嗅覚とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > > 嗅覚の意味・解説 

きゅう‐かく〔キウ‐〕【嗅覚】

読み方:きゅうかく

においを感じ感覚揮発性化学物質刺激受けたときに生じる。臭覚(しゅうかく)。

「嗅覚」に似た言葉

嗅覚

読み方:キュウカク(kyuukaku)

においを感じ知覚


嗅覚

「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  味覚  呼吸  呼吸調節  嗅覚  器官形成  器官系  四次構造

嗅覚

【仮名】しゅうかく
原文olfaction

においに対する感覚

嗅覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/27 15:25 UTC 版)

嗅覚(きゅうかく)とは、におい感覚のこと[1]


注釈

  1. ^ 五感」は、古くはアリストテレスによって記述されたものであり、また現在でも一般的に使用されている言葉ではある。しかし、現在では、分類の仕方にもよるが、9〜23の感覚があるともされている。

出典

  1. ^ a b 広辞苑 第5版 p.676
  2. ^ Niimura Y, Matsui A, Touhara K (2014) Extreme expansion of the olfactory receptor gene repertoire in African elephants and evolutionary dynamics of orthologous gene groups in 13 placental mammals. Genome Res 24: 1485–1496.
  3. ^ ジェイミー・グッド『ワインの味の科学』伊藤伸子訳 エクスナレッジ 2018 ISBN 9784767823959 pp.69-75.
  4. ^ Keller et al., "Genetic variation in a human odorant receptor alters odour perception", Nature 449, 468 (2007). doi:10.1038/nature06162
  5. ^ a b c d 鈴木隆『匂いのエロティシズム』集英社〈集英社新書〉2002年、ISBN 9784087201291 pp.118-122.
  6. ^ Zellner, Debra A. (2005) "Color Enhances Orthonasal Olfactory Intensity and Reduces Retronasal Olfactory Intensity." Chemical Senses, Volume 30, Issue 8, October 2005, P.643–649, doi:10.1093/chemse/bji057
  7. ^ エレクトロニックノーズ(人工電子鼻)システムの開発とその応用
  8. ^ 杉本岩雄, 小川茂樹, 中村雅之 ほか、「水晶振動子式センサによる ppb レベルの石油留分ガスの検出」『環境化学』 1998年 8巻 4号 p.831-840, doi:10.5985/jec.8.831, 日本環境化学会
  9. ^ 勝部昭明、「味と匂いセンサの研究·開発動向 『電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)』 2002年 122巻 6号 p.296-299, doi:10.1541/ieejsmas.122.296, 電気学会


「嗅覚」の続きの解説一覧

嗅覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 16:39 UTC 版)

アザラシ」の記事における「嗅覚」の解説

アザラシ母親自分の子供見分けるための重要な情報匂いであると言われている。なおアザラシ近縁アシカ科でも親が子を確認するのに嗅覚が使われている。

※この「嗅覚」の解説は、「アザラシ」の解説の一部です。
「嗅覚」を含む「アザラシ」の記事については、「アザラシ」の概要を参照ください。


嗅覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/24 03:27 UTC 版)

げんこつ岩太」の記事における「嗅覚」の解説

第四話誘拐された少年の父と犯人とが同じ芳香がする香水付けていると見抜いた。なお、その香り正体伽羅の香木。

※この「嗅覚」の解説は、「げんこつ岩太」の解説の一部です。
「嗅覚」を含む「げんこつ岩太」の記事については、「げんこつ岩太」の概要を参照ください。


嗅覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 10:12 UTC 版)

サメ」の記事における「嗅覚」の解説

匂い敏感で、種によっては100万分の1に薄めた血ですら知覚する。さらに人間音のする方向判るように、各孔で感じタイミングから方向まで検出する動物の腸でできる化学物質誘引される性質があるため、下水道排水口集まことがある

※この「嗅覚」の解説は、「サメ」の解説の一部です。
「嗅覚」を含む「サメ」の記事については、「サメ」の概要を参照ください。


嗅覚 (L'odorat)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 09:34 UTC 版)

貴婦人と一角獣」の記事における「嗅覚 (L'odorat)」の解説

このタペストリーでは貴婦人立ち上がり花輪作っている。侍女は花が入った籠を貴婦人向かってささげ持っているライオンとユニコーン貴婦人両側で旗を掲げている。貴婦人後ろにある籠から花を取り出して匂いをかいでいる

※この「嗅覚 (L'odorat)」の解説は、「貴婦人と一角獣」の解説の一部です。
「嗅覚 (L'odorat)」を含む「貴婦人と一角獣」の記事については、「貴婦人と一角獣」の概要を参照ください。


嗅覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 18:04 UTC 版)

イヌ」の記事における「嗅覚」の解説

警察犬遺留品捜査災害救助犬被災者探索などでよく知られるように、イヌ感覚のうち最も発達しているのは嗅覚であり、においで食べられるものかどうか目の前にいる動物は敵か味方かなどを判断するまた、コミュニケーションの手段としても、ここはどのイヌ縄張りなのかや、相手の尻のにおいを嗅ぐことで相手は雄か雌かなどを判断することでも嗅覚は用いられたりする。そのため、イヌにとっては嗅覚はなくてはならない存在である。 イヌの嗅覚はヒト数千から数万とされるが、その能力有香物質の種類によっても大きく異なり酢酸匂いなどはヒト1億倍まで感知できる。嗅覚は鼻腔嗅上皮にある嗅覚受容神経(嗅覚細胞)によって感受されるが、ヒト嗅上皮が3から4cm²なのに対しイヌ嗅上皮18から150cm²ある。嗅上皮粘膜を覆う粘液中に分布する、「嗅毛」と呼ばれる線毛は、においを感覚受容器に導く働きをするが、イヌ嗅毛他の動物それより本数多く長い嗅細胞の層も、ヒトでは1層であるのに対してイヌでは数層になっており、ヒト500万に対し、2億5千から30億個あると推定されている。鼻腔血管系もよく発達しているヒトが顔や声について特別な記憶力をもつように、イヌ匂いについての優れた記憶力をもっている。イヌを含む動物群鼻先のいつも湿っている無毛部分を「鼻鏡と呼ぶが、これもイヌすぐれた嗅覚を保つのと同時に風の向きを探る働きをすると考えられる上述のようにイヌが嗅覚に優れた動物であることは事実であるが、ただし、他のさまざまな動物比してイヌの嗅覚だけが特別に秀でているということではない。イヌ同様に探索目的で使役が多いブタイノシシ類)も引けを取らない考えられているし、クマの研究によればクマ類の嗅覚はイヌイエイヌ)の約7倍とされているゾウは嗅覚細胞総量から言っても、能力においてイヌクマ遥かに上回る動物として知られている。なお、魚類ではウナギの嗅覚がイヌの嗅覚に匹敵するとされる

※この「嗅覚」の解説は、「イヌ」の解説の一部です。
「嗅覚」を含む「イヌ」の記事については、「イヌ」の概要を参照ください。


嗅覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:55 UTC 版)

デアデビル」の記事における「嗅覚」の解説

特定の人物匂い嗅ぎ分けられる。

※この「嗅覚」の解説は、「デアデビル」の解説の一部です。
「嗅覚」を含む「デアデビル」の記事については、「デアデビル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「嗅覚」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

嗅覚

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 11:23 UTC 版)

名詞

 きゅうかく

  1. におい感覚。においを感ず能力臭覚

「嗅覚」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



嗅覚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「嗅覚」の関連用語

嗅覚のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



嗅覚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの嗅覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアザラシ (改訂履歴)、げんこつ岩太 (改訂履歴)、サメ (改訂履歴)、貴婦人と一角獣 (改訂履歴)、イヌ (改訂履歴)、デアデビル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの嗅覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS