キムチとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > キムチの意味・解説 

キムチ

《(朝鮮語)。漬物の意》朝鮮料理で、塩漬けした大根白菜キュウリなどを唐辛子ニンニク塩辛などをまぜた薬味漬け込んだもの。

キムチの画像
白菜のキムチ

キムチ

名前 KimcheKimchi

キムチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 15:43 UTC 版)

キムチ: 김치)は、白菜などの野菜と、唐辛子魚介塩辛ニンニクなどを主に使用した韓国漬物[2]。かつては白キムチをキムチと呼んでいたが、唐辛子伝来以後はペッキムチと呼び、唐辛子を混ぜたのものをさす[2][3]


  1. ^ 編:文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会 編「6 野菜類」 『日本食品標準成分表』(2015年版(七訂))、2015年12月25日。ISBN 978-4-86458-118-9https://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/11/30/1365343_1-0206r8_1.pdf2022年6月20日閲覧 
  2. ^ a b キムチ』 - コトバンク
  3. ^ a b c d <W解説>韓国で続く中国産キムチへの不信感、その背景と日本の貢献とは?│韓国社会・文化│wowKora(ワウコリア)”. wowKorea(ワウコリア) (2021年5月21日). 2022年1月24日閲覧。 “キムチの主材料である唐辛子が半島に登場した時期には諸説がある。最も信ぴょう性の高いのは、16世紀から17世紀の間、日本から伝来したとのことだ。韓国の歴史教科書にも登場する百科事典「芝峰類説(1614年)」には「南蛮椒有大毒。始自倭国来。故俗謂倭芥子。(南蛮椒は大変なきつさが有る。始めは日本から来た。故に倭芥子と俗に言われる)」と書いてある。 その他、同じく韓国の歴史教科書に登場する「星湖僿説」などにも唐辛子が日本から伝来したことを明確に記述している。”
  4. ^ 【エステー】キムチ臭やニンニク臭にも効く「脱臭炭 冷蔵庫用/冷蔵庫用大型」を新発売”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年1月16日閲覧。
  5. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2016年9月3日). “韓国人のキムチ離れ深刻…5年で20%減 「タクアンが好き」「中国産まずい」” (日本語). SankeiBiz. 2022年1月16日閲覧。
  6. ^ a b キムチの起源と変遷1 | 食材・料理 | 韓国文化と生活” (日本語). www.konest.com. 2021年1月18日閲覧。
  7. ^ a b キッコーマン国際食文化研究センター - 館内展示パネル - 韓国の発酵食品”. www.kikkoman.co.jp. 2021年1月18日閲覧。
  8. ^ Weblio和英辞書 - 「キムチ」の英語・英語例文・英語表現”. ejje.weblio.jp. 2021年1月18日閲覧。
  9. ^ a b c d e 韓国と中国、「キムチ論争」勃発”. ニューズウィーク. p. 2 (2021年2月5日). 2021年6月26日閲覧。
  10. ^ a b c d “韓国、「キムチ産業振興計画」発表=中国産キムチが市場占領に危機感―中国メディア”. Record China. (2018年4月16日). http://www.recordchina.co.jp/b592173-s0-c20.html 2018年4月17日閲覧。 
  11. ^ a b 時事ドットコム 『韓国、キムチ離れ?=10年間で消費2割減』 2011年11月26日6時44分
  12. ^ a b Chosun Online 『10月時点で昨年の輸入額上回る』 2011年11月
  13. ^ a b 韓国のキムチ貿易赤字拡大…中国産キムチ増加で” (日本語). 中央日報. 2021年1月19日閲覧。
  14. ^ “キムチの歴史は1300年?200年?60年?韓国は辛く北朝鮮は辛くない”. コリアワールドタイムズ. (2019年5月28日). https://www.koreaworldtimes.com/topics/news/5533/ 2020年5月17日閲覧。 
  15. ^ キムチ断然トップは幻 統計大幅修正で浅漬けに”. 下野新聞社. 共同通信 (2005年12月17日). 2005年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月18日閲覧。
  16. ^ http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/04/26/20060426000040.html[リンク切れ]
  17. ^ 有鉤条虫|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局”. www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp. 2021年1月18日閲覧。
  18. ^ 商品紹介「朝鮮漬」|片山食品株式会社”. www.powerkun.co.jp. 2021年1月19日閲覧。
  19. ^ 商品紹介”. 菅野漬物食品 (2013年12月6日). 2013年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月19日閲覧。
  20. ^ 朝鮮漬” (日本語). マルタスギヨ株式会社. 2021年1月19日閲覧。
  21. ^ しげさんの恋人”. www.marushi.com. 有限会社マルシ. 2021年1月19日閲覧。
  22. ^ 生カップきゅうり朝鮮漬 90g 【タマゴヤの朝鮮漬】”. www.kounokura.com. 2021年1月18日閲覧。
  23. ^ 丸吉漬物株式会社”. web.archive.org (2007年10月30日). 2021年1月19日閲覧。
  24. ^ 朝鮮漬と白菜浅漬やハマグリのレシピ: 南大隅町やお新のブログ”. momo5524.seesaa.net. 2021年1月19日閲覧。
  25. ^ 朝鮮漬”. JA柳川 | 柳川農業協同組合 (2017年2月24日). 2021年1月18日閲覧。
  26. ^ 株式会社オズファーレ (2020年3月24日). “魅惑の朝鮮漬” (日本語). 2021年1月18日閲覧。
  27. ^ 朝鮮漬け”. Q&Q不動産. 2017年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月18日閲覧。
  28. ^ 朝倉、蔡『キムチへの旅』 55ページ
  29. ^ 朝倉、蔡『キムチへの旅』 89ページ
  30. ^ キムチの食べ過ぎで生活習慣病の危険”. 中央日報. 2007年4月1日閲覧。
  31. ^ http://news.donga.com/fbin/output?n=200608240287[リンク切れ]
  32. ^ 韓国人の塩分摂取過多、主犯は「キムチ類」” (日本語). 聯合ニュース. 2009年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月19日閲覧。
  33. ^ カプサイシンががんの発生促進、建国大教授らが解明”. 聯合ニュース. 2012年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月19日閲覧。
  34. ^ 新宿健康塾ニュース10月号「味覚障害」【Health Index】FINE-club~健康で元気な暮らし情報
  35. ^ Mathew A, Gangadharan P, Varghese C, Nair MK (2000). “Diet and stomach cancer: a case-control study in South India”. Eur. J. Cancer Prev. 9 (2): 89–97. doi:10.1097/00008469-200004000-00004. PMID 10830575. 
  36. ^ López-Carrillo L, López-Cervantes M, Robles-Díaz G, et al (2003). “Capsaicin consumption, Helicobacter pylori positivity and gastric cancer in Mexico”. Int. J. Cancer 106 (2): 277–82. doi:10.1002/ijc.11195. PMID 12800206. 
  37. ^ Archer VE, Jones DW (2002). “Capsaicin pepper, cancer and ethnicity”. Med. Hypotheses 59 (4): 450–7. doi:10.1016/S0306-9877(02)00152-4. PMID 12208187. 
  38. ^ López-Carrillo L, Hernández Avila M, Dubrow R (1994). “Chili pepper consumption and gastric cancer in Mexico: a case-control study”. Am. J. Epidemiol. 139 (3): 263–71. PMID 8116601. 
  39. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ),デジタル大辞泉,世界大百科事典内言及. “キムジャンとは” (日本語). コトバンク. 2022年1月16日閲覧。
  40. ^ 朝倉、蔡『キムチへの旅』 83ページ
  41. ^ 【こぼれ話】韓国女性の65%がキムチの作り方「知らない」”. 時事通信社. 2007年10月25日閲覧。
  42. ^ キムチのすべてがここに、漣川「キムチ村」オープン(9月19日)”. 聯合ニュース (2008年9月19日). 2013年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月19日閲覧。
  43. ^ 계화춘 (2021年7月22日). “韩国泡菜中文译名正式定为“辛奇” | 韩联社” (中国語). 韩联社(韩国联合通讯社). 2021年7月23日閲覧。
  44. ^ 김치 중국어 표기 논란 끝…중식명 ‘파오차이’→‘신치’” (朝鮮語). www.hani.co.kr (2021年7月22日). 2021年7月23日閲覧。
  45. ^ 韩国宣布将“辛奇”改回原译名“泡菜”_国际_新闻中心_新浪网-北美”. web.archive.org (2014年5月15日). 2021年7月23日閲覧。
  46. ^ a b 韓国と中国、「キムチ論争」勃発”. Newsweek. 2022年1月24日閲覧。
  47. ^ a b 中国産キムチで寄生虫検出、人糞肥料が原因か 東亜日報、2020年10月16日閲覧
  48. ^ 韓国産キムチと白菜から寄生虫卵 人民網、2020年10月16日閲覧
  49. ^ 国内で市販の韓国産キムチから回虫の卵…厚労省発表 読売新聞(2005年11月14日)
  50. ^ 中国「韓国産キムチから寄生虫卵」、食薬庁「輸出したことない」”. 中央日報 (2005年11月1日). 2018年4月17日閲覧。
  51. ^ 「客が残したスープを鍋に」…釜山・飲食店の「不衛生」な環境が物議に=韓国│韓国社会・文化│wowKora(ワウコリア)”. wowKorea(ワウコリア) (2021年4月19日). 2022年1月16日閲覧。
  52. ^ a b China, Record. “グツグツ煮たから大丈夫?韓国で今度はタラ鍋専門店の食べ残し再利用が物議” (jp). Record China. 2022年1月16日閲覧。
  53. ^ 「客が残したスープやキムチ」だけではなかった…「再利用」「偽表示」「不衛生」などで飲食業者31店を摘発=韓国釜山│韓国社会・文化│wowKora(ワウコリア)”. wowKorea(ワウコリア) (2021年4月23日). 2022年1月16日閲覧。
  54. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2021年4月14日). “【ソウルからヨボセヨ】反中感情とキムチ受難” (日本語). 産経ニュース. 2022年1月16日閲覧。
  55. ^ ライブ配信に映り込んだ…釜山の韓国食堂で食べ残しを再利用-Chosun online 朝鮮日報”. archive.fo (2021年3月8日). 2022年1月16日閲覧。
  56. ^ 「裸キムチ男」の衝撃、韓国を襲う 中国産の不買運動も:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年1月16日閲覧。
  57. ^ すべての韓国人が衝撃を受けた「中国人の裸キムチ」問題――その余波であぶり出された別のウソ(西岡省二) - 個人” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年1月16日閲覧。
  58. ^ 読売新聞 2006年11月28日付、キムチ没収、抗議の職員拘束…規制厳しい選手村



キムチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 07:20 UTC 版)

ラーメン帝国出身ラーメン人。パートナーヒカル同じく怪力サヌキ片思いしている。ラーメン好物で、文字通りキムチを入れる。『キムチゃん爆弾』と名付けた爆弾持ち歩いている。

※この「キムチ」の解説は、「アキラのうどんはサヌキもり!!」の解説の一部です。» 「アキラのうどんはサヌキもり!!」の概要を見る


キムチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 06:59 UTC 版)

2012年11月中国から韓国輸出されているキムチの白菜に、防腐剤としてホルマリン使われていることが報道され安全性が話題となった2021年3月には、中国のキムチ工場で、漬かった白菜をさびた掘削機で運ぶ様子や、白菜漬けている水槽裸の作業員入ってかき混ぜている様子窪み置かれた大根別の作業員が足で踏んで歩く様子など、不衛生な生産過程露呈し韓国で不安が広がった

※この「キムチ」の解説は、「中国産食品の安全性」の解説の一部です。» 「中国産食品の安全性」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

キムチ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/27 08:19 UTC 版)

語源

朝鮮語 김치

名詞

  1. 白菜大根などの野菜唐辛子魚介干物塩辛にんにくなどと混ぜ合わせ漬け込んだ朝鮮漬物総称

関連語

翻訳


「キムチ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

キムチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キムチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキムチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアキラのうどんはサヌキもり!! (改訂履歴)、中国産食品の安全性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのキムチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS