放射線療法とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > 放射線療法の意味・解説 

ほう しゃせん りょうほう はう -れうはふ [6] 【放射線療法】

放射線用いて行う治療法。特に癌(がん)などの悪性腫瘍しゆよう)が対象となる。放射線治療

放射線療法

強い放射線照射して、患部小さくしたり、がん細胞死滅させる方法です。子宮頸がんには、高い治療効果ありますまた、高齢手術がむずかしい人の場合などには、早い時期から使用される場合あります
新し技術開発で、からだに対す負担少なくなってきましたが、下痢吐き気食欲不振はじめとするさまざまな副作用あります


放射線療法(ほうしゃせんりょうほう)


放射線療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/19 08:03 UTC 版)

放射線療法(ほうしゃせんりょうほう、英語: radiation therapy / radiotherapy[2])は、放射線を患部に体外および体内から照射する治療法である[3]手術抗がん剤治療とともに(がん)に対する主要な治療法の一つである[4]




  1. ^ a b 西村恭昌 『肺がん』 p.92
  2. ^ a b CG175: Prostate cancer: diagnosis and management (Report). 英国国立医療技術評価機構. (2015-01). http://www.nice.org.uk/guidance/CG175. 
  3. ^ 青山喬(編著)「放射線基礎医学」第9版 金芳堂(2000.3)
  4. ^ 鎌田中川 2007, p.115
  5. ^ 放射線治療は、治療後にも臓器機能を温存し、生活する上で支障となるような合併症をもたらさないことを目指すのが原則であり、合併症が当然とされる手術と対照的である。しかし、一般に有害事象は完全に避けることはできず、同一部位への再度の照射では合併症が生じる危険性が増す。(近藤 1999 pp.15,99)
  6. ^ a b 西村恭昌 近畿大学医学部放射線腫瘍学部門
  7. ^ 唐澤 2009, p.14
  8. ^ 井上手島 2010, p.14
  9. ^ 人類初の放射線治療は1896年11月24日から12月3日まで、1日1回の照射に分割された形式で行われた局所進行鼻腔癌の治療である。分割されたのは機械の性能が不足していた為であり、その後は治療機器が改良され高線量を1回で照射することも行われたが、20年後には、1回で照射する方式の効果が極めて低いと結論付けられている。現在、経験的知見から推奨される治療計画はどれも同じように分割化されている。(アリソン 2011 p.156)
  10. ^ 鎌田中川 2007, pp.115-116
  11. ^ 中川 2007, p.42
  12. ^ 唐澤 2009, p.12
  13. ^ 唐澤 2009, p.15
  14. ^ 近藤誠氏によれば、治癒率を上げようと線量を多くしたり、照射する範囲を広げたりすることが原因として多いとされている。(近藤 1999 p.99)
  15. ^ a b c d e f g h i 「3.放射線治療の副作用」『放射線によるがんの治療(特徴と利点) (08-02-02-03)』原子力百科事典ATOMICA
  16. ^ 中川 2007, p.66
  17. ^ 中川 2007, pp.66-68
  18. ^ 唐澤 2009, p.25
  19. ^ 中川 2007, pp.68-70
  20. ^ 中川 2007, p.70
  21. ^ 晴山雅人 良性疾患の放射線治療 臨床放射線 第47巻 別冊 2002/11/30 発行
  22. ^ Ann C. Mertens et al. (2002年). “Pulmonary complications in survivors of childhood and adolescent cancer”. Cancer 95 (11): 2431–2441. doi:10.1002/cncr.10978. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/cncr.10978/full. "The lung is one of the most radiation-sensitive structures in the body. Therapy-related radiation damage to the lung depends on the volume of lung tissue irradiated, the total dose received, and fractionation scheduling.2 Radiation-induced lung disease includes an acute phase of radiation pneumonitis that occurs 2–6 months after exposure." 
  23. ^ Ann C. Mertens et al. (2002年). “Pulmonary complications in survivors of childhood and adolescent cancer”. Cancer 95 (11): 2431–2441. doi:10.1002/cncr.10978. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/cncr.10978/full. "Chest radiation was associated with a 3.5% cumulative incidence of lung fibrosis at 20 years after diagnosis." 
  24. ^ Ericka Wiebe al. (2006), “RADIATION-INDUCED LUNG INJURY”, Oncology Exchange 5 (2): 29–32, http://www.oncologyex.com/gif/archive/2006/vol5_no2/5_protocols_practices_2.pdf 
  25. ^ 放射線治療|治療法について|がん研有明病院「Chapter.2: 放射線治療について」
  26. ^ 「放射線治療計画ガイドライン」の付表1:通常分割照射における正常組織の耐容線量 日本放射線科専門医会・医会放射線診療ガイドライン策定事業
  27. ^ a b 放射線治療|治療法について|がん研有明病院「Chapter.3: 放射線治療法の種類」
  28. ^ http://www.nedo.go.jp/activities/portal/gaiyou/p05003/p05003.html[リンク切れ] NEDO-次世代DDS型悪性腫瘍治療システム研究開発事業
  29. ^ 世界初の加速器によるホウ素中性子捕捉療法の動物実験を開始しました。(2009年8月5日) — 京都大学
  30. ^ 世界初の加速器B N C Tによる治験開始について (PDF)
  31. ^ 世界初の加速器B N C T(ホウ素中性子捕捉療法)による治験開始について (PDF)
  32. ^ http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=96938 頭頸部がんで世界初の治験…京大など中性子治療
  33. ^ 世界初 病院設置型加速器によるホウ素中性子捕捉療法システム(BNCT)を受注 | お知らせ 2012年度 | 住友重機械工業株式会社
  34. ^ a b 2011年2月17日の朝日新聞朝刊33面
  35. ^ a b c d e f g h i 井垣 2011 p.516


「放射線療法」の続きの解説一覧



放射線療法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「放射線療法」の関連用語

放射線療法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



放射線療法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2019 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
VOL-NetVOL-Net
Copyright(C) 2002-2019 声を聴き合う患者たち&ネットワーク「VOL-Net」. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの放射線療法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS