バイアスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > バイアス > バイアスの意味・解説 

バイアス

英語:bias

傾向偏向先入観データ等の偏り思考判断特定の偏りもたらす思い込み要因得られる情報が偏っていることによる認識歪み、といった意味で用いられる語。

バイアスは英語の biasそのまま日本語導入した語であり、英語の bias日本語と同様傾向」「先入観」など文脈によってさまざまな意味合いで用いられる

統計的手法を用いる調査においては調査方法調査結果抽出方法解釈などに起因するデータ偏り」がバイアスと呼ばれる。バイアスが含まれている可能性顧慮しないとデータ解釈見誤る場合あり得る

認知バイアス」は心理学の用語で、人間判断認知意思決定などにしばしば紛れ込む恣意的な傾向を指す。たとえば、災害生じ危険が身に迫っている状況下において、多くの人は何となく「自分は助かるだろう」と思えてしまう。結果として逃げ遅れ命を落とすような事態につながる。この「自分大丈夫」と考え認知バイアスは特に「正常性バイアス」と呼ばれる

学術的文脈でなくても、先入観とらわれている、偏見先行している、色眼鏡で見る、というような意味合いで「バイアスがかかっている」と表現される場合多々ある。たとえば2010年代後半安倍政権においては安倍信者」と罵られる人々や「アベノセイダーズ」と揶揄される人々があるが、これらの呼称には「安倍首相が最高と信じている」「安倍首相全ての元凶と信じている」というバイアスがかかっている含みがあるともいえる。

バイアス【bias】

織物布目に対して斜めであること。また、それに沿って裁った布地バイヤス。「生地を—に使う」

バイアステープ」の略。

真空管トランジスター適切に作動させるため、その端子間に加え直流電圧バイヤス

社会調査で、回答偏り生じさせる要因となるもの。質問文の用語や質問態度などについていう。

先入観偏見


バイアス

【英】bias

調査起きさまざまな偏りのこと。有意抽出法では、調査員が「親切そうな人」を対象者選びやすいとか、郵送調査法では、調査テーマ関心のない人や筆無精の人が脱落しやすい、といったバイアスがある。そのほか、女性年齢低め答えられやすい、借金商店売上少なめ答えられやすい、商品選択理由としてはデザイン価格よりも品質をあげがちである、といった回答内容についてのバイアスがある。調査実施にあたっては、このようなバイアスの発生極力抑える必要があることは当然であるが、調査結果活用おいてもバイアスの存在する可能性考慮しておく必要がある

バイアス

分野
数値予報資料に関する用語
意味:
数値予報結果に、ある一定の誤差傾向があること。系統的誤差
用例
GSM台風北進バイアス。

バイアス、偏り、偏見

【仮名】ばいあす
原文bias

臨床試験において、研究の設計情報収集および解釈の方法にみられる欠陥のこと。バイアスにより、研究試験が示す現象について誤った結論を導く場合もある。

バイアス

名前 ByasBias

バイアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/07 06:59 UTC 版)

バイアス: bias: 偏誤)とは、偏り、かさ上げ、または斜めのこと。




「バイアス」の続きの解説一覧

「バイアス」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



バイアスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バイアス」の関連用語

バイアスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バイアスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバイアス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS