認知バイアス 実際上の重要性

認知バイアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/09/12 16:18 UTC 版)

実際上の重要性

多くの社会集団や社会制度、政策は、個々人が理性的な判断をすることを前提としている。例えば陪審員制度裁判員制度では、裁判員が事件の不適切な特徴(例えば、被告人が魅力的であるなど)を無視し、適切な特徴を適切に扱い、常に別の可能性がないかを考え、誤謬に陥ることなく、公平で合理的な判断をすることが求められる。しかし認知バイアスに関する様々な心理学的実験によれば、人間はこれら全てについて失敗しうると考えられる[14]。認知バイアスについて体系的に解明されていれば、どういう方向に失敗するかを予測し、失敗を回避する方策を立てることができる[15]

批判

認知バイアスとその問題に「打ち勝ち」訂正する方法に関するそれぞれの見解の主張の中で、認知バイアスの理論に対抗する批判は、しばしば人間性についての他人の客観的な思考と、認知バイアスの結果を主張する議論の双方の面という事実において通常見られる。相反する任意の視点に用いられる非反証可能性が得られた主張を生み出す、その分野での共通理解の欠如からの根幹の大きな基本的な問題と、この断絶は結びつけられる。[要出典]

ゲルド・ジゲレンツアー英語版は認知バイアスとヒューリスティックスへの主だった反対者の一人である。[16][17][18]認知バイアスはバイアスではないけれども、経験則である、もしくはそれを実際に私たちの生活の中での的確な決定をするのに助けとなり得るところの「本能的な感覚」(: gut feelings)として位置付けようとするものであることをジゲレンツアーは信じる。彼の見解は他の多くの研究者よりも認知バイアスにおいて大変多くの肯定的な光を照らす。認知バイアスとヒューリスティックスを決定や判定をする不合理な方法として多くの者は見る。ジゲレンツアーは、ヒューリスティックスと認知バイアスを使うことは私たちの毎日の生活の中で決定をするために合理的で助けになることを主張する。

脚注または引用文献

書籍

雑誌


  1. ^ 日常を取りまく様々な認知バイアス”. 医療法人社団 平成医会. 2022年12月11日閲覧。
  2. ^ : illusory correlation
  3. ^ Schacter (1999)
  4. ^ Kunda (1990)
  5. ^ a b Hoorens (1993)
  6. ^ 認知心理学の人格教育への応用可能性についての一考察 皆川直凡
  7. ^ : hindsight bias
  8. ^ : confirmation bias
  9. ^ : fundamental attribution error
  10. ^ : normalcy bias
  11. ^ 日経BP
  12. ^ : survivorship bias, survival bias
  13. ^ : anchoring and adjustment
  14. ^ Sutherland, Stuart (2007) Irrationality: The Enemy Within Second Edition (First Edition 1994) Pinter & Martin. ISBN 978-1-905177-07-3
  15. ^ Ariely, Dan (2008). Predictably Irrational: The Hidden Forces That Shape Our Decisions. New York, NY: HarperCollins. ISBN 978-0-06-135323-9 
  16. ^ (Clavien 2010)
  17. ^ (Gigerenzer 1999)
  18. ^ (Gigerenzer 2000)


「認知バイアス」の続きの解説一覧




認知バイアスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「認知バイアス」の関連用語

認知バイアスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



認知バイアスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの認知バイアス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS