たち地球遺すか」という課題から成っている。また、彼は自発的質素衰退テーマとした会合研修定期的に行っていた。 アルテルモンディアリスム立役者として見なされており、ヨーロッパ社会フォーラム催された際に招待された。また、いくつかの発表の中の一つに「国際化身を捧げるということ」という表題をつけた。2007年、イザベル・デスプラやシリル・ディオンらと共にヒューマニズム地球のための活動、「ハチドリ運動」を組織したまた、新たな社会像を生み出すこと携わる全ての人導き繋げ支える」ことを組織の目標および目的としている。また、彼はフランス月刊誌であるLa Décroissance の編集委員会に属しており、また、生物多様性保全生産有機農業生体力学由来種子流通など)や、耕作済み土地再生実現目指す団体Kokopelli副会長でもある2011年グルノーブルにあるシャンポリオン高等学校から「持続可能な開発」賞を受賞した

※この「認知」の解説は、「ピエール・ラビ」の解説の一部です。
「認知」を含む「ピエール・ラビ」の記事については、「ピエール・ラビ」の概要を参照ください。


認知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/26 22:02 UTC 版)

ハリー・ガーランド」の記事における「認知」の解説

ガーランドコンピュータ業界への貢献は、数多く書籍テレビ番組認められており、Financial News Network、The Personal Computer Show、The Screen Savers、PBSドキュメンタリー番組"Triumph of the Nerds"などに出演している。 カラマズー大学からSesquicentennial Award150年祭賞)とDistinguished Alumni Award(優秀卒業生賞)を受賞している。 Understanding IC Operational Amplifiers(ICオペアンプ理解)、Understanding CMOS Integrated Circuits(CMOS集積回路理解)、Introduction to Microprocessor System Design(マイクロプロセッサシステム設計入門)の3冊の著書がある。 20件の米国特許取得している。

※この「認知」の解説は、「ハリー・ガーランド」の解説の一部です。
「認知」を含む「ハリー・ガーランド」の記事については、「ハリー・ガーランド」の概要を参照ください。


認知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/27 00:38 UTC 版)

ロジャー・メレン」の記事における「認知」の解説

メレンは、IEEE論文誌Charge-Coupled Devices: Technology and Applicationsの編集者務めた他にもUnderstanding IC Operational Amplifiers(ICオペアンプ理解)とUnderstanding CMOS Integrated Circuits(CMOS集積回路理解)の2冊技術書執筆している。 メレンコンピュータ業界への貢献は、数多く書籍テレビ番組認められており、PBSドキュメンタリー番組"Triumph of the Nerds"などに出演している。 メレン50米国特許取得している。

※この「認知」の解説は、「ロジャー・メレン」の解説の一部です。
「認知」を含む「ロジャー・メレン」の記事については、「ロジャー・メレン」の概要を参照ください。


認知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 01:43 UTC 版)

攻撃戦だ」の記事における「認知」の解説

オリジナルのユン・ヘヨン歌唱版(普天堡電子楽団公演版はワンジェサン芸術演奏)、混声重唱合唱版(銀河水管弦楽団)や、牡丹峰楽団による演奏軽音楽版が知られているほか、『その方理想』とのカップリングによる太鼓舞踊混声傍唱版 『熙川速度強盛大国へ』が発表されており、朝鮮中央放送音楽番組では頻繁にとりあげられている。 2010年北朝鮮の「労働新聞」にて歌詞タイトル発表され同年12月には、YouTubeからニコニコ動画MVとも呼べる動画転載され、大きな反響呼んだ2011年11月15日平壌金日成競技場開催され2014年FIFAワールドカップ・アジア3次予選の「北朝鮮対日本」戦では、平壌市からなる5万人の観衆サッカー北朝鮮代表応援するため試合開始前に『攻撃戦だ』を合唱した日本でも著名な北朝鮮楽曲1つであり、2014年にはJOYSOUND一時攻撃戦だ』の配信交渉中となった。また、東京新大久保NK-POP北朝鮮歌謡イベントでも人気のあるとなっている。

※この「認知」の解説は、「攻撃戦だ」の解説の一部です。
「認知」を含む「攻撃戦だ」の記事については、「攻撃戦だ」の概要を参照ください。


認知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 04:27 UTC 版)

