触覚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > > 触覚の意味・解説 

しょっ‐かく〔シヨク‐〕【触覚】

物に触れたときに生じる感覚


皮膚感覚

(触覚 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 06:13 UTC 版)

皮膚感覚(ひふ かんかく)とは、触覚圧覚)、痛覚温覚冷覚など、主に皮膚の感覚点に存在する受容細胞によって受容され、体表面に生起すると知覚される感覚のことを指す。深部感覚などとあわせて体性感覚と呼ばれることが多い。


  1. ^ アルプス電気、VR向け触覚デバイス 20年に100億円めざす『日本経済新聞』電子版2016年11月22日(2018年5月18日閲覧)。


「皮膚感覚」の続きの解説一覧

触覚

出典:『Wiktionary』 (2017/11/10 15:35 UTC 版)

名詞

 しょっかく

  1. 物をじる感覚

関連語




触覚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「触覚」の関連用語

触覚のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



触覚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの皮膚感覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの触覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS