.keとは?

ナレッジエンジニア

別名:知識工学技術者
【英】knowledge engineer, KE

ナレッジエンジニアとは、人工知能AI)を応用したシステム構築専門とする技術者エンジニア)のことである。

ナレッジエンジニアにより設計開発された人工知能システム事例としては、コンピュータベースにした機械翻訳システム医療診断システム資源探査システム、あるいは原子力発電故障診断システム等に代表されるエキスパートシステムなどを挙げることができる。

エキスパートシステムは、各分野におけるスペシャリスト経験ノウハウ知識工学視点から解析し、誰もが使える人工知能として活用するものである近年、各産業分野熟練した技術者減少しつつある中で、さまざまなノウハウエキスパートシステム集約することが可能なナレッジエンジニアに対す需要は多いといえる

情報と社会のほかの用語一覧
情報工学:  フィンテック  カオス  計算言語学  ナレッジエンジニア  人間型ロボット  ノイマン型コンピュータ  prestoX

コルチゾン

分子式C21H28O5
その他の名称:コルトンコーチゾン、コルチゾン、コルトゲン、ケンダル化合物E、KE、Cortone、Cortogen、CortisoneKendall's compound E、17α,21-Dihydroxypregn-4-en-3,11,20-trione、化合物E、アドレナレックス、Wintersteiner化合物F、Reichstein物質Fa、ウィンターシュタイナー化合物F、ライヒシュタイン物質FaKendall化合物E、コルチビット、コルチサート、Wintersteiner's compound F、Scheroson、Reichstein's substance Fa、Cortivite、Cortisate、Compound E、Adrenalex、17α,21-Dihydroxypregn-4-ene-3,11,20-trione、17,21-Dihydroxypregn-4-ene-3,11,20-trione、コンパウンドE
体系名:17,21-ジヒドロキシプレグナ-4-エン-3,11,20-トリオン、コルチソン、17α,21-ジヒドロキシプレグナ-4-エン-3,11,20-トリオン


Ke

名前 ケークークォ; ケ; コーコォ

.ke

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/13 01:53 UTC 版)

.ke
ケニアの旗
施行 1993年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 KeNIC
後援組織 KeNIC
利用地域 ケニアに関係する団体・個人
使用状況 ケニアである程度使われている。
登録の制限 いくつかの第二レベルドメインの下の登録には裏付け書類の提出が必要となる。
階層構造 第二レベルドメインの下の第三レベルドメインに登録される。
関連文書 Policies
方針 UDRP
ウェブサイト KeNIC
  

.ke国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ケニアに割り当てられている。

以下の第二レベルドメインの下の第三レベルドメインに登録される。

第二レベルドメイン

  • .co.ke - 企業用。
  • .or.ke - 非政府組織用。
  • .ne.ke - ネットワークデバイス用。
  • .go.ke - 政府機関用。裏付け書類が必要。
  • .ac.ke - 高等教育機関用。裏付け書類が必要。
  • .sc.ke - 初頭・中等教育機関用。裏付け書類が必要。

外部リンク


KE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/08 15:43 UTC 版)

KE




.keと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ke」の関連用語

.keのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.keのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリナレッジエンジニアの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ke (改訂履歴)、KE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS