かんかくとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > > かんかくの意味・解説 

かん かく [0] 【感覚】

( 名 ) スル
目・耳・鼻・皮膚・舌などが身体の内外から受けた刺激感じ取る働き。また,感じ取った色・音・におい・温度など。哲学的には,感覚は知覚構成分であり,まだ意味づけられていないものとして知覚とは区別される。 「寒さで-がなくなる」 → 五感
美醜善悪など物事について)感じとること。また,感じとる心の働き感受性感じ方。 「色彩-」 「 -が古い」 「新しい-の服」 「金銭対する-が麻痺(まひ)している」 「悲哀を-する心も/小説神髄 逍遥」 〔幕末から明治初期にかけての,sensation などの訳語

かん かく [0] 【扞格・捍格】

( 名 ) スル
〔「扞」 「格」ともこばむ意〕
二者互いに相手受け入れないこと。 「決して君の持説と-する事は有りますまい/社会百面相 魯庵

かん かく [0] 【看客】

見物人観客。また,読者。 「 -に謝して/近世紀聞 延房

かん かく くわんくわく [0] 【棺槨・棺椁

〔「」は内,「」は外の意〕
とそれをおおうそと箱。ひつぎ。

かん かく [0] 【間隔】

物と物との間。 「一定の-をあけて並べる」
時間へだたり。 「三分-で運転する」

かん かく くわん- [0] 【煥

トタル[文] 形動タリ
光りかがやくさま。かがやきの盛んであるさま。 「昔時阿善の国勢-として/経国美談 竜渓




かんかくと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かんかく」の関連用語

かんかくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かんかくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2020 Weblio RSS