ウィキペディアのコミュニティ」の記事における「認知」の解説

2014年に、ウィキペディアコミュニティ顕彰して、ミヒラン・ハコビアン(英語版)によるウィキペディアモニュメントポーランドスウビツェ設置された。 ウィキペディアのコミュニティは「包括的普遍的にアクセス可能百科事典による知識の普及(の推進)。その達成のためにウィキペディアイニシエーター新し効果的民主的なプラットフォームー世界中の何万人ものボランティア参加する共有プロジェクト設計したことによる2015年エラスムス賞受賞した

※この「認知」の解説は、「ウィキペディアのコミュニティ」の解説の一部です。
「認知」を含む「ウィキペディアのコミュニティ」の記事については、「ウィキペディアのコミュニティ」の概要を参照ください。


認知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 08:20 UTC 版)

カイウ・キムラ」の記事における「認知」の解説

キムラ2009年のパシフィック・センチュリー・フェローに選出された。2020年、『ハワイ・ビジネス(英語版)』誌は、キムラを「ネクスト20」の一人に選んだ

※この「認知」の解説は、「カイウ・キムラ」の解説の一部です。
「認知」を含む「カイウ・キムラ」の記事については、「カイウ・キムラ」の概要を参照ください。


認知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 21:06 UTC 版)

ジューンティーンス」の記事における「認知」の解説

ジューンティーンスの認知はアメリカ各地において様々に異なっている。大半の州は祝典機会、あるいは州の祝日といった何らかの形で認定行っている。州の雇用者有給休暇日として指定されることもある。いくつかの都市では宣言をもって認定行い様々な雇用主被雇用者休暇認め方針を持っている。 1980年テキサス州この日認知した後、多数の州が先例倣った2002年には8州が公式にジューンティーンス認知し4年後に15州が当の祝日認知していた。2008年には半数近くアメリカの州が、当の祝日祝典機会とし遵守していた。2022年2月10日サウス・ダコタ州のクリスティ・ノーム(英語版知事ジューンティーンスを州の祝日とする法案署名したことで、アメリカ全州コロンビア特別区ジューンティーンス祝日あるいは式典日として認知する至った2021年6月15日アメリカ合衆国上院全会一致で、ジューンティーンス連邦祝日英語版)と定める「ジューンティーンス国定独立記念日法案」を可決した続いて6月16日に、法案下院において賛成415票・反対14をもって可決された。6月17日ジョー・バイデン大統領法案署名しジューンティーンス11番目の連邦祝日とする法律成立した

※この「認知」の解説は、「ジューンティーンス」の解説の一部です。
「認知」を含む「ジューンティーンス」の記事については、「ジューンティーンス」の概要を参照ください。


認知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 09:02 UTC 版)

教育心理学」の記事における「認知」の解説

教育過程で、人の心の中が変わっていくことは確かなことである。教育中における心の変化主要な部分は認知 (cognition) の発達である。認知とは、最も簡単に言えばことものについて知ることである。言い換えると認知とは外界からの情報入力し加工し行動へと出力する情報処理過程である。

※この「認知」の解説は、「教育心理学」の解説の一部です。
「認知」を含む「教育心理学」の記事については、「教育心理学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「認知」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「認知」の例文・使い方・用例・文例




認知と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「認知」に関係したコラム

  • CFDの口座開設時における契約内容は

    CFDの口座を開設する時には、CFD業者の提示する契約書に同意しなければなりません。契約書には、銀行に口座を作る時や商品を分割で支払う際のクレジット契約の時などと同様に細かく取引時のルールが明記されて...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「認知」の関連用語

認知のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



認知のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの認知 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヒトの脳 (改訂履歴)、実用英語技能検定 (改訂履歴)、ピエール・ラビ (改訂履歴)、ハリー・ガーランド (改訂履歴)、ロジャー・メレン (改訂履歴)、攻撃戦だ (改訂履歴)、ウィキペディアのコミュニティ (改訂履歴)、カイウ・キムラ (改訂履歴)、ジューンティーンス (改訂履歴)、教育心理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS