溶存酸素とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 酸素 > 溶存酸素の意味・解説 

ようぞん さんそ [5] 【溶存酸素】

水中溶解している分子状の酸素略記 DO その量は、水質汚濁を示す尺度一つで、ふつう清浄河川では七~一〇 ppm である。空気中から溶け込むほか、水中植物光合成によって供給され、水中生物呼吸や、有機物存在によって消費される。 → COD ABC 略語 BOD ABC 略語

溶存酸素

→DO

DO(溶存酸素)

DOとはDissolved Oxygenの略称で,水中に溶けている酸素量のことをいいます。溶解量を左右するのは水温気圧塩分で,汚れ程度によっても変化します。汚染度の高い水中では,消費される酸素の量が多いので溶存酸素量少なくなります。きれいな水ほど酸素多く含まれ,水温が急激に上昇したり,藻類著しく繁殖するときには過飽和となります。 
溶存酸素は水の自浄作用水中生物にとって不可欠のものです。 
係る環境基準河川AA域,A域7.5mg/L以上,B域,C域5.0mg/L以上 等

溶存酸素(DO) (ようぞんさんそ)

 水中に溶けている酸素を示す。溶存酸素量は、汚染度の高い水中では、消費される酸素の量が多いため少なくなる。また、水温が高いほど、気圧が低いほど、また、塩分濃度が高いほど濃度は低くなる。1気圧20度での純水溶存酸素量は約9mg/lである。きれいな水ほど酸素多く含まれる藻類著しく繁殖するときには炭酸同化作用が活発になって過飽和となる。溶存酸素が不足すると魚介類生存を脅かすほか、嫌気性となって硫化水素メタン等が発生し、悪臭原因となる。

DO…溶存酸素(Dissolved Oxygen)

汚水中に溶解している酸素量のことで、有機物などの汚染物質によって消費されるため、汚染測定目安になっています。合併処理では1mg/l(単独処理では0.3mg/l以上)の溶存酸素が必要です。

ようぞんさんそ 溶存酸素 dissolved oxygen

「DO」と略称する水中溶解している酸素のこと。溶解する量は気圧水温塩分などにより影響される。酸素量ppmで表す。汚染度の高い水中では酸素消費する有機物のため酸素の溶存が減少する。水質汚濁指標一つとなる。しかしボイラ鋼管などに対して金属腐食する原因となる。

溶存酸素

読み方ようぞんさんそ
別名:でぃーおー
【英】:DO,dissolved oxygen

水中に溶けている酸素溶存酸素量は、汚染度の高い水中では、消費される酸素の量が多いため少なくなる。また、水温が高いほど、気圧が低いほど、また、塩分濃度が高いほど低くなる。1気圧20での純水溶存酸素量は約9mg/lである。きれいな水ほど酸素多く含まれる藻類繁殖するときには炭酸同化作用が活発になって過飽和となる。溶存酸素が不足すると魚介類生存を脅かすほか、嫌気性となって硫化水素メタン発生し、悪臭原因となる。

溶存酸素

溶液に溶けている酸素電気化学還元されるので、しばしば測定の邪魔になる。邪魔になるときは窒素などの不活性ガスバブルすることにより、一時的除去する。

溶存酸素(ようぞんさんそ)

に溶けている酸素(さんそ)のことをいいます。酸素私たち生きるために大切なものです。私たち人間空気中の酸素呼吸して体に取り込んでいますが、海水中の動物プランクトンも、私たちのように呼吸こきゅう)して酸素取り込んでいます。水中動物たちは、酸素が溶けていないと、生きて行くことができません。水中酸素水面からも溶け込みますが、海の浅い場所では、植物しょくぶつプランクトン太陽光力を借りて酸素作ります。酸素は、海水温度が低いほど、たくさん海水に溶けます。南極の海には植物プランクトン多く水温も低いので、海水に溶けている酸素(溶存酸素)が多くなり、動物プランクトンたちが元気に呼吸できます

溶存酸素(DO)

DOはDissolved Oxygenの略称で、水中に溶けている酸素の量です。酸素溶解度水温塩分気圧等に影響され、水温が高くなると小さくなります。DOは河川海域自浄作用魚類などの水生生物の生活には不可欠なものです。一般に魚介類生存するためには3mg/リットル以上、好気性微生物が活発に活動するためには2mg/リットル以上が必要で、それ以下では嫌気性分解起こり悪臭物質発生します。河川でのDOの環境基準値は類型別に定められており、「2mg/リットル以上」~「7.5mg/リットル以上」となっています。

溶存酸素量

(溶存酸素 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/05 22:10 UTC 版)

溶存酸素量(ようぞんさんそりょう、Dissolved Oxygen。略語:DO)とは、採取された水に、どれだけの濃度で酸素が溶存しているかということである。水域における水質の指標として用いられ、溶存酸素量が高いほど、水質は良好とされる。溶解酸素量(ようかいさんそりょう)とも呼ばれる。単位は、従来は、ppmが主に用いられていたが、最近では、mg/L が多用されている。


  1. ^ 藤井 哲雄 『基礎からわかる金属腐食』 p.2、p.37、p.38 日刊工業新聞社 2011年2月25日発行 ISBN 978-4-526-06616-0
  2. ^ 藤井 哲雄 『基礎からわかる金属腐食』 p.14、p.58、p.73 日刊工業新聞社 2011年2月25日発行 ISBN 978-4-526-06616-0


「溶存酸素量」の続きの解説一覧



溶存酸素と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「溶存酸素」の関連用語

溶存酸素のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



溶存酸素のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.
ダイキアクシスダイキアクシス
Copyright (C) DAIKI AXIS Co., LTD Allrights reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2019 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
BASBAS
© BAS Inc. 1995-2019
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2019 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの溶存酸素量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS