DOとは?

ディー‐オー【DO】


ド【(イタリア)do】


DO(溶存酸素)

DOとはDissolved Oxygenの略称で,水中に溶けている酸素量のことをいいます。溶解量を左右するのは水温気圧塩分で,汚れ程度によっても変化します。汚染度の高い水中では,消費される酸素の量が多いので溶存酸素量少なくなります。きれいな水ほど酸素多く含まれ,水温が急激に上昇したり,藻類著しく繁殖するときには過飽和となります。 
溶存酸素水の自浄作用水中生物にとって不可欠のものです。 
係る環境基準河川AA域,A域7.5mg/L以上,B域,C域5.0mg/L以上 等

DO

 →溶存酸素

溶存酸素(DO) (ようぞんさんそ)

 水中に溶けている酸素を示す。溶存酸素量は、汚染度の高い水中では、消費される酸素の量が多いため少なくなる。また、水温が高いほど、気圧が低いほど、また、塩分濃度が高いほど濃度は低くなる。1気圧20度での純水溶存酸素量は約9mg/lである。きれいな水ほど酸素多く含まれる藻類著しく繁殖するときには炭酸同化作用が活発になって過飽和となる。溶存酸素が不足すると魚介類生存を脅かすほか、嫌気性となって硫化水素メタン等が発生し、悪臭原因となる。

DO…溶存酸素(Dissolved Oxygen)

汚水中に溶解している酸素量のことで、有機物などの汚染物質によって消費されるため、汚染測定目安になっています。合併処理では1mg/l(単独処理では0.3mg/l以上)の溶存酸素が必要です。

.do

読み方ディーオー

.doとは、Jakartaプロジェクト開発したアプリケーション・フレームワークWebアプリケーション開発する際に必要な基盤となるもの)と呼ばれるソフトウェアである「Struts」で作成されたファイルに付く拡張子のことである。

.doは、Strutsにおいてアクション-サーブレット対す関連付けがされている。そのため、.doという拡張子URL指定することによって、アクション-サーブレットが必ず一度呼び出される。アクション-サーブレットは、URLからアクションの名前を取得し、これをキーとして関連するアクションフォームクラス呼び出す。プログラム外部ブラウザなど)から直接Strutsアプリケーション呼び出したいときには、この .do が明示的に指定される必要がある


デリバリー・オーダー


荷渡指図書

読み方にわたししじしょ
【英】: delivery order
同義語: デリバリー・オーダー  
略語: D/O

海運業界において、船が揚地到着したとき、船主本船船長に対して荷受人貨物引き渡すことを指示する書類を荷渡指図書(delivery order, D/O )という。
D/O は、原則として船主荷受人より、船荷証券bill of lading, B/L )を回収したあとに発行される。しかし、なんらかの事情船荷証券荷受人に届いていない場合は、船主後日 B/L が必ず入手されると信用できる場合にかぎり、荷受人より保証状letter of guarantee)を取り付け、D/O を発行することが商習慣として行われている。

溶存酸素

読み方ようぞんさんそ
別名:でぃーおー
【英】:DO,dissolved oxygen

水中に溶けている酸素溶存酸素量は、汚染度の高い水中では、消費される酸素の量が多いため少なくなる。また、水温が高いほど、気圧が低いほど、また、塩分濃度が高いほど低くなる。1気圧20での純水溶存酸素量は約9mg/lである。きれいな水ほど酸素多く含まれる藻類繁殖するときには炭酸同化作用が活発になって過飽和となる。溶存酸素が不足すると魚介類生存を脅かすほか、嫌気性となって硫化水素メタン発生し、悪臭原因となる。

溶存酸素(DO)

DOはDissolved Oxygenの略称で、水中に溶けている酸素の量です。酸素溶解度水温塩分気圧等に影響され、水温が高くなると小さくなります。DOは河川海域自浄作用魚類などの水生生物の生活には不可欠なものです。一般に魚介類生存するためには3mg/リットル以上、好気性微生物が活発に活動するためには2mg/リットル以上が必要で、それ以下では嫌気性分解起こり悪臭物質発生します。河川でのDOの環境基準値は類型別に定められており、「2mg/リットル以上」~「7.5mg/リットル以上」となっています。

Do

名前 ドー; ド; ト; ドゥ

DO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 07:26 UTC 版)

DODodo




「DO」の続きの解説一覧

.do

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/22 04:50 UTC 版)

.doは、NIC.DOによって管理されているドミニカ共和国国別コードトップレベルドメイン。 このドメインは以下の第2ドメインの後ろにある第3ドメインのところに管理される。






「.do」の続きの解説一覧

ディーオー

(DO から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 08:44 UTC 版)

株式会社ディーオー(D.O.)は、雄図グループの一員で、アダルトゲームの開発・販売を行っているメーカー。D.O.は「Digital Objet」の略。創業は1990年だが、それ以前も「アダルティン」のブランド名で1987年からソフトをリリースしており、アダルトゲーム業界でも老舗の部類に入る。田中ロミオ(当時は山田一)や水無神知宏が在籍していたことで有名。創業当時はまだコンピュータソフトウェア倫理機構もなく規制もゆるい時代で、CGにモザイクがかかったシーンでキーボードの"D"と"O"を押すとモザイクが外れる細工を施していたこともあった。




「ディーオー」の続きの解説一覧

D.O

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/30 05:21 UTC 版)

D.O(ディー・オー、1978年7月3日 - )は、日本のヒップホップMC練馬区在住。練マザファッカーの元リーダー。本名は君塚 慈容(きみづか しげやす)、旧姓は須藤(すどう)。3つ編みにサングラスを掛け、全身に入った刺青と云う特殊な風貌と、上ずった鼻声でのラップを組み合わせた奇怪なキャラクター設定で、音楽活動を行う。雷ではサイドMC的な役割を担っている。東京都練馬区大泉学園を溺愛しており、地元で老舗の個人経営レストランであったサンロイヤル[1]に、子供の頃から常連客として通っていた[2]


  1. ^ サンロイヤル”. tabelog.com. 食べログ. 2020年7月8日閲覧。
  2. ^ BAZOOKA!!! 第109回「バズーカゆかりの人に聞く流行予想2015」(2015年1月12日放送)より
  3. ^ 番組で大きくフィーチャーされていたD.Oとbay4kについてたくさんのお問い合わせをいただきました。”. www.cdjournal.com. cdjournal (2007年9月4日). 2020年7月9日閲覧。
  4. ^ SETAGAYA MUSIC BASE”. avexnet.jp. Avex. 2020年7月9日閲覧。
  5. ^ D.Oに関する報道について - avex network
  6. ^ 練マザD.O逮捕でソロアルバムほか発売中止 - ナタリー
  7. ^ “ヒップホップ「D.O」逮捕 コカイン所持疑い 警視庁”. 産経新聞. (2018年6月28日). https://www.sankei.com/affairs/news/180628/afr1806280005-n1.html 2018年6月28日閲覧。 
  8. ^ “自伝出版は“不謹慎”か? 収監直前ラッパーD.Oが告白する悪党の美学”. (2019年10月24日). https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_219946/ 2020年7月8日閲覧。 
  9. ^ 『悪党の詩 D.O自伝』彩図社、2019年9月30日。ISBN 9784801303966OCLC 1121195550


「D.O」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「DO」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「DO」の関連用語

DOのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



DOのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2020 Kankyosho All rights reserved.
ダイキアクシスダイキアクシス
Copyright (C) DAIKI AXIS Co., LTD Allrights reserved.
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.doの記事を利用しております。
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2020 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2020 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2020 京浜河川事務所 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDO (改訂履歴)、.do (改訂履歴)、ディーオー (改訂履歴)、D.O (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS