葉酸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 葉酸 > 葉酸の意味・解説 

よう‐さん〔エフ‐〕【葉酸】

ビタミンB複合体の一。緑葉野菜酵母肝臓などに多く含まれ、欠乏すると貧血起こす最初にホウレンソウから抽出されたのでこの名がある。ビタミンM


葉酸

分子式C19H19N7O6
その他の名称:葉酸、ビタミンMビタミンBcプテロイルグルタミン酸Vitamin M、Folic acidVitamin Bc、Pteroylglutamic acid、N-[4-[[(2-Amino-1,4-dihydro-4-oxopteridin-6-yl)methyl]amino]benzoyl]-L-glutamic acidUSAF CB-13、NSC-3073、ホラシン、N-プテロイル-L-グルタミン酸、Folacin、N-[4-(2-Amino-4-oxo-1,4-dihydropteridine-6-ylmethylamino)benzoyl]-L-glutamic acid、N-[4-[(2-Amino-4-hydroxypteridine-6-yl)methylamino]benzoyl]-L-glutamic acid、フォリアミン、Foliamin、N-Pteroyl-L-glutamic acid
体系名:N-[4-[[(2-アミノ-1,4-ジヒドロ-4-オキソプテリジン-6-イル)メチル]アミノ]ベンゾイル]-L-グルタミン酸、N-[4-(2-アミノ-4-オキソ-1,4-ジヒドロプテリジン-6-イルメチルアミノ)ベンゾイル]-L-グルタミン酸、N-[4-[(2-アミノ-4-ヒドロキシプテリジン-6-イル)メチルアミノ]ベンゾイル]-L-グルタミン酸


葉酸(ビタミンB)

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


葉酸 ( folic acid )

造血作用赤血球産生生産)に関与しているビタミンで、ビタミンB12とともに悪性貧血のさい、赤血球新生促進する働きあります肝臓多く貯蔵されていますが、酵母ホウレンソウなどからも得られます。成人場合1日350650μg程度食事からの摂取が必要ですが、抗菌薬投与などにより、腸内細菌死滅したときなどには葉酸欠乏起こります。

葉酸(ヨウサン)

赤血球形成助ける、胎児の正常な発育寄与する栄養素です。

葉酸 (ようさん)

葉酸はビタミンB群属す水溶性溶けるタイプという意味)ビタミン。血をつくる働きに関係し、不足すると貧血になることもあります。また妊娠を望んでいる女性妊娠中の女性は、妊娠前から妊娠初期にかけて1日0.4mgの葉酸を摂取することで胎児神経管閉鎖障害発症リスク低下させるとされています。体内蓄えることがなかなかできないので、毎日摂取することが大切。緑黄色野菜果物などに多く含まれていますが、こうした野菜などから摂取できる葉酸の量は限られているので、サプリメント栄養補助食品)の利用勧められます。ただし、とりすぎは禁物で、1日摂取目安量守ることが大切です。サプリメントなどは表示をよく確認ましょう
●以下の情報参考にしてください
*「妊娠中の食事とサプリメントについて」国立研究開発法人医療基盤・健康・栄養研究所情報センター

葉酸

Folic acid, folinic acid

【概要】 ビタミン一種。普通は食品から吸収できるがアルコール症の患者では不足しやすい。ファンシダールペンタミジンST合剤など、葉酸の利用を邪魔するは、人間毒性をもつ可能性があるので、葉酸を補充することがある

《参照》 ST合剤ファンシダールペンタミジン


葉酸

【仮名】ようさん
原文folic acid

がんを予防する物質として研究されているビタミンb複合体。「folate葉酸塩)」とも呼ばれる

葉酸塩、葉酸

【仮名】ようさんえん
原文folate

がんを予防する物質として研究されているビタミンb複合体。「folic acid(葉酸)」とも呼ばれる

葉酸

ブテロイルグルタミン酸という物質で、糖分分解たんぱく質ヘモグロビン赤血球核酸合成働きます。また細胞分裂発育促進し、皮膚の健康を維持しています。レバー牛肉豚肉、卵、牛乳緑黄色野菜豆類などに含まれています。

葉酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/26 07:21 UTC 版)

葉酸(ようさん、: folate)はビタミンB群の一種。ビタミンMビタミンB9プテロイルグルタミン酸とも呼ばれる。栄養素のひとつ。水溶性ビタミンに分類される生理活性物質である。プテリジンパラアミノ安息香酸と1つまたは複数のグルタミン酸が結合した構造を持つ。1941年乳酸菌増殖因子としてホウレンソウの葉から発見された。葉はラテン語で folium と呼ばれることから葉酸 (folic acid) と名付けられた[2]。葉酸は体内で還元を受け、ジヒドロ葉酸を経てテトラヒドロ葉酸に変換された後に補酵素としてはたらく。




  1. ^ The relationship between intracellular and plasma levels of folate and metabolites in the methionine cycle: A model. doi:10.1002/mnfr.201200125. PMC: 3786706. PMID 23143835. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3786706/. 
  2. ^ Andrew Salter, Helen Wiseman and Gregoy Tucker, ed (2012). “Chapter6 Folate”. Phytonutrients. Willy-Blackwell. p. 173-174. ISBN 978-1-4051-3151-3 
  3. ^ a b 『ラングマン人体発生学第10版』、ISBN 978-4-89592-650-8
  4. ^ 厚生省の神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための報道発表資料
  5. ^ 葉酸 - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所
  6. ^ 血液検査-巨赤芽球性貧血 1999/03/10の講義 中国労災病院中央検査部
  7. ^ Goh YI & Koren G (2008) Folic acid in pregnancy and fetal outcomes. J Obstet Gynaecol 28, 3-13.
  8. ^ EC 1.5.1.3
  9. ^ Hoffbrand AV & Weir DG (2001) The history of folic acid. Br J Haematol 113, 579-589.
  10. ^ Appaji Rao N, Ambili M, Jala VR, Subramanya HS, Savithri HS (April 2003). “Structure-function relationship in serine hydroxymethyltransferase.”. Biochim. Biophys. Acta 1647 (1-2): 24–9. doi:10.1016/S1570-9639(03)00043-8. PMID 12686103. 
  11. ^ Stover P, Schirch V (August 1990). “Serine hydroxymethyltransferase catalyzes the hydrolysis of 5,10-methenyltetrahydrofolate to 5-formyltetrahydrofolate”. J. Biol. Chem. 265 (24): 14227–33. PMID 2201683. http://www.jbc.org/content/265/24/14227.short. 
  12. ^ ENZYME: 2.1.2.1 KEGG
  13. ^ Duthie SJ (1999). “Folic acid deficiency and cancer: mechanisms of DNA instability”. Br. Med. Bull. 55 (3): 578-592. PMID 10746348. http://bmb.oxfordjournals.org/content/55/3/578.abstract. 
  14. ^ Van Guelpen B (2007). “Folate in colorectal cancer, prostate cancer and cardiovascular disease”. Scand J Clin Lab Invest 67 (5): 459–73. doi:10.1080/00365510601161513. PMID 17763182. 
  15. ^ Jennings E (1995). “Folic acid as a cancer-preventing agent”. Med Hypotheses 45 (3): 297–303. doi:10.1016/0306-9877(95)90121-3. PMID 8569555. 
  16. ^ Ebbing M, Bønaa KH, Nygård O, et al. (2009). “Cancer incidence and mortality after treatment with folic acid and vitamin B12. JAMA 302 (19): 2119–26. doi:10.1001/jama.2009.1622. PMID 19920236. http://jama.ama-assn.org/cgi/content/short/302/19/2119. 
  17. ^ Kim YI (1 November 2004). “Will mandatory folic acid fortification prevent or promote cancer?”. Am J Clin Nutr 80 (5): 1123–8. PMID 15531657. http://www.ajcn.org/cgi/content/full/80/5/1123. 
  18. ^ a b Ulrich American Journal of Clinical Nutrition, Vol. 86, No. 2, 271-273, August 2007 Folate and cancer prevention: a closer look at a complex picture
  19. ^ Sanjoaquin MA, Allen N, Couto E, Roddam AW, Key TJ (2005). “Folate intake and colorectal cancer risk: a meta-analytical approach”. Int J Cancer 113 (5): 825–8. doi:10.1002/ijc.20648. PMID 15499620. 
  20. ^ Giovannucci E, Stampfer MJ, Colditz GA, et al. (1998). “Multivitamin use, folate, and colon cancer in women in the Nurses' Health Study”. Ann. Intern. Med. 129 (7): 517–24. PMID 9758570. 
  21. ^ Cole BF, Baron JA, Sandler RS et al. (2007). “Folic acid for the prevention of colorectal adenomas: a randomized clinical trial”. JAMA 297 (21): 2351–9. doi:10.1001/jama.297.21.2351. PMID 17551129. 
  22. ^ a b Johansson M et al Feb 2008 17(2) Cancer Epidemiol Biomarkers Prev, Circulating Concentrations of Folate and Vitamin B12 in Relation to Prostate Cancer Risk: Results from the European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition Study
  23. ^ Larsson SC, Håkansson N, Giovannucci E, Wolk A (2006). “Folate intake and pancreatic cancer incidence: a prospective study of Swedish women and men”. J Natl Cancer Inst 98 (6): 407–13. doi:10.1093/jnci/djj094. PMID 16537833. http://jnci.oxfordjournals.org/cgi/content/full/98/6/407. 
  24. ^ Kim YI (2006). “Does a high folate intake increase the risk of breast cancer?”. Nutr Rev 64 (10 Pt 1): 468–75. doi:10.1301/nr.2006.oct.468-475. PMID 17063929. 
  25. ^ Ericson U, Sonestedt E, Gullberg B, Olsson H, Wirfält E (2007). “High folate intake is associated with lower breast cancer incidence in postmenopausal women in the Malmö Diet and Cancer cohort”. Am J Clin Nutr 86 (2): 434–43. PMID 17684216. 
  26. ^ Zhang SM, Cook NR, Albert CM, Gaziano JM, Buring JE, Manson JE (November 2008). “Effect of combined folic acid, vitamin B6, and vitamin B12 on cancer risk in women: a randomized trial”. JAMA 300 (17): 2012–21. doi:10.1001/jama.2008.555. PMC: 2593624. PMID 18984888. http://jama.ama-assn.org/cgi/content/short/300/17/2012. 
  27. ^ a b Zhang S et al, Vol. 281 No. 17, May 5, 1999, 1632-1637, JAMA, A Prospective Study of Folate Intake and the Risk of Breast Cancer
  28. ^ MedlinePlus: Folic Acid Supplements Raise Prostate Cancer Risk”. 2010年11月1日閲覧。
  29. ^ a b Figueiredo et al., 2009, "Folic acid and risk of prostate cancer: results from a randomized clinical trial"
  30. ^ Weinstein SJ et al Null Association Between Prostate Cancer and Serum Folate, Vitamin B6, Vitamin B12, and Homocysteine Vol 12 pg 1271-1272 Cancer Epidemiology, Biomarkers, & Prevention November 2003
  31. ^ figueiredo et al 2009 folic acid and risk of prostate cancer: results from a randomized clinical trial
  32. ^ figueiredo et al 2009 folic acid and risk of prostate cancer: results from a randomized clinical trial
  33. ^ a b c Hattori, Y; Maitani, Y (2005). “Folate-linked nanoparticle-mediated suicide gene therapy in human prostate cancer and nasopharyngeal cancer with herpes simplex virus thymidine kinase.”. Cancer gene therapy 12 (10): 796–809. doi:10.1038/sj.cgt.7700844. PMID 15891776. http://www.nature.com/cgt/journal/v12/n10/pdf/7700844a.pdf. 
  34. ^ "folic-acid and Xeloda Interactions"
  35. ^ Bailey SW, Ayling JE (September 2009). “The extremely slow and variable activity of dihydrofolate reductase in human liver and its implications for high folic acid intake”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 106 (36): 15424–9. doi:10.1073/pnas.0902072106. PMC: 2730961. PMID 19706381. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2730961/. 
  36. ^ a b Hazra, A; Selhub, J; Chao, WH; Ueland, PM; Hunter, DJ; Baron, JA (2010). “Uracil misincorporation into DNA and folic acid supplementation.”. The American journal of clinical nutrition 91 (1): 160–5. doi:10.3945/ajcn.2009.28527. PMC: 2793107. PMID 19923375. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2793107/. 
  37. ^ a b Seto, SW; Lam, TY; Or, PM; Lee, WY; Au, AL; Poon, CC; Li, RW; Chan, SW et al. (2010). “Folic acid consumption reduces resistin level and restores blunted acetylcholine-induced aortic relaxation in obese/diabetic mice.”. The Journal of nutritional biochemistry 21 (9): 872–80. doi:10.1016/j.jnutbio.2009.06.015. PMID 19879746. 





葉酸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「葉酸」の関連用語

葉酸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



葉酸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
e-血液.come-血液.com
Copyright 2021(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2021 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2021 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2021, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2021 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの葉酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS