ラーメンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > 骨組み > ラーメンの意味・解説 

ラーメン【(ドイツ)Rahmen】


ラーメン【拉麺/老麺】

《(中国語)》中国風の麺(めん)。小麦粉に塩・梘(かんすい)などを加えて練り細長く引き伸ばしたもの。また、それをゆでて醤油味などのスープ入れ焼き豚メンマなどの具を加えたもの。中華そば

拉麺/老麺の画像

ラーメン rahmen

柱・梁各節点が剛に接合され一体となってる骨組み。「剛節架構」ともいう。

ラーメン

作者森瑤子

収載図書ベッドおとぎばなし PART2
出版社文芸春秋
刊行年月1992.9
シリーズ名文春文庫


ラーメン

作者真田秀逸

収載図書おもろいやっちゃ!(一発目)
出版社彩図社
刊行年月2001.5
シリーズ名ぶんりき文庫


ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 01:43 UTC 版)

ラーメンとは、中華麺スープを主とし、様々なとしてチャーシューメンマ味付け玉子・刻み海苔などを組み合わせた麺料理


  1. ^ 西山製麺 ラーメンワンダーランド「ラーメン丼の図柄の意味は?」 下記、関連項目・食器参照。
  2. ^ a b 大辞泉(小学館)ラーメンの項 「ラーメン【拉麺/老麺】<中国語> 中国風の麺。小麦粉に塩・かん水などを加えて練り、細長く引き伸ばしたもの。また、それをゆでて醬油味などのスープを入れ、焼豚・メンマなどの具を加えたもの。中華そば。」
  3. ^ a b c d e f g 大辞林(excite辞書)大辞泉(goo辞書)日本大百科全書(Yahoo!辞書)の「ラーメン」項より。
  4. ^ a b c d e f g h i j 新横浜ラーメン博物館「日本のラーメンの歴史」
  5. ^ 大手チェーンから最新の人気店まで:日本のラーメン、加速する海外進出” (日本語). nippon.com (2015年7月27日). 2021年2月28日閲覧。
  6. ^ 『日本ラーメン秘史』日経プレミアムシリーズ、2011年。
  7. ^ 埼玉県行田市 オートレストラン
  8. ^ おもな外食の栄養価|とうきょう健康ステーション”. www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp. 2021年2月17日閲覧。
  9. ^ 醤油ラーメン - カロリー計算/栄養成分” (日本語). カロリーSlism. 2021年2月17日閲覧。
  10. ^ 【カロリー】「豚骨ラーメン」の栄養バランス(2020/3/25調べ)”. www.eatsmart.jp. 2021年2月17日閲覧。
  11. ^ 天下一品. “天下一品 -鶏ガラベースのこってりラーメンが自慢!-” (日本語). 天下一品 -鶏ガラベースのこってりラーメンが自慢!-. 2021年2月17日閲覧。
  12. ^ 佐野実氏だけじゃない早死にするラーメン業界人 相次ぐラーメン殉死 - めるも” (日本語). ニュース&エンタメ情報『めるも』. 2021年2月16日閲覧。
  13. ^ 「ラーメン食べ過ぎると早死に」は本当なのか? 阿藤快さん死去でネット再浮上のラーメン好き「物故者」” (日本語). J-CAST ニュース (2015年11月19日). 2021年2月16日閲覧。
  14. ^ 広辞苑』(岩波書店)による記述の変遷。第1版(1955 (昭和30)年)[老麺](中国音 laomien)、第2版(1971 (昭和46)年)及び第2版補訂版(1976 (昭和51)年)[老麺](中国語)、第3版(1983 (昭和58)年)及び第4版(1991 (平成3)年)[拉麺・老麺](中国語から)、第5版(1998 (平成10)年)及び第6版(2008 (平成20)年)[拉麺](中国語から)。
  15. ^ a b c d 石神秀幸『ラーメンの真髄』、ベスト新書、KKベストセラーズ、2007年、ISBN 978-4-584-12154-2
  16. ^ 行正和義 (2014年9月1日). “おそらく世界初、大気圏突入熱によるラーメン調理「明星ミッション」”. ASCII.jp. 2016年7月14日閲覧。
  17. ^ Weblio和英辞書 -「らーめん」の英語・英語例文・英語表現”. ejje.weblio.jp. 2021年3月19日閲覧。
  18. ^ a b 『グランドセンチュリー和英辞典』三省堂や『マイスタディ英和・和英辞典』旺文社の「ラーメン」項で「Ramen」「Chinese noodles」両方記載されている
  19. ^ プログレッシブ和英辞典(コトバンク)
  20. ^ 『デイリーコンサイス西和・和西辞典』三省堂「ラーメン」項「Fideos chinos」
  21. ^ 和西辞典, 小学館. “ラーメンをスペイン語で言うと - コトバンク 和西辞典” (日本語). コトバンク. 2021年3月19日閲覧。
  22. ^ 松田典仁 (2012年9月13日). “ラーメン文化の普及を目指し”. ニッケイ新聞. 2013年1月8日閲覧。
  23. ^ a b ラーメン用語辞典 - 西山製麺株式会社
  24. ^ 切刃 - 菅野製麺所
  25. ^ 切刃について - 金子製作所
  26. ^ 【STARTup X】「完全食」ラーメンいかが 凪スピリッツ×ベースフード日経産業新聞』2018年12月20日(1面)2019年1月3日閲覧。
  27. ^ 国中明「核酸関連化合物の呈味作用に関する研究」『日本農芸化学会誌』第34巻第6号、日本農芸化学会、1960年、 489-492頁、 NAID 1300012309962012年10月閲覧。ONLINE ISSN 1883-6844, PRINT ISSN 0002-1407
  28. ^ 一蘭がとんこつ不使用ラーメン? ラーメン人気高まるイスラム圏に熱視線 産経ニュース 2019.9.2 12:00(2020年1月6日閲覧)
  29. ^ 「うまさに副作用 化学調味料でシビレ」『朝日新聞』昭和47年5月26日朝刊、13版、22面
  30. ^ 小菅、32頁。
  31. ^ 水戸観光協会「水戸藩らーめん
  32. ^ 『大日本仏教全書. 134』「蔭涼軒日録 文明十七年五月十七日」”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2021年3月2日閲覧。
  33. ^ 『大日本仏教全書. 135』「蔭涼軒日録 長享二年二月朔日」”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2021年3月2日閲覧。
  34. ^ 『大日本仏教全書. 135』「蔭涼軒日録 長享二年五月十六日」”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2021年3月2日閲覧。
  35. ^ 初ラーメン水戸黄門でない? 室町時代の新資料発見 - 産経ニュース、2017年7月13日
  36. ^ 日本で初めてラーメンを食べたのは「水戸黄門」ではなかった…歴史書き換える大発見 - スポーツ報知、2017年7月14日
  37. ^ BEGIN Japanology「ラーメン」 NHK 2009年10月16日
  38. ^ はんつ遠藤 『うまいラーメン屋の歩き方─ この1冊でラーメン博士になれる本』生活情報センター、2003年4月。ISBN 4915776964OCLC 167766813 
  39. ^ a b 『ザ・東京グルメ―足でかせいだ街角の美味 全222軒!』交通新聞社〈散歩の達人テーマ版MOOK〉、2007年1月。ISBN 4330909073OCLC 675063006 
  40. ^ 進来軒:千葉ラーメン紀行
  41. ^ 山路力也 『トーキョーノスタルジックラーメン』幹書房、2008年6月。ISBN 9784902615395OCLC 232342956 
  42. ^ シルシルミシル」2009年10月7日放送分のお初店調査で大勝軒の代表取締役本人が1914年創業を明言。東京の初のラーメン店に番組により認定
  43. ^ 小菅、66頁。
  44. ^ 小菅、67 - 70頁。
  45. ^ 小菅、77頁。
  46. ^ a b 富岡、14 - 15頁。
  47. ^ 小菅、70 - 72頁。
  48. ^ 小菅、78 - 88頁。
  49. ^ ただ、当時の竹家のラーメンは現在の札幌ラーメンとは異なる
  50. ^ 小菅、34, 42 - 50頁。
  51. ^ 奥山忠政 2003.
  52. ^ a b c d 『ラーメンと愛国』松岡正剛の千夜千冊1541夜、2014年04月15日
  53. ^ 西山製麺 ラーメンワンダーランド「屋台のはじまり」
  54. ^ 西山製麺 ラーメンワンダーランド「チャルメラの話」
  55. ^ ラーメン店開業支援「味分けFC」システム概要 - クックピット
  56. ^ 速水健朗『ラーメンと愛国』pp.21-22、講談社、2011年10月、ISBN 9784062800419
  57. ^ 「支那の呼稱を避けることに關する件」
  58. ^ [1]
  59. ^ 例: 小野員裕北島秀一、ほか多数。「Category:ラーメン評論家」も参照。
  60. ^ 例:財団法人日本地域開発センター機関誌『地域開発』2008年12月号通巻531号 特集「「ご当地ラーメン」によるまちづくりISSN 0385-6623NCID AN00140572
  61. ^ 『ラーメンと愛国』講談社、2011年、166-168頁。ISBN 978-4062800419OCLC 758439090 
  62. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「物産」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  63. ^ 米沢ラーメン - 新横浜ラーメン博物館
  64. ^ ごちそう埼玉:ふじみ野市”. www.smdc.or.jp. 2019年8月6日閲覧。
  65. ^ (社)敦賀観光協会
  66. ^ 中国で「日式ラーメン」といえば豚骨味しか売れない理由 DIAMOND ONLINE.株式会社ダイヤモンド社 2017.8.18 (文・藤岡久士、2017年8月19日閲覧)
  67. ^ 番組公式ブログ
  68. ^ FMGENKI179.3公式サイト番組表



ラーメン

出典:『Wiktionary』 (2021/08/28 14:00 UTC 版)

語源

諸説あり。中国語 拉面/拉麵 からとする説が最も有力。ほかに中国語 老面/老麵面/柳麵由来するという説もある。

発音

名詞

ラーメン拉麺老麺柳麺

  1. 料理一種細い麺を醤油味噌豚骨などで味付けし、汁と共にする、中国麺料理由来する日本料理

類義語

中華そば支那そば


「ラーメン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




ラーメンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ラーメンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラーメンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラーメン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのラーメン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS