ストレッチとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 素材 > ストレッチの意味・解説 

ストレッチ【stretch】

読み方:すとれっち

陸上競技場競馬場などの直線コース。特に、ホームストレッチをいう。

伸縮すること。また、伸縮する糸を用いた織物編物。「—ジーンズ

ストレッチ体操」の略。


ストレッチ stretching


ストレッチ

名前 Stretch

ストレッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 13:38 UTC 版)

スポーツや医療の分野においてストレッチ(Stretching)とは、 筋肉を良好な状態にする目的でその筋肉を引っ張って伸ばす行為。筋肉の柔軟性を高め、関節可動域を広げるほか、呼吸を整えたり、精神的な緊張を解けるという[1]。ここでいう「筋肉」とは「骨格筋」を指す。ヒトの体の筋肉は心臓を構成する心筋、内臓や血管にみられる平滑筋、骨格を動かす骨格筋に分類される。一般にいう「筋肉」とは骨格筋である。


  1. ^ 『スポーツレベルアップシリーズ!上達する!柔道』208頁。
  2. ^ a b 鈴木重行『IDストレッチング』第2版 三輪書店 1999年、45頁
  3. ^ 小沢治夫・西端泉 『Fitness Handy Notes 30』補訂版 (社)日本エアロビックフィットネス協会、2001年、167頁
  4. ^ a b c 小沢治夫・西端泉 『Fitness Handy Notes 30』補訂版 (社)日本エアロビックフィットネス協会、2001年、168頁
  5. ^ 鈴木重行『IDストレッチング』第2版 三輪書店 1999年、42頁
  6. ^ 鈴木重行『IDストレッチング』第2版 三輪書店 1999年、19頁
  7. ^ a b c 覚張秀樹・矢野雅知 『実践スポーツPNFコンディショニング』 大修館書店、1998年、40頁
  8. ^ a b 鈴木重行『IDストレッチング』第2版 三輪書店 1999年、2頁
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Types of Stretching”. マサチューセッツ工科大学. 2019年8月27日閲覧。
  10. ^ 中村格子 (2018年5月1日). “中村格子先生に学ぶ、ホントはすごい「ラジオ体操」【前編】肩こり&腰痛対策”. 2019年8月27日閲覧。
  11. ^ Pope, R. P.; Herbert, R. D.; Kirwan, J. D.; Graham, B. J. (February 2000). “A randomized trial of preexercise stretching for prevention of lower-limb injury”. Medicine and Science in Sports and Exercise 32 (2): 271–277. ISSN 0195-9131. PMID 10694106. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10694106. 
  12. ^ 『みるみる上達!スポーツ練習メニュー8陸上競技』15頁。
  13. ^ 【衝撃研究結果】 運動前にストレッチすると怪我しやすくなる”. Mail Online (2013年4月8日). 2019年8月27日閲覧。
  14. ^ 谷澤真, 飛永敬志, 伊藤俊一短時間の静的ストレッチングが柔軟性および筋出力に及ぼす影響」第21巻第1号、2014年、2019年8月27日閲覧。
  15. ^ 中村格子 (2018年7月13日). “体が柔らかい人は不要? ストレッチ7つの誤解をとく”. 2019年8月27日閲覧。
  16. ^ 鈴木重行『IDストレッチング』第2版 三輪書店 1999年
  17. ^ Zaffagnini, Stefano; Raggi, Federico; Silvério, Jorge; Espregueira-Mendes, Joao; di Sarsina, Tommaso Roberti; Grassi, Alberto (2016). “Chapter 4: General Prevention Principles of Injuries”. In Mayr, Hermann O.; Zaffagnini, Stefano. Prevention of injuries and overuse in sports : directory for physicians, physiotherapists, sport scientists and coaches. Springer. ISBN 978-3-662-47706-9 
  18. ^ a b Hong, Junggi; Briggs, Wyatt; Whitcomb, Tyler; Hindle, Kayla (2012-03-31). “Proprioceptive Neuromuscular Facilitation (PNF): Its Mechanisms and Effects on Range of Motion and Muscular Function”. J Hum Kinet 31 (1): 105–113. doi:10.2478/v10078-012-0011-y. PMC 3588663. PMID 23487249. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3588663/. 
  19. ^ 覚張秀樹・矢野雅知 『実践スポーツPNFコンディショニング』 大修館書店、1998年、39頁
  20. ^ 鈴木重行『IDストレッチング』第2版 三輪書店 1999年、5-9頁、46頁


「ストレッチ」の続きの解説一覧

ストレッチ (Stretch)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 05:25 UTC 版)

トイ・ストーリー3」の記事における「ストレッチ (Stretch)」の解説

紫色タコおもちゃゴム製伸縮できる。ロッツォ一味紅一点

※この「ストレッチ (Stretch)」の解説は、「トイ・ストーリー3」の解説の一部です。
「ストレッチ (Stretch)」を含む「トイ・ストーリー3」の記事については、「トイ・ストーリー3」の概要を参照ください。


ストレッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 08:32 UTC 版)

「ひずみ」の記事における「ストレッチ」の解説

ストレッチ、または延伸比は、特異線要素における垂直ひずみ測度であり、線要素変形後の長さ   ℓ {\displaystyle \ \ell } と変形前の長さL の比で定義される。   λ = ℓ L {\displaystyle \ \lambda ={\frac {\ell }{L}}} ストレッチは、次式によって工学ひずみ関連づけられる。   e = ℓ − L L = λ − 1 {\displaystyle \ e={\frac {\ell -L}{L}}=\lambda -1} ストレッチλ = 1 の時、垂直ひずみe = 0 になり、変形生じない。 ストレッチは、3から4のストレッチを与えて降伏しないエラストマーのように、大きな変形を示す材料解析用いられる一方コンクリートや鋼などは、低いストレッチで降伏する

※この「ストレッチ」の解説は、「ひずみ」の解説の一部です。
「ストレッチ」を含む「ひずみ」の記事については、「ひずみ」の概要を参照ください。


ストレッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 09:36 UTC 版)

コール オブ デューティ2 ビッグ レッド ワン」の記事における「ストレッチ」の解説

B-24爆撃機ガンナー階級不明ローランドの兄で、1ステージだけプレイヤーキャラクターとなる。ストレッチはあだ名である。

※この「ストレッチ」の解説は、「コール オブ デューティ2 ビッグ レッド ワン」の解説の一部です。
「ストレッチ」を含む「コール オブ デューティ2 ビッグ レッド ワン」の記事については、「コール オブ デューティ2 ビッグ レッド ワン」の概要を参照ください。


ストレッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/27 06:08 UTC 版)

マフェトン理論」の記事における「ストレッチ」の解説

ストレッチを、もし、運動前に行う場合は、アップの後、体が温まってら行うべきである。ストレッチはアップとは目的異なるので、アップ時間には含めてはいけない。ただし、マフェトンは、ストレッチにより可動範囲広がり故障増えることを懸念している

※この「ストレッチ」の解説は、「マフェトン理論」の解説の一部です。
「ストレッチ」を含む「マフェトン理論」の記事については、「マフェトン理論」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ストレッチ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ストレッチ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:10 UTC 版)

語源

英語 stretch

発音(?)

す↗とれ↘っち

名詞

ストレッチ

  1. 伸縮自在
  2. 競技場競馬場の直線コース
  3. 伸縮する布地総称
  4. 筋肉解すための柔軟体操

関連語


「ストレッチ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ストレッチと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ストレッチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ストレッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
スパファインダージャパンスパファインダージャパン
Copyright (C) 2022 SPAFINDER JAPAN All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのストレッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトイ・ストーリー3 (改訂履歴)、ひずみ (改訂履歴)、コール オブ デューティ2 ビッグ レッド ワン (改訂履歴)、マフェトン理論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのストレッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS