医療診断とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 診断 > 医療診断の意味・解説 

診断

(医療診断 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 04:13 UTC 版)

診断(しんだん、英語:diagnosis)とは、医者患者診察して、健康状態、病気の種類や病状などを判断すること[1]


注釈

  1. ^ また日本の医療では、それら3つを最低限でも行うことが、医療 側が「診察」という名目の代金を健康保険組合などに請求するのに必要な必要条件となっているので、医師は診察室で患者が目の前の椅子に座ると「なにはともあれ まず血圧測定・脈拍数確認・心音確認を行う」という側面もある。

出典

  1. ^ デジタル大辞泉【診断】
  2. ^ 愁訴とは、患者が語る身体不調に関する語り・説明を広くさす総称。患者側の感情がこもっているので「愁訴」という。たとえば「2ヶ月ほど前から胃がシクシクと痛んでいたんですが、1周間前あたりから痛みがひどくなり、今日はもう耐えきれないほど激痛なので来院したんです(涙)」とか「3ヶ月ほど前から、右ふくらはぎが腫れて、腫れぽったくなっていて、数日前からとうとう室内で歩くのも辛くなりました。見てください、この足のひどいこと。」とか「2周間ほど前から、背中、特に腰の背中側がドーンと痛い感覚なんです。単なる腰痛ですかね?でも、なんだか心配で。」のようなもの。愁訴はもちろん大切な情報源であり、愁訴のおかげで適切な診断ができる場合も多い。一方「不定愁訴」という用語は、愁訴の特殊例であり、「なんとなく全身の調子がわるい」のような、はっきり部位が特定できないような病状報告が患者の口から出ること。「愁訴 = 不定愁訴」ではない。なお不定愁訴だけでは、漠然としすぎていて、情報があまりに足りなくて、病因も全然特定できないので、通常、他の診断も行って情報を増やす。
  3. ^ H.Harold Friedman著 日野原重明監訳 『PO臨床診断マニュアル』メディカル・サイエンス・インターナショナル ISBN 4-89592-294-4
  4. ^ Myriam Hunink, Paul Glasziou 著 福井次矢 監訳 『医療・ヘルスケアのための決断科学―エビデンスと価値判断の統合』医歯薬出版 ISBN 4-263-20554-5
  5. ^ 新潟大学「CADとは」


「診断」の続きの解説一覧

「医療診断」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



医療診断と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

医療診断のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



医療診断のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの診断 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS