μgとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > μgの意味・解説 

マイクログラム

別名:μg
英語:microgram

重量単位。「マイクロ」はSI接頭辞一つで、「100万分の1」を意味する。つまり、1マイクログラムは100万分の1グラムである。

マイクログラムは、いわゆる環境科学食品化学といった分野比較多く用いられる。マイクログラムの100分の1は「ナノグラム」、ナノグラムのさらに100分の1は「ピコグラム」となり、ともに多く用いられる。

大気汚染原因一つとして問題視される粒子状物質PM2.5」の大気含有量は、1立方メートル当たりに含まれる重量をマイクログラムで示すことが多い。2009年環境省による環境基準告示では、「年間平均値15μg/m3 以下、1日平均値35μg/m3以下」が基準とされている。

2013年3月5日には熊本県環境省定め環境基準およそ3倍弱にあたる101マイクログラムが観測された。偏西風風上位置する中国ではPM2.5による大気汚染深刻化しており、呼吸器異常が俗に北京咳」と呼ばれるようにもなっている。

マイクログラム(μg)

重量単位です。
1μg=10-3mg10-6

μg、ng、pg(マイクログラム、ナノグラム、ピコグラム)

重さ(体積長さ)の単位です。国際的に使われる単位系においては重さキログラム体積リットル長さメートルなどを使うことになっています。これに、10整数乗倍を示す接頭語付けて、大きい量や小さい量を表現します。 大きい方は、10倍がデカ100倍がヘクト、1,000倍がキロ以降は1,000倍(103 乗倍)ずつ大きくなって、メガ100万倍)、ギガ(10億倍)、テラ(1兆倍)となります。小さい方は1/10デシ1/100センチ1/1,000ミリ、以下1/1,000(10マイナス3乗倍)ずつ小さくなって、マイクロ(1/100)、ナノ(1/10億)、ピコ(1/1 兆)となります。

表1 重量単位
1gグラム1グラム
1mg(ミリグラム1,000分の1グラム
1μg(マイクログラム100万分の1グラム
1ng(ナノグラム10億分の1グラム
1pg(ピコグラム1兆分の1グラム

表2 分率の単位
1%percent : part per cent100分の1
1ppm( part per million100万分の1
1ppb( part per billion10億分の1
1ppt( part per trillion1兆分の1

キログラム

(μg から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/23 01:50 UTC 版)

キログラム: kilogramme: kilogram、記号: kg)は、国際単位系(SI)における質量基本単位である。国際キログラムともいう。基本単位に接頭辞(k)がついているのはキログラムだけである。




  1. ^ キログラムの定義が変わる、そのとき何が起こるのか? 講談社ブルーバックス、臼田孝、2018年4月24日
  2. ^ 「キログラム」の定義、変更を決定 「アンペア」なども 朝日新聞、2018-11-16
  3. ^ 臼田孝、新しい1キログラムの測り方、p.199、ブルーバックス B-2056、2018年4月20日第1刷、講談社、ISBN 978-4-06-502056-2
  4. ^ A concise summary of the International System of Units, SI 第2ページ、Table 1 The seven base units of the SI,massの欄、2019-05-20、BIPM
  5. ^ 計量単位令の一部を改正する政令案 新旧対照条文 経産省 産業技術環境局 計量行政室、2019年5月14日
  6. ^ 標準改定の歴史、今回の改定と今後 臼田孝(国際度量衡委員)、日本学術会議公開シンポジウム、p.28、2018年12月2日
  7. ^ Note on the impact of the redefinition of the kilogram on BIPM mass calibration uncertainties BIPM,2019-05-20
  8. ^ Decree on weights and measures” (1795年4月7日). 2011年11月2日閲覧。 “Gramme, le poids absolu d'un volume d'eau pure égal au cube de la centième partie du mètre , et à la température de la glace fondante.”
  9. ^ イアン・ホワイトロー、「単位の歴史 測る・計る・量る」p.101、冨永星訳、大月書店、ISBN 978-4-272-44037-5、2009年5月20日第1刷発行
  10. ^ K8(41)は誤って41番と刻印されたが、付属品は正しく8番とされている。したがって8番と刻印された原器はなく、この原器がK8(41)と呼ばれる。
  11. ^ G. Girard (1994). “The Third Periodic Verification of National Prototypes of the Kilogram (1988–1992)”. Metrologia 31 (4): 317–336. Bibcode1994Metro..31..317G. doi:10.1088/0026-1394/31/4/007. 
  12. ^ New Techniques in the Manufacture of Platinum-Iridium Mass Standards, T. J. Quinn, Platinum Metals Rev., 1986, 30, (2), pp. 74–79.
  13. ^ The International Prototype(IPK) BIPM
  14. ^ 国際キログラム原器と分析化学 三浦 勉(産業技術総合研究所計測標準研究部門)、ぶんせき、p.164、2012年3月
  15. ^ イアン・ホワイトロー、「単位の歴史 測る・計る・量る」p.101、冨永星訳、大月書店、ISBN 978-4-272-44037-5、2009年5月20日第1刷発行
  16. ^ a b 「国際キログラム原器、50マイクログラムの減量明らかに」AFPBB News
  17. ^ https://www.aist.go.jp/science_town/standard/standard_01/standard_01_01.html 「“ものさし”のふるさと!?」 産総研 2015年10月14日閲覧
  18. ^ 水島他、p.185。
  19. ^ a b 日本国キログラム原器について 産総研 計量標準総合センター 工学計測標準研究部門、質量標準研究グループ長 倉本 直樹、4/7ページ
  20. ^ 日本国キログラム原器について 産総研 計量標準総合センター 工学計測標準研究部門 質量標準研究グループ長 倉本 直樹、 5/7ページ
  21. ^ 水島他、p.190。
  22. ^ 日本国キログラム原器について 2/7ページ、産総研 計量標準総合センター 工学計測標準研究部門 質量標準研究グループ長 倉本 直樹
  23. ^ a b c 水島他、p.188。
  24. ^ 臼田孝、新しい1キログラムの測り方、p.75,p.157、ブルーバックス B-2056、2018年4月20日第1刷、講談社、ISBN 978-4-06-502056-2
  25. ^ なおこれは1988年-1992年の定期校正時期の知見であり、同様の報道は以前にも1990年および2003年ごろにメディアで取り上げられているという。BIPM FAQsグラフ
  26. ^ (On the possible future revision of the International System of Units, the SI)
  27. ^ “キログラムの基準「原器」廃止へ 長さに続き”. 朝日新聞. (2011年10月22日). http://ajisaibunko.sblo.jp/article/49945119.html 2011年10月22日閲覧。 
  28. ^ http://www.bipm.org/utils/common/pdf/si_brochure_draft_ch123.pdf] Draft Chapters 1, 2 and 3 of the 9th SI Brochure(Draft dated 16 December 2013) , p.13/29
  29. ^ [1] 新しいSIについてのよくある質問、Q10+A10
  30. ^ [2] 藤井賢一, “キログラムの再定義をめぐる最近の動き”, 実教出版, じっきょう理科資料No.57(2005年3月4日発行)
  31. ^ http://www.bipm.org/utils/en/pdf/Press_release_resolution_1_CGPM.pdf
  32. ^ Resolutions adopted by the CGPM at its 25th meeting (18‐20 November 2014) 表紙を入れてpp.3-4、that despite this progress the data do not yet appear to be sufficiently robust for the CGPM to adopt the revised SI at its 25th meeting, encourages • continued effort in the NMIs, the BIPM, and academic institutions to obtain data relevant to the determination of h, e, k, and NA with the requisite uncertainties, • the NMIs to continue acting through the CCs to discuss and review this data, • the CIPM to continue developing a plan to provide the path via the Consultative Committees and the CCU for implementing Resolution 1 adopted by the CGPM at its 24th meeting (2011), and • continued effort by the CIPM, together with its Consultative Committees, the NMIs, the BIPM, and other organizations such as the International Organization of Legal Metrology (OIML), to complete all work necessary for the CGPM at its 26th meeting to adopt a resolution that would replace the current SI with the revised SI, provided the amount of data, their uncertainties, and level of consistency are deemed satisfactory.
  33. ^ 重さの基準、分銅不要に? 「1キロ」決定に新手法
  34. ^ kg新基準、日本など確立…原器の分銅 130年で幕
  35. ^ a b 倉本直樹. “物質量の単位「モル」の基礎解説とアボガドロ定数にもとづく新たな定義を導いた計測技術 (PDF)”. 産業技術総合研究所 計量標準総合センター. 2020年10月27日閲覧。
  36. ^ Draft Resolution A On the revision of the International System of Units (SI) Draft Resolution A – 26th meeting of the CGPM (13-16 November 2018),Appendix 3. "The base units of the SI",第3ページ目, 2018-02-06
  37. ^ Joint CCM and CCU roadmap for the adoption of the revision of the International System of Units 3ページ目、2019年の欄
  38. ^ Draft Resolution A On the revision of the International System of Units (SI) Draft Resolution A – 26th meeting of the CGPM (13-16 November 2018),第1ページ目, 2018-02-06
  39. ^ 臼田孝、新しい1キログラムの測り方、pp.170-182、ブルーバックス B-2056、2018年4月20日第1刷、講談社、ISBN 978-4-06-502056-2
  40. ^ 日高洋「アボガドロ定数はどこまで求まっているか」『ぶんせき』2005年2月号 pp. 72–76。PDF
  41. ^ Adler, Ken (2004). The Measure of all Things - The Seven -Year-Odyssey that Transformed the World. London: Abacus. pp. 89. ISBN 0-349-11507-9 
  42. ^ The name "kilogram": a historical quirk. BIPM
  43. ^ 海老原寛『最新知識 単位・定数小辞典』講談社、2005年、36頁。ISBN 406153999X
  44. ^ Michael R. Lindeburg (2011). Civil Engineering Reference Manual for the Pe Exam. Professional Publications. ISBN 1591263417 
  45. ^ Wurbs, Ralph A, Fort Hood Review Sessions for Professional Engineering Exam, http://engineeringregistration.tamu.edu/tapedreviews/Fluids-PE/PDF/Fluids-PE.pdf 2011年10月26日閲覧。 
  46. ^ 京都精華大学環境ソリューション研究機構 環境キーワード:マイクロ
  47. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  48. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。



μg

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/11/05 12:24 UTC 版)

μg




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「μg」の関連用語

μgのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



μgのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2021 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキログラム (改訂履歴)、μg (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS