ラッキョウとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > ラッキョウの意味・解説 

辣韮

読み方:ラッキョウ(rakkyou)

ユリ科ネギ属多年草


ラッキョウ

ラッキョウ
科名 ユリ科
別名: オオミラ
生薬名: ガイハク薤白
漢字表記 辣韮
原産 中国原産
用途 和名のラッキョウ「辣韮」は辛いニラの意味です。酢漬けにして食用としますが、食欲増進には生食で、腹痛には刻んで、乾燥したものを煎じ服用します。
学名: Allium chinense G. Don
   

茖葱

読み方:ラッキョウ(rakkyou)

ユリ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Allium chinense


読み方:ラッキョウ(rakkyou)

ユリ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Allium chinense


辣韭

読み方:ラッキョウ(rakkyou)

ユリ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Allium chinense


辣韮

読み方:ラッキョウ(rakkyou)

ユリ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Allium chinense


読み方:ラッキョウ(rakkyou)

ユリ科野菜特有のかおりがある

季節

分類 植物


辣韮

読み方:ラッキョウ(rakkyou)

地下紡錘形鱗茎があり、野蒜に似た細長いが束になって出る。独特の臭気辛味がある

季節

分類 植物


ラッキョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/27 14:16 UTC 版)

ラッキョウ(辣韮、薤、辣韭、学名 Allium chinense)はネギ属多年草・野菜。別名は「オオニラ」、「サトニラ」。


  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Allium chinense G. Don”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2014年7月3日閲覧。
  2. ^ a b 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  3. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  4. ^ この食べ合わせは大丈夫?はっぴーママcom.「カレー&らっきょう」
  5. ^ 最強野菜!らっきょう 驚異の底力 国民的大誤解! らっきょうの正体は・・・”. NHK ためしてガッテン (2014年7月2日). 2014年7月14日閲覧。
  6. ^ 小林 恭一、『花らっきょうと乳酸菌』、「日本乳酸菌学会誌」13 巻 (2002) 1 号 p. 53-56
  7. ^ カレーのともだち「島らっきょう」について
  8. ^ 胸のつかえ・痛みなど


「ラッキョウ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ラッキョウ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||


4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

ラッキョウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ラッキョウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2018, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラッキョウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS