エドワード・ソーンダイクとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 心理学者 > アメリカ合衆国の心理学者 > エドワード・ソーンダイクの意味・解説 

ソーンダイク【Edward Lee Thorndike】

読み方:そーんだいく

[1874〜1949米国心理学者動物学習実験により効果の法則練習法則などを主張。のち、教育測定語彙(ごい)研究などに業績残した。著「教育心理学」など。


エドワード・ソーンダイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/30 20:57 UTC 版)

エドワード・L・ソーンダイクEdward L. Thorndike, 1874年8月31日 - 1949年8月9日)は、アメリカ心理学者教育学者コロンビア大学教授。連合主義の一形式である結合主義の研究に独自に取り組む。教育評価の分野では教育測定運動の父と言われる。試行錯誤説(ネコの問題箱の研究)が有名。1903年に「教育心理学」を刊行、これは後に3巻本の大著となる(1913-14)。教育評価の父としても知られる。




「エドワード・ソーンダイク」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エドワード・ソーンダイクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エドワード・ソーンダイクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエドワード・ソーンダイク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS