不眠症とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > > 不眠症の意味・解説 

ふみん‐しょう〔‐シヤウ〕【不眠症】

読み方:ふみんしょう

よく眠ることのできない状態が続くこと。ふつう、神経症による睡眠障害をいう。不眠障害

「不眠症」に似た言葉

不眠症

【仮名】ふみんしょう
原文insomnia

眠りについたり、十分な睡眠をとることが困難なこと。

不眠症

作者赤川次郎

収載図書踊る男
出版社新潮社
刊行年月1986.4


不眠症

作者寺井よう

収載図書おやすみごっこ
出版社ストーク
刊行年月1999.4


不眠症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/15 15:32 UTC 版)

不眠症(ふみんしょう、英語: Insomnia, Hyposomnia)とは、必要に応じて入眠や眠り続けることができない睡眠障害である[1][2]。それが持続し、臨床的に著しい苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている場合に精神障害と診断される[3]。不眠の背後に他の病気が隠れていることもある。近年では、高血圧糖尿病などの生活習慣病と不眠症の間に、強い相互関係があることが判明している[4]


注釈

  1. ^ アルプラゾラムクロナゼパムロラゼパムジアゼパムなど。
  2. ^ たとえばある程度歩くなど。
  3. ^ パソコン、スマートフォン、電子書籍など。
  4. ^ 「夜、眠気や疲労を感じたときのみ寝床へ行く」・「しばらくしても寝付けなければ、起きて何かリラックスできることをする。そして眠気や疲労を感じたら寝床に戻る」・「就寝前に、炭水化物を含んだ軽食を摂取してみる」など。
  5. ^ 心配事が起こることは非常にまれである・万が一起こったとしても対処できると認識したり、心配事や対処方法を日記やノートに書きだし、その後はそれらについて考えるのをやめたりすることなど
  6. ^ 睡眠を必要としていないだけである・睡眠が足りなくてもうまくできると認識することなど
  7. ^ 読書・就寝2~3時間前の入浴・リラックスできる音楽を聴くことなど
  8. ^ 例えば、トリアゾラムおよびテマゼパムはα1サブユニットに強い作用があり、アルプラゾラムやジアゼパムはα1サブユニットに対して強い作用がある。
  9. ^ 日本では購入できない。

出典

  1. ^ a b Punnoose, Ann R.; Golub, Robert M.; Burke, Alison E. (2012). “Insomnia”. JAMA 307 (24). doi:10.1001/jama.2012.6219. ISSN 0098-7484. 
  2. ^ a b c “Insomnia: definition, prevalence, etiology, and consequences”. J Clin Sleep Med 3 (5 Suppl): S7–10. (August 2007). PMC 1978319. PMID 17824495. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1978319/. 
  3. ^ アメリカ精神医学会 2004, p. 578、623.
  4. ^ 不眠症”. 日本臨床内科医会. 2022年10月26日閲覧。
  5. ^ Hirshkowitz, Max (2004). “10, Neuropsychiatric Aspects of Sleep and Sleep Disorders (pp. 315–340)”. In Stuart C. Yudofsky and Robert E. Hales. Essentials of neuropsychiatry and clinical neurosciences (4 ed.). Arlington, Virginia, USA: American Psychiatric Publishing. ISBN 978-1-58562-005-0. https://books.google.co.jp/books?id=XKhu7yb3QtsC&pg=PA315&redir_esc=y&hl=ja 2009年12月6日閲覧. "...insomnia is a symptom. It is neither a disease nor a specific condition. (p. 322)" 
  6. ^ a b c d e 米国内科医学会 2016.
  7. ^ Wilson, Jennifer F. (2008). “Insomnia”. Annals of Internal Medicine 148: ITC1. doi:10.7326/0003-4819-148-1-200801010-01001. 
  8. ^ 不眠症”. 2016年4月19日閲覧。
  9. ^ a b Dyssomnias” (PDF). WHO. pp. 7–11. 2009年1月25日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 「27」『ハリソン内科学』(4版)メディカルサイエンスインターナショナル、2013年3月26日。ISBN 978-4895927345 
  11. ^ Buysse, Daniel J. (2008). “Chronic Insomnia”. Am J Psychiatry 165 (6): 678–86. doi:10.1176/appi.ajp.2008.08010129. PMC 2859710. PMID 18519533. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2859710/. "For this reason, the NIH conference [of 2005] commended the term "comorbid insomnia" as a preferable alternative to the term "secondary insomnia."" 
  12. ^ Erman, Milton K. (2007). “Insomnia: Comorbidities and Consequences”. Primary Psychiatry 14 (6): 31–35. http://www.primarypsychiatry.com/aspx/articledetail.aspx?articleid=1102. "Two general categories of insomnia exist, primary insomnia and comorbid insomnia." 
  13. ^ World Health Organization (2007年). “Quantifying burden of disease from environmental noise” (PDF). p. 20. 2010年9月22日閲覧。
  14. ^ a b “Tolerability of hypnosedatives in older patients”. Drugs Aging 19 (7): 529–39. (2002). doi:10.2165/00002512-200219070-00006. PMID 12182689. https://doi.org/10.2165/00002512-200219070-00006. 
  15. ^ 土井由利子 (2009年). “我が国における不眠症の疫学” (PDF). 2009年8月31日閲覧。
  16. ^ a b c d e f アレン・フランセス 2014, pp. 187–189.
  17. ^ DSM-5とICSD-3の変更点”. 2016年4月28日閲覧。
  18. ^ Schacter, D. L., Gilbert, D. T., & Wegner, D. M. (2010). Psychology. 2nd ed. p. 195. New york: Worth Publishers, ISBN 1429237198.
  19. ^ a b c Insomnia”. 国民保健サービス. 2015年11月1日閲覧。
  20. ^ a b c d e Insomnia - newer hypnotic drugs (TA77) (Report). 英国国立医療技術評価機構. 2004年4月.
  21. ^ a b c d e Prescribing drugs of dependence in general practice, Part B Benzodiazepines (Report). 王立豪州総合医学会. 2015年7月.
  22. ^ a b c 厚生労働科学研究班および日本睡眠学会ワーキンググループ編 2013, p. 2.
  23. ^ 厚生労働科学研究班および日本睡眠学会ワーキンググループ編 2013, p. 6.
  24. ^ 厚生労働科学研究班および日本睡眠学会ワーキンググループ編 2013, p. 32.
  25. ^ a b “NIH State-of-the-Science Conference Statement on manifestations and management of chronic insomnia in adults”. NIH Consens State Sci Statements 22 (2): 1–30. (2005). PMID 17308547. https://consensus.nih.gov/2005/2005InsomniaSOS026main.htm. 
  26. ^ a b c d e f g 厚生労働科学研究班および日本睡眠学会ワーキンググループ編 2013.
  27. ^ Consumer Reports; Drug Effectiveness Review Project (January 2012). “Evaluating New Sleeping Pills Used to Treat: Insomnia Comparing Effectiveness, Safety, and Price”. Best Buy Drugs (Consumer Reports): 4. http://www.consumerreports.org/health/resources/pdf/best-buy-drugs/InsomniaUpdate-FINAL-July2008.pdf 2013年6月4日閲覧。. 
  28. ^ Kertesz, Rona S.; Cote, Kimberly A. (2011). “Event-Related Potentials During the Transition to Sleep for Individuals With Sleep-Onset Insomnia”. Behavioral Sleep Medicine 9 (2): 68–85. doi:10.1080/15402002.2011.557989. ISSN 1540-2002. 
  29. ^ Doghramji, Karl (2007). Clinical Management of Insomnia. Caddo, OK: Professional Communications, Inc.. p. 28. ISBN 978-1-932610-14-7 
  30. ^ Morin, Charles (2003). Insomnia: A Clinician's Guide to Assessment and Treatment. New York, New York: Kluwer Academic/Plenum Publishers. p. 16. ISBN 0-306-47750-5 
  31. ^ “Sleep issues in Parkinson's disease”. Neurology 64 (12 Suppl 3): S12–20. (June 2005). PMID 15994219. http://www.neurology.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=15994219. 
  32. ^ アメリカ精神医学会 2004, p. 578.
  33. ^ a b c “British Association for Psychopharmacology consensus statement on evidence-based treatment of insomnia, parasomnias and circadian rhythm disorders”. J. Psychopharmacol. (Oxford) 24 (11): 1577–601. (November 2010). doi:10.1177/0269881110379307. PMID 20813762. http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/0269881110379307?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori:rid:crossref.org&rfr_dat=cr_pub%3dpubmed. 
  34. ^ 眠れない患者に対応する。”. 2016年10月9日閲覧。
  35. ^ DSM-5とICSD-3の変更点”. 2016年4月28日閲覧。
  36. ^ a b c d アメリカ精神医学会 2004, pp. 623–627.
  37. ^ Insomnia > Complications. Mayo Clinic. Retrieved on May 5, 2009
  38. ^ a b “Treatment options for insomnia”. Am Fam Physician 76 (4): 517–26. (August 2007). PMID 17853625. 
  39. ^ a b c d e Insomnia”. University of Maryland Medical Center. 2013年7月11日閲覧。
  40. ^ The epidemiological survey of exercise-induced insomnia in chinese athletes Youqi Shi, Zhihong Zhou, Ke Ning, Jianhong LIU. Athens 2004: Pre-Olympic Congress.
  41. ^ a b c Insomnia Causes”. Mayo Clinic. 2013年7月11日閲覧。
  42. ^ Palmese LB, DeGeorge PC, Ratliff JC, Srihari VH, Wexler BE, Krystal AD, Tek C (2011). “Insomnia is frequent in schizophrenia and associated with night eating and obesity”. Schizophr. Res. 133 (1-3): 238–43. doi:10.1016/j.schres.2011.07.030. PMID 21856129. 
  43. ^ Gelder, M., Mayou, R. and Geddes, J. (2005). Psychiatry. 3rd ed. New York: Oxford. p. 167, ISBN 0198528639.
  44. ^ Bendz, Lisa M; Scates, Ann C (2010). “Melatonin Treatment for Insomnia in Pediatric Patients with Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder”. Annals of Pharmacotherapy 44 (1): 185–191. doi:10.1345/aph.1M365. ISSN 1060-0280. 
  45. ^ “Insomnia in patients with traumatic brain injury: frequency, characteristics, and risk factors”. J Head Trauma Rehabil 21 (3): 199–212. (2006). PMID 16717498. http://Insights.ovid.com/pubmed?pmid=16717498. 
  46. ^ Mendelson WB (2008). “New Research on Insomnia: Sleep Disorders May Precede or Exacerbate Psychiatric Conditions”. Psychiatric Times 25 (7). http://www.psychiatrictimes.com/insomnia/article/10168/1163082. 
  47. ^ 高齢者の不眠”. 2016年4月26日閲覧。
  48. ^ Simmon Gomi (2019). “Short‐term insomnia and common cold: A cross‐sectional study”. Journal of General and Family Medicine 20 (6): 244–250. doi:10.1002/jgf2.278. PMID 31788402. 
  49. ^ “Hypoglycemia-induced anoxic brain injury possibly associated with levofloxacin”. J. Infect. 52 (6): e177–80. (June 2006). doi:10.1016/j.jinf.2005.08.024. PMID 16269178. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0163-4453(05)00257-4. 
  50. ^ 睡眠障害をもたらす主な薬物”. 特定非営利活動法人標準医療情報センター. 2016年4月19日閲覧。
  51. ^ 厚生労働科学研究班および日本睡眠学会ワーキンググループ編 2013, pp. 20–21.
  52. ^ Perry, Lacy. (2004-10-12) HowStuffWorks "How Hangovers Work". Health.howstuffworks.com. Retrieved on 2011-11-20.
  53. ^ Lee-chiong, Teofilo (2008-04-24). Sleep Medicine: Essentials and Review. Oxford University Press, USA. p. 105. ISBN 0-19-530659-7. https://books.google.co.jp/books?id=s1F_DEbRNMcC&pg=PT105&redir_esc=y&hl=ja 
  54. ^ Ashton, Heather (2005-05-01). “The diagnosis and management of benzodiazepine dependence”. Current Opinion in Psychiatry 18 (3): 249–255. doi:10.1097/01.yco.0000165594.60434.84. ISSN 0951-7367. PMID 16639148. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16639148. 
  55. ^ Morin, Charles M.; Bélanger, Lynda; Bastien, Célyne; Vallières, Annie (2005-01-01). “Long-term outcome after discontinuation of benzodiazepines for insomnia: a survival analysis of relapse”. Behaviour Research and Therapy 43 (1): 1–14. doi:10.1016/j.brat.2003.12.002. ISSN 0005-7967. PMID 15531349. 
  56. ^ Poyares, Dalva; Guilleminault, Christian; Ohayon, Maurice M.; Tufik, Sergio (2004-06-01). “Chronic benzodiazepine usage and withdrawal in insomnia patients”. Journal of Psychiatric Research 38 (3): 327–334. doi:10.1016/j.jpsychires.2003.10.003. ISSN 0022-3956. PMID 15003439. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15003439. 
  57. ^ Asaad, T. A.; Ghanem, M. H.; Abdel Samee, A. M.; El–Habiby, M. M. (2011). “Sleep Profile in Patients with Chronic Opioid Abuse”. Addictive Disorders & Their Treatment 10: 21–28. doi:10.1097/ADT.0b013e3181fb2847. 
  58. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v “Treatment of insomnia”, UpToDate (ヴォルタース・クルーワー), (2016-03), http://www.uptodate.com/contents/treatment-of-insomnia?source=search_result&search=insomnia&selectedTitle=1~150#H29 
  59. ^ a b c Merrigan, Jill M.; Buysse, Daniel J.; Bird, Joshua C. and Livingston, Edward H. (2013). “Isomnia”. JAMA 309 (7): 733. doi:10.1001/jama.2013.524. PMID 23423421. 
  60. ^ DSM-5とICSD-3の変更点”. 2016年4月28日閲覧。
  61. ^ Grau K, Plener PL (December 2017). “[Pharmacotherapy for children and adolescents with sleep disorders: an overview]”. Z Kinder Jugendpsychiatr Psychother: 1–10. doi:10.1024/1422-4917/a000562. PMID 29239270. 
  62. ^ National Prescribing Service (2010-02-01). "Addressing hypnotic medicines use in primary care". NPS News, Vol 67.
  63. ^ “Management of insomnia”. J Am Pharm Assoc (Wash) 39 (5): 688–96; quiz 713–4. (1999). PMID 10533351. 
  64. ^ Hagan, Pat (2009年7月14日). “The blast of cold air that cures insomnia.”. MailOnline. http://www.dailymail.co.uk/health/article-1199448/The-blast-cold-air-cures-insomnia.html 2009年7月14日閲覧。 
  65. ^ Hwang E, Shin S (February 2015). “The effects of aromatherapy on sleep improvement: a systematic literature review and meta-analysis”. J Altern Complement Med (2): 61–8. doi:10.1089/act.2015.21204. PMID 25584799. 
  66. ^ Lake, James A. (2006-10-31). Textbook of Integrative Mental Health Care. Thieme Medical Publishers. p. 313. ISBN 1-58890-299-4. https://books.google.co.jp/books?id=Bt5euqMwbpYC&pg=PA313&redir_esc=y&hl=ja 
  67. ^ “Nonpharmacologic approaches to the management of insomnia”. J Am Osteopath Assoc 110 (12): 695–701. (December 2010). PMID 21178150. http://jaoa.org/article.aspx?volume=110&page=695. 
  68. ^ 厚生労働科学研究班および日本睡眠学会ワーキンググループ編 2013, p. 8.
  69. ^ a b c 厚生労働省健康局 (2014-03-31). 健康づくりのための睡眠指針2014 (Report) (PDF) . 厚生労働省健康局 2018年5月23日閲覧。
  70. ^ a b c d e 厚生労働科学研究班および日本睡眠学会ワーキンググループ編 2013, p. 9.
  71. ^ Dimitriou TD, Tsolaki M (2017). “Evaluation of the efficacy of randomized controlled trials of sensory stimulation interventions for sleeping disturbances in patients with dementia: a systematic review”. Clin Interv Aging: 543–548. doi:10.2147/CIA.S115397. PMC 5364002. PMID 28360513. https://www.dovepress.com/evaluation-of-the-efficacy-of-randomized-controlled-trials-of-sensory--peer-reviewed-fulltext-article-CIA. 
  72. ^ Geiger-Brown, Jeanne M.; Rogers, Valerie E.; Liu, Wen; Ludeman, Emilie M.; Downton, Katherine D.; Diaz-Abad, Montserrat (2015-10). “Cognitive behavioral therapy in persons with comorbid insomnia: A meta-analysis” (英語). Sleep Medicine Reviews 23: 54–67. doi:10.1016/j.smrv.2014.11.007. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S1087079214001312. 
  73. ^ 睡眠薬を長期服用している慢性不眠症患者に対する認知行動療法の効果”. 2016年10月8日閲覧。
  74. ^ 日本老年医学会「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン 2015」に対するパブリックコメント”. 2016年5月12日閲覧。
  75. ^ a b "4". OECD Series on Health Care Quality Reviews - Japan (Report). OECD. 2014年11月. pp. 168, 193–194. doi:10.1787/9789264225817-en
  76. ^ ホフマン, S. G. 伊藤 正哉・堀越 勝(訳)(2012). 現代の認知行動療法--CBTモデルの臨床実践-- 診断と治療社, 183-191頁.
  77. ^ リー, D. 竹本 毅(訳)(2016). 10分でできる認知行動療法入門 日経BP社, 173-179頁.
  78. ^ ホフマン, S. G. 伊藤 正哉・堀越 勝(訳)(2012). 現代の認知行動療法--CBTモデルの臨床実践-- 診断と治療社, 183-185頁.
  79. ^ a b リー, D. 竹本 毅(訳)(2016). 10分でできる認知行動療法入門 日経BP社, 173頁.
  80. ^ a b 内山真、「不眠症と過眠症」『日大医学雑誌』 2007年 129巻 6号 p.422-426, doi:10.4264/numa.69.11, 日本大学医学会
  81. ^ a b 本多真「睡眠障害の治療」『日本薬理学雑誌』 2007年 129巻 6号 p.422-426, doi:10.1254/fpj.129.422, 日本薬理学会
  82. ^ リー, D. 竹本 毅(訳)(2016). 10分でできる認知行動療法入門 日経BP社, 176-177頁.
  83. ^ ホフマン, S. G. 伊藤 正哉・堀越 勝(訳)(2012). 現代の認知行動療法--CBTモデルの臨床実践-- 診断と治療社, 185-187頁.
  84. ^ 大矢 幸弘 (2013). 不眠症の認知行動療法 津田 彰・大矢 幸弘・丹野 義彦(編)臨床ストレス心理学 (p. 170) 東京大学出版会
  85. ^ リー, D. 竹本 毅(訳)(2016). 10分でできる認知行動療法入門 日経BP社, 174-176頁.
  86. ^ a b c リー, D. 竹本 毅(訳)(2016). 10分でできる認知行動療法入門 日経BP社, 178頁.
  87. ^ ホフマン, S. G. 伊藤 正哉・堀越 勝(訳)(2012). 現代の認知行動療法--CBTモデルの臨床実践-- 診断と治療社, 188-189頁.
  88. ^ Anguttara Nikaya XI.16. Metta Sutta. Good Will. University of Western Florida
  89. ^ Cincotta, Andrea; Gehrman, Philip; Gooneratne, Nalaka S.; Baime, Michael J. (2009). “The effects of a mindfulness-based stress management program on pre-sleep arousal and insomnia symptoms: A pilot study”. Stress and Health 27 (3): e299. doi:10.1002/smi.1370. ISBN 110914833X. 
  90. ^ “Usefulness of mindfulness-based cognitive therapy for treating insomnia in patients with anxiety disorders: a pilot study”. J. Nerv. Ment. Dis. 196 (6): 501–3. (June 2008). doi:10.1097/NMD.0b013e31817762ac. PMID 18552629. http://Insights.ovid.com/pubmed?pmid=18552629. 
  91. ^ “Combining mindfulness meditation with cognitive-behavior therapy for insomnia: a treatment-development study”. Behav Ther 39 (2): 171–82. (June 2008). doi:10.1016/j.beth.2007.07.002. PMC 3052789. PMID 18502250. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0005-7894(07)00072-X. 
  92. ^ Harrison C, Britt H (2009). “Insomnia”. Australian Family Physician 32: 283. http://www.racgp.org.au/afp/200905/200905beach.pdf. 
  93. ^ Chong Y., Fryar, C.D., and Gu, Q. (2013). Prescription Sleep Aid Use Among Adults: United States, 2005–2010. Hyattsville, Md.: アメリカ合衆国保健福祉省, Centers for Disease Control and Prevention, National Center for Health Statistics.
  94. ^ Prescription Sleep Aid Use Among Adults: United States, 2005–2010”. 2016年4月28日閲覧。
  95. ^ “Sedative hypnotics in older people with insomnia: meta-analysis of risks and benefits”. BMJ 331 (7526): 1169. (November 2005). doi:10.1136/bmj.38623.768588.47. PMC 1285093. PMID 16284208. http://www.bmj.com/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=16284208. 
  96. ^ Rosenberg, RP. (2006-01). “Sleep maintenance insomnia: strengths and weaknesses of current pharmacologic therapies”. Ann Clin Psychiatry 18 (1): 49-56. doi:10.1080/10401230500464711. PMID 16517453. 
  97. ^ a b c “The efficacy and safety of drug treatments for chronic insomnia in adults: a meta-analysis of RCTs”. J Gen Intern Med 22 (9): 1335–50. (September 2007). doi:10.1007/s11606-007-0251-z. PMC 2219774. PMID 17619935. https://doi.org/10.1007/s11606-007-0251-z. 
  98. ^ “Insomnia and psychotropic drug consumption”. Prog. Neuropsychopharmacol. Biol. Psychiatry 19 (3): 421–31. (May 1995). PMID 7624493. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/027858469400023B. 
  99. ^ “What's wrong with prescribing hypnotics?”. Drug Ther Bull 42 (12): 89–93. (December 2004). PMID 15587763. http://dtb.bmj.com/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=15587763. 
  100. ^ アメリカ睡眠医学会『睡眠障害国際分類第2版診断とコードの手引』医学書院、2010年7月、25頁。ISBN 978-4-260-00917-1 、ICSD-2, American Academy of Sleep Medicine, 2005.
  101. ^ a b 米国内科医学会 2016, Areas With Insufficient Evidence.
  102. ^ 睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン”. 2016年4月19日閲覧。
  103. ^ 厚生労働科学研究班および日本睡眠学会ワーキンググループ編 2013, pp. 19.
  104. ^ 健康日本21評価作業チーム (2011年10月). “「健康日本21最終評価」”. 厚生労働省. pp. 11-12. 2014年5月22日閲覧。
  105. ^ a b 厚生労働科学研究班および日本睡眠学会ワーキンググループ編 2013, pp. 31–32.
  106. ^ “Insomnia: drug treatment”. Ann. Acad. Med. Singap. 20 (2): 269–72. (March 1991). PMID 1679317. 
  107. ^ “Treatment of primary insomnia”. CMAJ 163 (4): 389–91. (August 2000). PMC 80369. PMID 10976252. http://www.cmaj.ca/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=10976252. 
  108. ^ Carlstedt, Roland A. (2009-12-13). Handbook of Integrative Clinical Psychology, Psychiatry, and Behavioral Medicine: Perspectives, Practices, and Research. Springer. pp. 128–130. ISBN 0-8261-1094-0. https://books.google.co.jp/books?id=4Tkdm1vRFbUC&redir_esc=y&hl=ja 
  109. ^ Lader, Malcolm Harold; P. Cardinali, Daniel; R. Pandi-Perumal, S. (2006-03-22). Sleep and sleep disorders: a neuropsychopharmacological approach. Georgetown, Tex.: Landes Bioscience/Eurekah.com. p. 127. ISBN 0-387-27681-5 
  110. ^ “Second meeting of the French CEIP (Centres d'Evaluation et d'Information sur la Pharmacodépendance). Part II: benzodiazepine withdrawal”. Therapie 64 (6): 365–70. (2009). doi:10.2515/therapie/2009051. PMID 20025839. http://publications.edpsciences.org/10.2515/therapie/2009051. 
  111. ^ a b 日本医師会、日本老年医学会『超高齢化社会におけるかかりつけ医のための適正処方の手引き』(pdf)日本医師会、2017年9月http://dl.med.or.jp/dl-med/chiiki/tebiki/H2909_shohou_tebiki.pdf 
  112. ^ 不眠症に対する不適切と思われるベンゾジアゼピン処方が日常的になされており、地域薬剤師はその検出と改善に貢献できる(薬害オンブズパースン会議2016年5月11日記事)
  113. ^ “Effectiveness of non-benzodiazepine hypnotics in treatment of adult insomnia: meta-analysis of data submitted to the Food and Drug Administration”. BMJ 345: e8343. (December 2012). doi:10.1136/bmj.e8343. PMC 3544552. PMID 23248080. http://www.bmj.com/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=23248080. 
  114. ^ WHO (2006年). “World Health Organisation - Assessment of Zopiclone” (PDF). who.int. 2011年12月閲覧。
  115. ^ Rowlett JK, Woolverton WL (November 1996). “Assessment of benzodiazepine receptor heterogeneity in vivo: apparent pA2 and pKB analyses from behavioral studies” (PDF). Psychopharmacology (Berl.) 128 (1): 1-16. doi:10.1007/s002130050103. PMID 8944400. http://www.springerlink.com/content/xeu44evyanvw1n65/fulltext.pdf. 
  116. ^ Noguchi H; Kitazumi K, Mori M, Shiba T. (March 2004). “Electroencephalographic properties of zaleplon, a non-benzodiazepine sedative/hypnotic, in rats” (pdf). J Pharmacol Sci. 94 (3): 246-51. doi:10.1254/jphs.94.246. PMID 15037809. https://doi.org/10.1254/jphs.94.246. 
  117. ^ a b Bennett T, Bray D, Neville MW (April 2014). “Suvorexant, a dual orexin receptor antagonist for the management of insomnia”. P & T : a Peer-reviewed Journal for Formulary Management 39 (4): 264–6. PMC 3989084. PMID 24757363. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3989084/. 
  118. ^ DrugBank: DB00366 (Doxylamine). Drugbank.ca. Retrieved on 2011-11-20.
  119. ^ サノフィ『ドリエル 医薬品添付文書 (PDF)』(レポート)、日本医薬情報センター、2011年10月。2014年3月17日閲覧
  120. ^ Richardson GS, Roehrs TA, Rosenthal L, Koshorek G, Roth T (October 2002). “Tolerance to daytime sedative effects of H1 antihistamines”. J. Clin. Psychopharmacol. 22 (5): 511–5. doi:10.1097/00004714-200210000-00012. PMID 12352276. 
  121. ^ Benadryl Addiction”. eMedTV (2013年9月8日). 2014年3月19日閲覧。
  122. ^ 厚生労働科学研究班および日本睡眠学会ワーキンググループ編 2013, p. 34.
  123. ^ a b c Culpepper L, Wingertzahn MA (2015). “Over-the-Counter Agents for the Treatment of Occasional Disturbed Sleep or Transient Insomnia: A Systematic Review of Efficacy and Safety”. Prim Care Companion CNS Disord (6). doi:10.4088/PCC.15r01798. PMC 4805417. PMID 27057416. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4805417/. 
  124. ^ “Trazodone addition for insomnia in venlafaxine-treated, depressed inpatients: a semi-naturalistic study”. Pharmacol. Res. 51 (1): 79–84. (January 2005). doi:10.1016/j.phrs.2004.06.007. PMID 15519538. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S1043-6618(04)00172-0. 
  125. ^ “Comparative effects of mirtazapine and fluoxetine on sleep physiology measures in patients with major depression and insomnia”. J Clin Psychiatry 64 (10): 1224–9. (October 2003). PMID 14658972. http://www.psychiatrist.com/jcp/article/pages/2003/v64n10/v64n1013.aspx. 
  126. ^ “Effects of mirtazapine on sleep polygraphic variables in major depression”. Neuropsychobiology 46 (4): 197–201. (2002). doi:10.1159/000067812. PMID 12566938. https://www.karger.com?DOI=10.1159/000067812. 
  127. ^ アメリカ睡眠医学会『睡眠障害国際分類第2版診断とコードの手引』医学書院、2010年7月、193頁。ISBN 978-4-260-00917-1 、ICSD-2, American Academy of Sleep Medicine, 2005.
  128. ^ a b Ferguson, Sally A; Rajaratnam, Shantha MW; Dawson, Drew (2014). “Melatonin agonists and insomnia”. Expert Review of Neurotherapeutics 10 (2): 305–318. doi:10.1586/ern.10.1. ISSN 1473-7175. 
  129. ^ a b 厚生労働科学研究班および日本睡眠学会ワーキンググループ編 2013, p. 33.
  130. ^ “Ramelteon in the treatment of chronic insomnia: systematic review and meta-analysis”. Int. J. Clin. Pract. 66 (9): 867–73. (September 2012). doi:10.1111/j.1742-1241.2012.02987.x. PMID 22897464. https://doi.org/10.1111/j.1742-1241.2012.02987.x. 
  131. ^ Conn, David K; Madan, Robert (2006). “Use of Sleep-Promoting Medications in Nursing Home Residents”. Drugs & Aging 23 (4): 271–287. doi:10.2165/00002512-200623040-00001. ISSN 1170-229X. 
  132. ^ Melatonin, Web M.D.”. 2012年10月2日閲覧。
  133. ^ Reilly, T (2009). “How can travelling athletes deal with jet lag?”. Kinesiology 41. http://hrcak.srce.hr/file/70889. 
  134. ^ 武田薬品工業『ロゼレム錠 8mg 医薬品添付文書 (PDF)』(レポート)、日本医薬情報センター、2011年7月。2014年3月17日閲覧
  135. ^ Sánchez-Barceló, Emilio; Mediavilla, Maria; Reiter, Russel J. (2011). “Clinical Uses of Melatonin in Pediatrics”. International Journal of Pediatrics 2011: 1. doi:10.1155/2011/892624. 
  136. ^ David Taylor, Carol Paton, Shitij Kapur『モーズレイ処方ガイドライン』(第10版)アルタ出版、2011年、286頁。ISBN 978-4-901694-45-2 、The Maudsley Prescribing Guideline 10th Edition, 2009
  137. ^ デイヴィッド・ヒーリー 著、田島治、江口重幸監訳、冬樹純子 訳『ヒーリー精神科治療薬ガイド』(第5版)みすず書房、2009年7月、263-265頁。ISBN 978-4-622-07474-8 、Psychiatric drugs explained: 5th Edition
  138. ^ Coe, HV; Hong, IS (May 2012). “Safety of low doses of quetiapine when used for insomnia”. The Annals of pharmacotherapy 46 (5): 718–22. doi:10.1345/aph.1Q697. PMID 22510671. 
  139. ^ Maglione, M; Maher, AR; Hu, J; Wang, Z; Shanman, R; Shekelle, PG; Roth, B; Hilton, L; Suttorp, MJ; Ewing, BA; Motala, A; Perry, T (2011). “Off-Label Use of Atypical Antipsychotics: An Update”. Agency for Healthcare Research and Quality (US); Report No.: 11-EHC087-EF. PMID 22132426. 
  140. ^ a b アメリカ国立衛生研究所 2005.
  141. ^ Conn, DK; Madan, R (2006). “Use of sleep-promoting medications in nursing home residents : risks versus benefits”. Drugs & aging 23 (4): 271–87. doi:10.2165/00002512-200623040-00001. PMID 16732687. 
  142. ^ アメリカ精神医学会 (2013年9月). Five Things Physicians and Patients Should Question (Report). ABIM Foundation.
  143. ^ アメリカ睡眠医学会『睡眠障害国際分類第2版診断とコードの手引』医学書院、2010年7月、189-206頁。ISBN 978-4-260-00917-1 、ICSD-2, American Academy of Sleep Medicine, 2005.
  144. ^ Del D. Miller, Pharm.D., M.D. (2006). “Atypical Antipsychotics: Sleep, Sedation, and Efficacy”. Prim Care Companion J Clin Psychiatry 6 (2): 3–7. PMID 16001094. 
  145. ^ 睡眠障害”. 特定非営利活動法人標準医療情報センター. 2016年4月19日閲覧。
  146. ^ Teegarden BR, Al Shamma H, Xiong Y (2008). “5-HT(2A) inverse-agonists for the treatment of insomnia”. Current Topics in Medicinal Chemistry 8 (11): 969–76. doi:10.2174/156802608784936700. PMID 18673166. 
  147. ^ a b c d e f g h i 花輪寿彦『漢方診療のレッスン』金原出版、2003年1月、176-178頁。ISBN 4307506030 
  148. ^ a b c d e f g h 日本医師会『漢方治療のABC』医学書院〈日本医師会生涯教育シリーズ〉、1992年、123-124頁。ISBN 4260175076 
  149. ^ Donath F, Quispe S, Diefenbach K, Maurer A, Fietze I, Roots I (2000). “Critical evaluation of the effect of valerian extract on sleep structure and sleep quality”. Pharmacopsychiatry 33 (2): 47-53. doi:10.1055/s-2000-7972. PMID 10761819. 
  150. ^ Morin CM, Koetter U, Bastien C, Ware JC, Wooten V (2005). “Valerian-hops combination and diphenhydramine for treating insomnia: a randomized placebo-controlled clinical trial”. Sleep 28 (11): 1465-71. PMID 16335333. 
  151. ^ Meolie AL, Rosen C, Kristo D, et al (2005). “Oral nonprescription treatment for insomnia: an evaluation of products with limited evidence”. Journal of Clinical Sleep Medicine 1 (2): 173-87. PMID 17561634. 
  152. ^ Billiard, M, Kent, A (2003). Sleep: physiology, investigations, medicine. pp. 275-7. ISBN 9780306474064. https://books.google.co.jp/books?id=IorPrIY6dOYC&pg=PA275&lpg=PA275&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q&f=false 
  153. ^ Cousens K, DiMascio A (1973). “THC as an hypnotic”. Psychopharmacologia 33 (4): 355–64. doi:10.1007/BF00437513. PMID 4776660. 
  154. ^ Ware MA, Fitzcharles MA, Joseph L, Shir Y (Feb 2010). “The effects of nabilone on sleep in fibromyalgia: results of a randomized controlled trial”. Anesth Analg. 110 (2): 604–10. doi:10.1213/ANE.0b013e3181c76f70. PMID 20007734. 
  155. ^ Babson KA, Sottile J, Morabito D (April 2017). “Cannabis, Cannabinoids, and Sleep: a Review of the Literature”. Curr Psychiatry Rep (4): 23. doi:10.1007/s11920-017-0775-9. PMID 28349316. 
  156. ^ Frank D'Ambrosio (2018年). “Can Cannabis Be Used to Replace Addictive Pharmaceuticals?”. Doctor Frank. 2018年3月10日閲覧。
  157. ^ a b c Five Things Physicians and Patients Should Question (Report). American Academy of Sleep Medicine. 2014年12月2日.
  158. ^ 睡眠障害の疫学”. 2017年7月24日閲覧。
  159. ^ American Geriatrics Society (2013年2月21日). Five Things Physicians and Patients Should Question (Report). ABIM Foundation. 2014年2月2日閲覧
  160. ^ Canadian Geriatrics Society - Five Things Physicians and Patients Should Question (Report). 2014年4月2日.
  161. ^ a b 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』日本老年医学会、2015年。ISBN 978-4758304900 
  162. ^ a b c 日本老年医学会「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン 2015」に対するパブリックコメント”. 日本睡眠学会. 2016年5月12日閲覧。
  163. ^ 不眠症”. 2016年4月19日閲覧。
  164. ^ 不眠症の疫学調査”. 2016年4月29日閲覧。
  165. ^ “Several Sleep Disorders Reflect Gender Differences”. Psychiatric News 42 (8): 40. (2007). http://psychnews.psychiatryonline.org/newsarticle.aspx?articleid=110961. 
  166. ^ 睡眠と生活習慣病との深い関係”. 2015年11月23日閲覧。
  167. ^ 睡眠不足が引き起こす病気・リスクは何ですか?”. 2015年11月23日閲覧。



不眠症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 01:27 UTC 版)

ベンゾジアゼピン」の記事における「不眠症」の解説

ベンゾジアゼピンは不眠症の短期間治療には有用であるが、第一選択肢認知行動療法(CBT)とすべきであり、処方依存有害作用といったリスク利益をよく検討したうえで行うべきである。依存症リスクのため2〜4週間超えた使用推奨できないベンゾジアゼピン断続的に最小有効量で用いることが望まれる。これらは入眠潜時費やす時間減らし睡眠時間延ばし通常覚醒弱めることで睡眠関連した問題改善する。 しかし、浅い眠り増やし深い睡眠を減らすことによって睡眠の質を悪化させるベンゾジアゼピンを含む睡眠薬の他の欠点として、その作用対す耐性予想されることや、反跳性不眠徐波睡眠減少反跳性の不眠長期にわたる不安や動揺といった特徴のある離脱期間が挙げられる。不眠症の治療に対して承認されベンゾジアゼピンの一覧は、多くの国の間でも似たり寄ったりであるが、公式に指定されている不眠症の治療処方される一次選択睡眠薬としてははっきりとした違いがある。ニトラゼパムジアゼパムのような長時間型のベンゾジアゼピン翌日まで効果持ち越すため、通常推奨されないアメリカで不眠症に対して適応のあるベンゾジアゼピンは、半減期の短いエスタゾラムトリアゾラムテマゼパムなどである。 新し非ベンゾジアゼピン系睡眠薬Z薬)が、短時間型のベンゾジアゼピンよりも優れているかについては明確ではない。医薬品のこれらの2つグループ有効性は同様である。米国医療品研究機構(AHQR)によればベンゾジアゼピン系副作用非ベンゾジアゼピン系よりも約2倍の頻度であることを、間接比較示している。一部専門家は、不眠症に対す一次選択長期的な治療として、優先的に非ベンゾジアゼピン系用いることを提案している。しかし英国国立医療技術評価機構NICE)は、Z薬優遇する確固たる証拠発見できなかった。NICEレビューは、長時間型のベンゾジアゼピン比較され短時間型のZ薬臨床試験不適切であることを指摘した短時間型のZ薬と、適切な用量短時間型のベンゾジアゼピンとを比較した試験存在しない。このことから、NICE費用患者好み基づいて睡眠薬選択することを推奨している。王立オーストラリア総合医学会(RACGP)は効果注意事項について、BZDZ薬は同じであるとしている。 高齢者においては、他の治療が有効でなかった場合除き、不眠症の治療ベンゾジアゼピン使用すべきではない。ベンゾジアゼピン用い場合すべての高齢患者の間で、運転する患者における交通事故や、同様に転倒腰部骨折発生率が2倍になることを示す証拠含めた有害なリスク増加について、患者介護者、また医師話し合うべきである。

※この「不眠症」の解説は、「ベンゾジアゼピン」の解説の一部です。
「不眠症」を含む「ベンゾジアゼピン」の記事については、「ベンゾジアゼピン」の概要を参照ください。


不眠症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 07:53 UTC 版)

睡眠不足」の記事における「不眠症」の解説

6種の睡眠異常の1つである不眠症は、成人人口の21-37%に影響している。 その症状は、日中過度眠気睡眠についての不満や心配、注意集中記憶に関する問題極端な気分変化または過敏性、 エネルギーモチベーション欠如学校職場におけるパフォーマンスの低下緊張性頭痛腹痛などが認識されている。 不眠症は、一次および二次、または併存した不眠症に分類することができる。 原発性不眠症(Primary insomnia)とは、医学的精神的環境的原因起因しない睡眠障害である 原発性不眠症は主に3つ分類され精神生理学的、特発性不眠症睡眠状態誤認逆説的不眠症)が挙げられる精神生理学的不眠症とは、不安誘発性のものである特発性不眠症とは、一般的に小児期始まり生涯続くものである。その原因は、睡眠覚醒サイクル制御する脳の一部における神経化学問題であり、睡眠不足信号または過活動覚醒信号のどちらが生じていることが示唆されている。睡眠状態誤認Sleep state misperception)とは、診断上は充分な睡眠取っているのだが、睡眠不充分であると誤って認識する状態である。 二次不眠症(Secondary insomnia)または併存不眠症は、他の医学的神経学的、心理的および精神医学的態と同時に起こる。原因は必ずしも判明しているとは限らない

※この「不眠症」の解説は、「睡眠不足」の解説の一部です。
「不眠症」を含む「睡眠不足」の記事については、「睡眠不足」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「不眠症」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「不眠症」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



不眠症と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「不眠症」の関連用語

不眠症のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



不眠症のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2024 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの不眠症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベンゾジアゼピン (改訂履歴)、睡眠不足 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS