嗅覚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > > 嗅覚の意味・解説 

きゅう かく きう- [0] 【嗅覚】

においを感じ知覚揮発性物質鼻腔上部粘膜付着し、嗅覚器刺激するときに生じる感覚臭覚


嗅覚

読み方:キュウカク(kyuukaku)

においを感じ知覚


嗅覚

英訳・(英)同義/類義語:olfaction

嗅細胞嗅覚受容体化学物質受容することで起こる。嗅覚受容体遺伝子大規模ファミリー形成している。
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  味覚  呼吸  呼吸調節  嗅覚  器官形成  器官系  四次構造

嗅覚

【仮名】しゅうかく
原文olfaction

においに対す感覚

嗅覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/10 04:16 UTC 版)

嗅覚(きゅうかく)とは、におい感覚のこと[1]


  1. ^ a b 広辞苑 第5版 p.676
  2. ^ Niimura Y, Matsui A, Touhara K (2014) Extreme expansion of the olfactory receptor gene repertoire in African elephants and evolutionary dynamics of orthologous gene groups in 13 placental mammals. Genome Res 24: 1485–1496.
  3. ^ ジェイミー・グッド『ワインの味の科学』伊藤伸子訳 エクスナレッジ 2018 ISBN 9784767823959 pp.69-75.
  4. ^ Keller et al., "Genetic variation in a human odorant receptor alters odour perception", Nature 449, 468 (2007). doi:10.1038/nature06162
  5. ^ a b c d 鈴木隆『匂いのエロティシズム』集英社〈集英社新書〉2002年、ISBN 9784087201291 pp.118-122.
  6. ^ Zellner, Debra A. (2005) "Color Enhances Orthonasal Olfactory Intensity and Reduces Retronasal Olfactory Intensity." Chemical Senses, Volume 30, Issue 8, October 2005, P.643–649, doi:10.1093/chemse/bji057
  7. ^ エレクトロニックノーズ(人工電子鼻)システムの開発とその応用
  8. ^ 杉本岩雄, 小川茂樹, 中村雅之 ほか、「水晶振動子式センサによる ppb レベルの石油留分ガスの検出」『環境化学』 1998年 8巻 4号 p.831-840, doi:10.5985/jec.8.831, 日本環境化学会
  9. ^ 勝部昭明、「味と匂いセンサの研究·開発動向 『電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)』 2002年 122巻 6号 p.296-299, doi:10.1541/ieejsmas.122.296, 電気学会
  1. ^ 五感」は、古くはアリストテレスによって記述されたものであり、また現在でも一般的に使用されている言葉ではある。しかし、現在では、分類の仕方にもよるが、9〜23の感覚があるともされている。


「嗅覚」の続きの解説一覧



嗅覚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「嗅覚」の関連用語

嗅覚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



嗅覚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの嗅覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS