認知行動療法とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 精神医学 > 心理療法 > 認知行動療法の意味・解説 

にんちこうどう‐りょうほう〔ニンチカウドウレウハフ〕【認知行動療法】


認知行動療法

読み方にんちこうどうりょうほう

 近年様々な心の病に対して薬物療法だけではなく心理療法(精神療法)の有効性が、信頼すべき医学研究により立証されつつあります中でも認知行動療法(認知療法)は、うつ病パニック障害強迫性障害統合失調症対す治療効果が、繰り返し確認されています。
 認知行動療法は、ある状況に出くわした時に私たちが持つ感情行動が、その状況をどうとらえるか(認知)によって影響を受けること着目します。例えば、うつ病で起こるとらえ方は、「100点なければ60点とれていても0点同じだ」といった評価や、「Aが駄目だと、BもCも駄目に違いない」という推測下しがちです。その結果気分落ち込み、何かをやろうという気持ち失せてしまいます一方健康な時なら、「マイナスが40点あるけれど、プラス60点ある」、「Aは駄目だが、Bはまあまあで、Cは出来ている」といった考え方、すなわち、ものごと良い面と悪い面の両方現実的にとらえる見方出来ます
 患者さんの感情や行動に影響及ぼしている極端なとらえ方(歪んだ認知)を、治療者患者さんが共同確認していくことが、認知行動療法の第一歩です。最終的に患者さんが、より現実的幅広いとらえ方(認知)を自分自身によって選択できるうになることで、必要以上に落ち込んだり、不安になったりするといった不快な感情軽くして、ご本人が本来持っている力を発揮できることを目指します。
 うつ病パニック障害場合、認知行動療法で改善した患者さんは、治療した方と比べて再発することが少ないことがわかってます。また、認知行動療法の効果にも、脳の変化が関わっていることも解明されつつあります


認知行動療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/01 07:20 UTC 版)

認知行動療法にんちこうどうりょうほう: cognitive behavioral therapy、略: CBT)は、従来の行動に焦点をあてた行動療法から、アルバート・エリス論理療法や、アーロン・ベック認知療法の登場により、思考など認知に焦点をあてることで発展してきた心理療法の技法の総称である[1]。「認知行動療法」の用語は、アメリカ以外の国でしばしばアーロン・ベック認知療法(Cognitive therapy)を指しているが[2]、本項では本来の意味である総称としての認知行動療法の説明に力点を置く。哲学的には、古代ローマのストア派仏教の影響を受けてはいるが、1950年代から1960年代の論理療法認知療法に起源をもつ[3]。共に、不適切な反応の原因である、思考の論理上の誤りに修正を加えることを目的としており、認知、感情、行動は密接に関係しているとされる[1]。従来の精神分析における無意識とは異なり、観察可能な意識的な思考に焦点があり、ゆえに測定可能であり、多くの調査研究が実施されてきた[3]


  1. ^ a b c 根建金男、市井雅哉 1995, pp. 29.
  2. ^ a b c “Does Cognitive Therapy = Cognitive Behavior Therapy?”. Beck Institute Blog. (21 February, 2007). http://www.beckinstituteblog.org/2007/02/does-cognitive-therapy-cognitive-behavior-therapy/ 2015年6月10日閲覧。 
  3. ^ a b c d González-Prendes, A. Antonio (2012). “Cognitive Behavioral Therapy”. Oxford Bibliographies. doi:10.1093/obo/9780195389678-0149. http://www.oxfordbibliographies.com/view/document/obo-9780195389678/obo-9780195389678-0149.xml. 
  4. ^ a b Cognitive behavioural therapy (CBT)”. 国民保健サービス. 2015年7月1日閲覧。
  5. ^ a b c d Kimhy, D.; Tarrier, N.; Essock, S.; Malaspina, D.; Cabannis, D.; Beck, A.T. (2013). “Cognitive behavioral therapy for psychosis - training practices and dissemination in the United States”. Psychosis 5 (3): 296-305. doi:10.1080/17522439.2012.704932. PMC 3811971. PMID 24187582. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3811971/. 
  6. ^ a b Gøtzsche, Peter C; Gøtzsche, Pernille K (2017). “Cognitive behavioural therapy halves the risk of repeated suicide attempts: systematic review”. Journal of the Royal Society of Medicine 110 (10): 404-410. doi:10.1177/0141076817731904. PMC 5650127. PMID 29043894. http://journals.sagepub.com/doi/10.1177/0141076817731904. 
  7. ^ a b Vallury, Kari Dee; Jones, Martin; Oosterbroek, Chloe (2015). “Computerized Cognitive Behavior Therapy for Anxiety and Depression in Rural Areas: A Systematic Review”. Journal of Medical Internet Research 17 (6): e139. doi:10.2196/jmir.4145. PMID 26048193. http://www.jmir.org/2015/6/e139/. 
  8. ^ Judith S. Beck (2001年). “Why Distinguish Between Cognitive Therapy and Cognitive Behavior Therapy”. Cognitive Therapy Today 6: pp. 1-4. http://www.beckinstitute.org/InfoID/150/RedirectPath/Add1/FolderID/177/SessionID/%7B0D09F15E-3892-4E06-BB1E-1B50944EA9E9%7D/InfoGroup/Main/InfoType/Article/PageVars/Library/InfoManage/Zoom.htm 
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m Knapp & Beck 2008.
  10. ^ Beck 1993, p. 351.
  11. ^ a b エルナー・ロッシ、フランシス・J・ヴァレーラ、ジェレミー・W・ヘイワード、(翻訳)山口泰司、山口菜生子「5. 認知心理学」『徹底討議 心と生命―「心の諸科学」をめぐるダライ・ラマとの対話』1995年、115-142頁。ISBN 4-7917-5382-8 
  12. ^ a b Beck 1993, p. 346.
  13. ^ Beck 1993, p. 345.
  14. ^ Michael T. Kaufman (2007年7月25日). “Albert Ellis, 93, Influential Psychotherapist, Dies”. New York Times. http://www.nytimes.com/2007/07/25/nyregion/25ellis.html 2015年6月10日閲覧。 
  15. ^ 慶應義塾大学認知行動療法研究会・編集『うつ病の認知療法・認知行動療法治療者用マニュアル 平成21年度厚生労働科学研究費補助金こころの健康科学研究事業「精神療法の実施方法と有効性に関する研究」』2012年11月https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/01.pdf 厚生労働省
  16. ^ a b キャサリン・コーリンほか、(監修)池田健(翻訳)小須田健「強迫的な行動儀礼は、押しつけがましい観念を統制しようとする試みだ ポール・サルコフスキス」『心理学大図鑑』三省堂、2013年、212-213頁。ISBN 978-4-385-16224-9 The Psychology Book, 2012
  17. ^ こころの科学No.149/1-2010熊野宏昭P.131
  18. ^ Benedict Carey (2011年6月23日). “Expert on Mental Illness Reveals Her Own Fight”. The Newyork Times. 2013年1月27日閲覧。
  19. ^ マーシャ・M・リネハン、(監訳)大野裕、(翻訳)岩坂彰、井沢功一朗、松岡律、石井留美、阿佐美雅弘『境界性パーソナリティ障害の弁証法的行動療法―DBTによるBPDの治療』誠信書房、2007年。ISBN 978-4414414240 Cognitive-Behavioral Treatment of Borderline Personality Disorder
  20. ^ a b NICE Pathway - Generalised anxiety disorder (Report). 英国国立医療技術評価機構. 2015年7月1日閲覧
  21. ^ a b “こころを救う:薬だけに頼らぬ英国 自殺予防、チーム医療で成果”. 毎日新聞東京朝刊. (2010年7月2日) 
  22. ^ Making Mental Health Count - The Social and Economic Costs of Neglecting Mental Health Care (Report). OECD. 2014年7月. pp. Country press releases - UK. doi:10.1787/9789264208445-en
  23. ^ a b 清水栄司『認知行動療法のすべてがわかる本』2010年。pp.14-15
  24. ^ 英国国立医療技術評価機構 (2009年8月). CG90: Depression in adults (Report).
  25. ^ CG113 : Generalised anxiety disorder and panic disorder (with or without agoraphobia) in adults: Management in primary, secondary and community care (Report). 英国国立医療技術評価機構. 2011年1月.
  26. ^ CG178: Psychosis and schizophrenia in adults: treatment and management (Report). 英国国立医療技術評価機構. 2014年2月. Chapt.1.3.4.
  27. ^ 世界保健機関 (2013). Guidelines for the Management of Conditions Specifically Related to Stress. World Health Organization. ISBN 978-92-4-150540-6. https://hdl.handle.net/10665/85119 2021年10月1日閲覧。 
  28. ^ 英国国立医療技術評価機構 (2009年1月). CG78: Borderline personality disorder - Clinical guidelines (Report). National Institute for Health and Clinical Excellence. p. 1.3.4.5. 2013年3月10日閲覧
  29. ^ van Eerde, Wendelien; Klingsieck, Katrin B. (2018-11). “Overcoming procrastination? A meta-analysis of intervention studies” (英語). Educational Research Review 25: 73–85. doi:10.1016/j.edurev.2018.09.002. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S1747938X18300472. 
  30. ^ Marchesi C, De Panfilis C, Tonna M, Ossola P (2013). “Is placebo useful in the treatment of major depression in clinical practice?”. Neuropsychiatr Dis Treat 9: 915-20. doi:10.2147/NDT.S44519. PMC 3699255. PMID 23836976. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3699255/. 
  31. ^ アービング・カーシュ 2010, pp. 215–218
  32. ^ a b c d e f g h Berger, D. Psychiatric Times, July 30, 2013. Cognitive Behavioral Therapy: Escape From the Binds of Tight Methodology
  33. ^ Lynch D, Laws, KR, McKenna PJ. Cognitive behavioral therapy for major psychiatric disorder: does it really work? A meta-analytical review of well-controlled trials. Psychol Med. 2010;40:9-24.
  34. ^ Friedman LM, Furgerg CD, DeMets DL. Fundamentals of Clinical Trials, Third Edition. Springer; 1998 (or internet search for:“definition of single-blind”).
  35. ^ Rao TS, Andrade C (2013). “Screening for disease, psychological testing, and psychotherapy Looking behind the mirror”. Indian J Psychiatry 55 (2): 103-5. doi:10.4103/0019-5545.111446. PMC 3696229. PMID 23825840. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3696229/. 
  36. ^ 津谷喜一郎、正木朋也「エビデンスに基づく医療(EBM)の系譜と方向性 保健医療評価に果たすコクラン共同計画の役割と未来」(pdf)『日本評価研究』第6巻第1号、2006年3月、3-20頁、NAID 40007259318 
  37. ^ 菊池安希子「イギリスにおける統合失調症に対する認知行動療法」『平成17年度厚生労働科学研究費補助金障害保健福祉総合研究推進事業報告書』、厚生労働省、2-3頁、2005年。 
  38. ^ Irving Kirsch 2009, pp. 14–16(翻訳書は アービング・カーシュ 2010, pp. 29–30)
  39. ^ Moncrieff, Joanna; Kirsch, Irving (2015). “Empirically derived criteria cast doubt on the clinical significance of antidepressant-placebo differences”. Contemporary Clinical Trials 43: 60-62. doi:10.1016/j.cct.2015.05.005. PMID 25979317. 
  40. ^ Lieberman JA, Stroup TS, McEvoy JP, et al. (September 2005). “Effectiveness of antipsychotic drugs in patients with chronic schizophrenia”. N. Engl. J. Med. 353 (12): 1209-23. doi:10.1056/NEJMoa051688. PMID 16172203. 
  41. ^ Machado M, Iskedjian M, Ruiz I, Einarson TR. Remission, dropouts, and adverse drug reaction rates in major depressive disorder: a meta-analysis of head-to-head trials. Curr Med Res Opin. 2006 Sep;22(9):1825-37.



認知行動療法 (CBT)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 01:09 UTC 版)

統合失調症」の記事における「認知行動療法 (CBT)」の解説

薬物療法並行して疾患心理的な受容疾患治療に伴い経験した喪失体験受容などを援助するために個人精神療法を行うこともある。NICEは、統合失調症を持つすべての人に認知行動療法を提供すべきであり、その場合は個人別セッションを最低16回行うとしている。英国などで有効性証明されており、日本での認知行動療法さらなる導入求められている。

※この「認知行動療法 (CBT)」の解説は、「統合失調症」の解説の一部です。
「認知行動療法 (CBT)」を含む「統合失調症」の記事については、「統合失調症」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「認知行動療法」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



認知行動療法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「認知行動療法」の関連用語

認知行動療法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



認知行動療法のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
厚生労働省厚生労働省
(C)2024 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの認知行動療法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの統合失調症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS