認知バイアスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > バイアス > 認知バイアスの意味・解説 

認知バイアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/09/12 16:18 UTC 版)

認知バイアス(にんちバイアス、: cognitive bias)とは、物事の判断が、直感やこれまでの経験にもとづく先入観によって非合理的になる心理現象のことである[1]認知心理学社会心理学での様々な観察者効果の一種であり、非常に基本的な統計学的な誤り、社会的帰属の誤り、記憶の誤り(虚偽記憶)など人間が犯しやすい問題でもある。従って認知バイアスは、事例証拠法的証拠信頼性を大きく歪めてしまうことがある。


  1. ^ 日常を取りまく様々な認知バイアス”. 医療法人社団 平成医会. 2022年12月11日閲覧。
  2. ^ : illusory correlation
  3. ^ Schacter (1999)
  4. ^ Kunda (1990)
  5. ^ a b Hoorens (1993)
  6. ^ 認知心理学の人格教育への応用可能性についての一考察 皆川直凡
  7. ^ : hindsight bias
  8. ^ : confirmation bias
  9. ^ : fundamental attribution error
  10. ^ : normalcy bias
  11. ^ 日経BP
  12. ^ : survivorship bias, survival bias
  13. ^ : anchoring and adjustment
  14. ^ Sutherland, Stuart (2007) Irrationality: The Enemy Within Second Edition (First Edition 1994) Pinter & Martin. ISBN 978-1-905177-07-3
  15. ^ Ariely, Dan (2008). Predictably Irrational: The Hidden Forces That Shape Our Decisions. New York, NY: HarperCollins. ISBN 978-0-06-135323-9 
  16. ^ (Clavien 2010)
  17. ^ (Gigerenzer 1999)
  18. ^ (Gigerenzer 2000)


「認知バイアス」の続きの解説一覧

認知バイアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 09:40 UTC 版)

自己認識」の記事における「認知バイアス」の解説

意識それ自体への人間理解がなお貧弱であるのと同じくらい、自己認識への理解もまた貧弱である。人々自己認識レベル過大評価する傾向があるので、自己認識が苦手な人を見かけたらすぐ障碍者呼ばわりするんじゃなく、不賢を見ては内に自ら省みることが非常に大事である。人々は皆、非常に感情的な存在だからである。

※この「認知バイアス」の解説は、「自己認識」の解説の一部です。
「認知バイアス」を含む「自己認識」の記事については、「自己認識」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「認知バイアス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



認知バイアスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「認知バイアス」の関連用語

認知バイアスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



認知バイアスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの認知バイアス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの自己認識 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS