草鞋とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 草鞋 > 草鞋の意味・解説 

そう あい さう- 【草鞋

〔「あい」は慣用音
わらじ。そうかい。 「自ら玉趾を-のちりにけがして/太平記 7

そう かい さう- [0] 【草鞋

わらじ。そうあい
挿鞋そうかい」に同じ。

わらじ わらぢ [0] 【〈草鞋〉】

〔「わらぐつ」から「わらうづ」「わらんづ」「わらんぢ」と転じてできた語〕
で編んだ、ぞうりに似た履物爪先つまさき)の長い緒を縁の乳()に通してはく。
[句項目] 草鞋を脱ぐ 草鞋を穿く

わらんず わらんづ 【〈草鞋〉】

わらじ(草鞋)」に同じ。わろうず。 「 -などいふ物しばりはき/平家 2

草鞋

読み方:ワランズ(waranzu)

で編んだ、ぞうりに似た履物


草鞋

読み方:ワランズ(waranzu)

製の履物


わらじ 【草鞋】

ワラグツの転ワランジの約)で作った履物神社村境などに大きなのを下げておく風があるが、そのわけは、悪霊がこれを見て、こんな大きなものをはく者がいると思って逃げていく、というのと、遠方から来る神を歓待するとの、二つの意味があるという。他所からの移転者が、保証人として頼む家を草鞋親といった。またとりあえず最初に働かせてもらうのを「草鞋脱ぎ」という。これは旅で汚れた草鞋を脱ぐの意。寺の仁王門には祈願のために草鞋を掛けておく風があるので、仁王草鞋大王ともいう。山伏がはくのは「八つめの草鞋」といい、八葉.を踏むの意がある。

草鞋


草鞋

読み方:わらじ

  1. 女陰のこと。〔風流
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

草鞋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/07 08:02 UTC 版)

草鞋または(わらじ)は、稲藁で作られる日本の伝統的な履物(サンダル)の一つである。




「草鞋」の続きの解説一覧





草鞋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「草鞋」の関連用語

草鞋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



草鞋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2018 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの草鞋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS