政治心理学とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 心理学 > 政治心理学の意味・解説 

せい じしんりがく -ぢ- [6]政治心理学political psychology


心理学

(政治心理学 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/13 06:56 UTC 版)

心理学(しんりがく、: psychology)とは、行動の学問であり、科学的な手法によって研究される[1][2][3]。そのアプローチとしては、行動主義のように行動や認知を客観的に観察しようとするものと、一方で、主観的な内面的な経験を理論的な基礎におくものとがある[4]。研究法を質的研究と量的研究とに大別した場合、後者を主に学ぶ大学では、理数系として心理学を位置付けている例がある。




  1. ^ a b How does the APA define "psychology"?”. 2015年7月4日閲覧。
  2. ^ a b ヒルガードの心理学第15版 2012, p. 6.
  3. ^ a b c 心理学大図鑑 2013, p. 10.
  4. ^ ケン・ウィルバー、松永太郎訳『統合心理学への道』春秋社、2004年、10-11頁。ISBN 4-393-36035-4
  5. ^ a b c d 心理学大図鑑 2013, pp. 目次, 35, 45.
  6. ^ a b 心理学大図鑑 2013, pp. 158-159.
  7. ^ 大槻快尊・述 1912, p. 4.
  8. ^ 加藤信明「アリストテレス『魂について』」『精神医学文献事典』弘文堂、2003年、12-13頁。ISBN 978-4-335-65107-6
  9. ^ 心理学大図鑑 2013, pp. 20-21.
  10. ^ 心理学大図鑑 2013, p. 34.
  11. ^ a b 心理学大図鑑 2013, pp. 22-23.
  12. ^ a b c d e 心理学大図鑑 2013, pp. 58-59.
  13. ^ a b c d J.A.C.ブラウン、(翻訳)宇津木保、大羽蓁『フロイドの系譜―精神分析学の発展と問題点』誠信書房、1982年、28-29、42-43、59-60、92-93。ISBN 441442710X Freud and the Post-Freudians, 1961
  14. ^ 中河原通夫「アードラー『人間知』」『精神医学文献事典』弘文堂、2003年、6-7頁。ISBN 978-4-335-65107-6
  15. ^ 水野信義「コフート『自己の分析』」『精神医学文献事典』弘文堂、2003年、185頁。ISBN 978-4-335-65107-6
  16. ^ 心理学大図鑑 2013, p. 80.
  17. ^ 心理学大図鑑 2013, p. 77.
  18. ^ 心理学大図鑑 2013, pp. 294-296.
  19. ^ a b 浅井直樹「ロジャース『カウンセリングとサイコセラピィ』」『精神医学文献事典』弘文堂、2003年、534頁。ISBN 978-4-335-65107-6
  20. ^ 心理学大図鑑 2013, pp. 288-289.
  21. ^ a b 久保田正春「セリエ『現代社会とストレス』」『精神医学文献事典』弘文堂、2003年、251頁。ISBN 978-4-335-65107-6
  22. ^ 内山真「アショフほか『ヒト概日リズムの脱同調』」『精神医学文献事典』弘文堂、2003年、2-3頁。ISBN 978-4-335-65107-6


「心理学」の続きの解説一覧



政治心理学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「政治心理学」の関連用語

政治心理学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



政治心理学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの心理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS