タコとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > タコの意味・解説 

章魚

読み方:タコ(tako

頭足類人腕目の軟体動物総称


紙鳶

読み方:タコ(tako


胼胝

読み方:タコ(tako

絶えず機械的刺激を受けたために、皮膚の表面角質化して厚く固くなったもの


タコ

英訳・(英)同義/類義語:octopus

生物の分類で、軟体動物門イカ綱(頭足類)タコ目(八腕類)に分類される動物群総称

読み方:タコ(tako

子供の遊びの一。

別名 紙鳶


読み方:タコ(tako

地形または杙打に用いる道具


タコ

作者渡辺淳一

収載図書失われた椅子
出版社角川書店
刊行年月1986.2
シリーズ名角川文庫


タコ

作者辺見庸

収載図書傷んだハートにこんなスチュウ
出版社世界文化社
刊行年月1992.8

収載図書ゆで卵
出版社角川書店
刊行年月1995.12

収載図書ゆで卵
出版社角川書店
刊行年月1998.10
シリーズ名角川文庫

収載図書銀糸の記憶辺見庸掌編小説集 白版
出版社角川書店
刊行年月2004.9


タコ

作者村上春樹

収載図書夜のくもざる―村上朝日堂超短篇小説
出版社平凡社
刊行年月1995.6

収載図書夜のくもざる村上朝日堂短篇小説
出版社新潮社
刊行年月1998.3
シリーズ名新潮文庫

収載図書村上春樹作品19902000 1 短篇集
出版社講談社
刊行年月2002.11


タコ

読み方:たこ

普通のタコはこちらから危害を及ぼさない限り、特に危険な生物ではないが、胴体下部の足の中心によく発達したオウムのようなクチバシがあり、腕などに絡みついたときに、このクチバシでかみつかれることがある太平洋暖かい海に生息するヒョウモンダコ体長小さいが、強い毒を持っているので、注意が必要。

マダコ

学名Octopus vulgaris 英名:Common octopus
地方名:タコ、アカシダコ 
軟体動物門頭足綱−八腕形目−マダコ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 動画

※出典:長崎県水産部ホームページ
生態写真はこちら

特徴
食用として最も重要なタコで、全世界広く分布する。繁殖期以外は岩礁などにすみつき、強いものが1番いい穴を占領縄張りをもつ。弱いものは穴すらなく、ちょっとしたくぼみに小石などをのせて隠れている。夜行性用心深く保護色や墨を吐くなどの防衛機能がある。夜、穴から出てカニエビ二枚貝などをおおいかぶさるようにして捕らえ、カラストンビ呼ばれる鋭いくちばしで食べる。春から夏にかけてが産卵期で、岩棚の下などに房状の卵を産み付ける。雄はその後すぐ死ぬが、雌は孵化するまで世話をする。卵が孵化すると雌は死ぬ。明石沖でとれるものはアカシダコと呼ばれ高価

分布:東北地方南部以南沿岸域世界温熱帯域 大きさ:60cm
漁法:たこつぼ漁、底引き網釣り 食べ方:刺身酢の物塩辛

章魚

読み方:タコ(tako

目、八腕亜目属す動物総称


読み方:タコ(tako

目、八腕亜目属す動物総称


読み方:タコ(tako

目、八腕亜目属す動物総称


タコ

読み方:たこ,たご

  1. 股引ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・東京府
  2. 股引ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・茨城県
  3. 股引ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・三重県
  4. 股引ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・愛知県
  5. 股引ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・岐阜県
  6. 股引ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・岩手県
  7. 股引ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・岡山県
  8. 頭巾又ハ股引ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・北海道庁
  9. 股引ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・宮城県
  10. 脚袢股引ノ類。〔第二類 人物風俗

分類 三重県北海道庁宮城県岐阜県岡山県岩手県愛知県東京府茨城県


タコ

読み方:たこ

  1. 同上(※「腰ヨリ」)下部ノコトヲ云フ。(※「だるま」参照)〔第六類 人身之部・石川県

分類 石川県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:タコ(tako

細くけずった竹の骨組みに紙をはり、糸をつけたもの。糸を引きながら風を利用して空中に高く揚げる

季節 新年、春

分類 人事


章魚

読み方:タコ(tako

軟体動物頭足綱属す海産動物

季節

分類 動物


紙鳶

読み方:タコ(tako

凧のこと

季節

分類 人事


読み方:タコ(tako

軟体動物頭足綱属す海産動物

季節

分類 動物


読み方:タコ(tako

軟体動物頭足綱属す海産動物

季節

分類 動物


読み方:タコ(tako

作者 大下宇陀児

初出 昭和11年

ジャンル 小説


読み方:タコ(tako

作者 竹久夢二

初出 大正15年

ジャンル 童謡


読み方:タコ(tako

作者 田中冬二

ジャンル


読み方:タコ(tako

作者 三浦哲郎

初出 昭和51年

ジャンル 小説


章魚

読み方:タコ(tako

作者 萩原朔太郎

初出 昭和9年

ジャンル アフォリズム


章魚

読み方:タコ(tako

作者 平林たい子

初出 昭和10年

ジャンル 小説


紙鳶

読み方:タコ(tako

作者 岩佐東一郎

初出 昭和19年

ジャンル 詩集


多古

読み方:タコ(tako

所在 千葉県香取郡多古町


多古

読み方:タコ(tako

所在 神奈川県小田原市


田子

読み方:タコ(tako

所在 長野県長野市


田子

読み方:タコ(tako

所在 和歌山県東牟婁郡串本町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

田子

読み方:タコ(tako

所在 和歌山県(JR紀勢本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

タコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 06:18 UTC 版)

タコ章魚学名:octopoda)は、頭足綱 - 鞘形亜綱英語版- 八腕形上目のタコ目に分類される軟体動物の総称。


注釈

  1. ^ ここで言う「半夏」は仏教用語の「半夏(はんげ)」。90日にわたる夏安居(げあんご)の中間。45日目のことを言う。

出典

  1. ^ a b c d e vol8.タコ - 南三陸味わい開発室”. 海の自然史研究所. 2019年10月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g ナショナルジオグラフィック 2016年11月号
  3. ^ Schweid 2014, p. 44.
  4. ^ Katherine 2014, p. 134.
  5. ^ Julian K. Finn, Tom Tregenza, and Mark D. Norman (2009). “Defensive tool use in a coconut-carrying octopus”. Current Biology 19 (23): 1069-70.  doi:10.1016/j.cub.2009.10.052
  6. ^ Finn, Julian K.; Tregenza, Tom; Norman, Mark D. (2009), "Defensive tool use in a coconut-carrying octopus", Curr. Biol. 19 (23): R1069–R1070 http://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(09)01914-9
  7. ^ Gelineau, Kristen (2009年12月15日). “Aussie scientists find coconut-carrying octopus”. The Associated Press. http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5jfq6qUad8oMqjmm0UKjxvMrFGaaAD9CJIGO80 2009年12月15日閲覧。 
  8. ^ Harmon, Katherine (2009年12月14日). “A tool-wielding octopus? This invertebrate builds armor from coconut halves”. Scientific American. http://www.scientificamerican.com/blog/post.cfm?id=a-tool-wielding-octopus-this-invert-2009-12-14 
  9. ^ Schweid 2014, p. 18.
  10. ^ Katherine 2014, p. 79.
  11. ^ もしもタコ墨パスタを作るなら「1人前7,200円超」 アメーバニュース、2014年2月4日
  12. ^ Budelmann BU (1998). “Autophagy in octopus”. South African Journal of Marine Science 20 (1): 101-108. doi:10.2989/025776198784126502. 
  13. ^ Jane J. Lee (2014年5月16日). “タコの腕はなぜ絡まってしまわないのか”. ナショナルジオグラフィック. https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/9241/ 2014年5月17日閲覧。 
  14. ^ Schweid 2014, p. 19.
  15. ^ 奥谷 2013, p. 21.
  16. ^ ナショナルジオグラフィック日本語公式サイト 動画‐動物‐魚類‐衝撃映像 サメVSタコ
  17. ^ Katherine 2014, p. 72.
  18. ^ Schweid 2014, p. 179.
  19. ^ Katherine 2014, p. 225.
  20. ^ Octopoda in WoRMS”. 2014年1月12日閲覧。
  21. ^ 奥谷 2013, p. 179.
  22. ^ a b かがくナビ科学技術振興機構ブログ)
  23. ^ 大阪湾の生き物カタログ マダコ”. 大阪府立環境農林水産総合研究所. 2014年1月12日閲覧。
  24. ^ 秘密のケンミンSHOW』の2015年2月5日放送分より。[出典無効]
  25. ^ 蛸(たこ)のゆで方”. 伯方塩業. 2017年1月6日閲覧。
  26. ^ 魚種別にみる水産資源の現状と問題/タコ WWFジャパン
  27. ^ モーリタニア産、および、アフリカ産の割合については、TBS情報7days ニュースキャスター』 2009年12月26日放送回に基づく。[出典無効]
  28. ^ 北海道の漁業図鑑 たこ漁業 (たこ箱)”. 2014年1月12日閲覧。
  29. ^ (やなぎだこ空釣り縄))”. 2014年1月12日閲覧。
  30. ^ Schweid 2014, p. 103.
  31. ^ Katherine 2014, p. 257.
  32. ^ Katherine 2014, p. 85.
  33. ^ First Octopus Farms Get Growing”. 2015年6月16日閲覧。
  34. ^ マダコの完全養殖の技術構築に成功
  35. ^ 日本水産 マダコの完全養殖成功 事業化目指す
  36. ^ 日本水産、世界で類を見ない「マダコの完全養殖」に成功
  37. ^ 北條令子「海と山の妖怪話」『香川の民俗』通巻44号、香川民俗学会、1985年、 4頁。
  38. ^ Dixon, Roland Burrage (1916). The Mythology of All Races. 9. Marshall Jones. p. 15 
  39. ^ “ram”. 新英和大辞典 (4 ed.). 研究社. (1960). p. 1472. 
  40. ^ “punner”. 新英和大辞典 (4 ed.). 研究社. (1960). p. 1442. 
  41. ^ 初めまして!工藤由愛 - Juice=Juiceオフィシャルブログ(サイバーエージェント) 2019年7月12日


「タコ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タコ」の関連用語

タコのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



タコのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ダイブネットダイブネット
COPYRIGHT©2020 DIVENET LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS